「Xperia 2」に2つの派生モデルが?「IFA2019」でSONYは「2つ」の「5G」モデルを発表に。

かなり情報が錯綜していますが、「SONY」が「5G」に対応した「Xperia」を「IFA2019」で発表する可能性が高いとの予測もある一方で、大方の予測では「Xperia 1」の後継機種が「折りたたみ式」を採用した「Xperia F」と同時に「5G」に対応して「MWC2020」で発表される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」は序章にすぎず。「MWC2020」には「5G」に対応した「Xperia F」と「Xperia 2」を正式に発表へ。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「SONY」は「IFA2019」で2種類の「5G」に対応した「Xperia」を正式に発表する可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

「Xperia 2」のタイムラインストーリー

詳細は各「リンク」をご参照下さい。

 

「IFA2019」で2種類の「5G」対応機種が発表へ。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Sony’s TWO new 5G Phone, SPHINX and HORUS

今回の投稿されていた内容を確認すると、「SONY」は「2つ」の「5G」対応機種が存在し、「SPHINX」「HORUS」が存在しているとしています。そして今回の投稿に合わせて添付されていた画像が上記の画像になります、。少なくとも今回の投稿では、その「コードネーム」と「snapdragon855」に「5Gモデム」を搭載していることしか確認することができません。

もちろん今回の投稿において、この「2種類」の「5G」に対応した「Xperia」がいつ登場するのかも判然としません。また「snapdragon855」が発表される前までは「命名規則」が変更され「SM8150」になると予測されていましたが、実際には「snapdragon855」として発表されました。なので今回の添付画像でなぜ、「sm8150」となっているのかも非常に気になります。

今回の情報自体は、非常に面白いと思うのですが、情報源となっているこのTweetしている人物は、同フォーラム内でもほぼ信憑性がない情報を投稿している人物として評価されています。なので今回の情報は、噂半分程度に捉えておいたほうがいいと判断することができます。可能性の話としては、「IFA2019」で「2つ」の「5G」対応「Xperia」が登場するのではなく、開発されている「Xperia」の中で、「5G」に対応している機種が「2種類」存在していると考えたほうがよさそうです。

少なくとも、「SONY」は「香港」「台湾」「日本」そして「ヨーロッパ」を重点地域にしていくことが判明しています。「ヨーロッパ」では「5G」対象地域が拡大しており、すでに「Galaxy S10 5G」や「Huawei Mate20 X 5G」などの発売を開始しています。

とはいえ、その他の地域ではまだ開始していません。このことを考えると、「IFA2019」で発表される可能性は低いと判断することができます。仮に発表されたとしたら、「日本」国内で発売されない初めての「ハイエンドモデル」になると考えることができます。「Xperia 1」で久しぶりに「Xperia」が復活した感があり、「ヨーロッパ」でも在庫状況が非常に不安定になっていることが判明しています。詳細は「あまりの需要の高さに「SONY」が対応しきれない。「Xperia 1」の「パープル」が「ヨーロッパ」各地で完売だらけ。」をご参照下さい。

今は「5G」に対応することが優先ではなく、「Xperia 1」で作った勢いを元に、弱点でもある「マーケティング戦略」を徹底的に見直すべきだと判断することができます。そもそも「電池持ち」が悪い「Xperia」が「5G」に対応したら、それこそ「電池持ち」が悪くなりそうですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG