「デザイン」は確定に?「Xperia 2」の「専用ケース」を撮影した画像がリークに。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも今年の後半に正式発表が予測されている「Xperia 2」は、通常の「フラッグシップモデル」になると予測されており、有名なリーカーであるZackbuks氏は、「2K」の「表示解像度」に対応するとしている一方で、直近の情報では「4K OLED HDR」に「5G」に対応している可能性が高いとしており、判然としない状況になっています。

詳細は「「カメラ」の進化が大きな特徴に。「Xperia 20」の一部スペックがリークに。」と「「6.0インチ」に「2K」を。有名なリーカーが「Xperia 2」の一部スペックをリーク。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 2」の「専用ケース」とされる画像が投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia 2」のタイムラインストーリー

詳細は各「リンク」をご参照下さい。

 

「Xperia 2」の「専用ケース」がリークに。

さて今回同サイトに投稿されていた「Xperia 2」の「専用ケース」が上記の画像になります。この「専用ケース」からその大きさなどは判然としませんが、少なくとも先日CADを基に作成されたレンダリング画像と同じデザインを採用していることを確認することができます。詳細は「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」をご参照下さい。

「Xperia 1」と異なり、「背面」中央に「トリプルレンズカメラ」を搭載しているのではなく、「背面」左側に搭載していることを確認することができます。また「トリプルレンズカメラ」の上に「穴」が空いていることからも、「LEDフラッシュ」と「TOFセンサー」を搭載している可能性が高いと考えることができます。詳細は「早くも「J9210」が認証を通過へ。「Xperia 2」は「RAM8GB」に「TOFセンサー」搭載で実質「クアッドレンズカメラ」を搭載に。」をご参照下さい。

もちろん今回リークした専用ケースが、先日公開された「CAD」を基に作成されただけのものかもしれません。一方で、「SONY」から「CAD」を入手して作成した「専用ケース」である可能性もあります。ただ、このリークした時期を考えると、地味に信憑性は高いと考えることができます。それこそ、今回の「専用ケース」でほぼ「デザイン」が確定したと判断することができます。

あと気になるのは、その「正式名称」となります。先日の情報では、この機種は、「Xperia 1」の派生モデルである「Xperia 1v」として登場する可能性があるとの予測もあります。詳細は「「5G」に対応しても。「Xperia 2」は「Xperia 1」と同じ価格設定でその正式名称が「Xperia 1v」かも。」をご参照下さい。リークしているスペックを確認する限りでは、「Xperia 1」と大きく異なることもなく、「新シリーズ」として発表するより、「派生モデル」として発表したほうがしっくりきます。

もしこれで、「Xperia 2」として発表すれば、そのスペックからも、今後発表される「Xperia 2」の後継機種は、ハズレ扱いで、とても売れ筋のシリーズになると思えないので。まあ小型モデルとしてアピールするのであれば、また変わってくると思いますが。正式発表まで、あと1ヶ月半程度です。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG