「6.0インチ」に「2K」を。有名なリーカーが「Xperia 2」の一部スペックをリーク。

少なくとも今年の「IFA」でSONYは「Xperia 2」と「Xperia 20」を正式に発表する可能性が高いと予測されており、「Xperia 20」に関しては、「日本市場」限定モデルになる可能性が高く、さらに「DoCoMo」から発売されず、「au」と「SoftBank」から発売される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 2」は「DoCoMo」と「au」の専売モデルに。「au」と「SoftBank」からは「Xperia 20」のみの展開になる可能性が。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「IFA2019」で発表が予測されている「Xperia 2」の一部スペックを投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

「Xperia 2」のタイムラインストーリー

詳細は各「リンク」をご参照下さい。

 

「Xperia 2」の一部スペックがリーク。

さて今回投稿されていた内容をまとめると以下のようになります。

Xperia 2スペック
ディスプレイ有機ELディスプレイ
ディスプレイサイズ6.0インチ
表示解像度2K HDR
アスペクト比21:9
SoCsnapdragon855
カメラトリプルレンズカメラ

スペックを確認すると、やはり「Xperia 1」が「プレミアムモデル」であって、「Xperia 2」が通常の「フラッグシップモデル」であることを確認することができます。ただ事前情報では「液晶」+「FHD」になると予測されており、かなり「ディスプレイ」が劣化するとされていたので、とりあえず「有機ELディスプレイ」+「2K」に対応していれば、そこまでユーザーから不満が出ることはないと判断することができます。

「ディスプレイサイズ」も事前情報とほぼ一致しており、「Xperia 1」を小型化したモデルになると判断することができます。ちなみに「Compact」モデルに関して一時期は「5.7インチ」の「Compact」モデルである「Xperia 4」が正式に発表されると予測されていましたが、実際に発表されていません。

SONYは需要が少ないことからも、本当にハイエンドコンパクトモデルの開発を中止してしまったのか判然としません。ただ一つの可能性として、「Xperia 2」が「ハイエンドコンパクト」モデルの立ち位置になるとも考えることができます。イメージの問題かもしれませんが、「Xperia 2」が「Xperia 1」の劣化モデルと考えてしまうと、それこそ「Xperia 2」を購入するユーザーは少ないと思います。

けど「Xperia 2」が「Xperia 1」の「コンパクト」モデルと考えれば、だいぶ印象が変わります。同氏は、「上期」に「プレミアム」モデルが。下期に「フラッグシップ」モデルが発売されるとしていますが、「Xperia 1」が「フラッグシップ」モデルで、「Xperia 2」が「コンパクト」モデルと考えれば、ユーザーにとっても非常にわかりやすいですよね。まあ「Xperia 2」をコンパクトモデルと呼べるかどうかは別の話になりますが。

ただ今年発表された新型「Xperia」の中で「コンパクト」モデルと呼べる機種は「Xperia 10」くらいでしょうか。一部情報では「Xperia Ace」には「SIMフリーモデル」が存在しているとも予測されていますが。つまり「SIMフリー」モデルでは「Xperia 10」くらいしか選択肢がありません。

一方で、「ハイエンドコンパクト」モデルを待望しているユーザーが多いとされており、現にSONYがMWCで発表しなかったことからも、「ヨーロッパ」では「Galaxy S10e」に乗り換えたユーザーが多いことが判明しています。このことからも、「SONY」が重点地域である「ヨーロッパ」においてのニーズを満たすために「Xperia 2」を「Compact」モデルの立ち位置で発表するのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG