さらなる構造変革でより「Xperia」を強化を。「Xperia 1」の「後継機種」は「5G」対応が確実に。

今は「IFA2019」に発表が予測されている「Xperia 2」に注目が集まっていますが、「Xperia 2」にも「5G」に対応した「プレミアム」モデルが存在している可能性があると予測されています。一方で、「Xperia」が「5G」に対応するのは、「2020年」に登場する「Xperia 1」の後継機種と「折りたたみ式」を採用した「Xperia F」からとの予測もあります。詳細は「「Xperia 1」は序章にすぎず。「MWC2020」には「5G」に対応した「Xperia F」と「Xperia 2」を正式に発表へ。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、SONYの新たな声明からも、「Xperia」が「5G」に対応するのは「2020年」に登場する次期「Xperia」からだと、中国の大手SNSサイトであるweiboに投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

「Xperia 2」のタイムラインストーリー

詳細は各「リンク」をご参照下さい。

 

「5G」への対応は「2020年」から。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

“索尼移动致力于在 2020 财年实现业务转型。在我们专注于加强产品供应的同时,我们实现这一目标的运营措施之一是采用与索尼电子类似的组织结构,以最大限度地扩大我们作为索尼集团的全球业务机会。

在即将到来的 5G 时代,我们将开放地向集团公司提供我们研究的通信技术和专业技能,以索尼集团向客户提供有吸引力的产品和服务。

今回の投稿によると、「ソニーモバイル」は「2020年度」に事業変革をすることを約束します。製品提供の強化に注力しているが、「経営目標」を達成する一つの施策として、「エレクトロニクス」部門の統合のように、他の事業部門を再度再編成するとし、より「グローバルビジネスチャンス」を拡大するとしています。さらに今後「5G」の時代に、SONYが研究してきた、通信技術やノウハウをグループ会社にオープンに提供し、SONYグループとして、より魅力的な商品やサービスを展開していきます。としています。

SONYがすでに「5G」の準備をしていることは明白ですが、今回の声明を確認する限りでは、日本国内でも本格的に始動を開始する「2020年」を焦点に「Xperia」に「5G」を本格的に対応させる可能性が高いと判断することができます。「SONY」の関係者の話として、「5G」への対応は必然だが、それよりも「時期」が重要だとしており、少なくとも焦って「5G」に対応した「Xperia」を発表する可能性は低いと判断することができます。

現に昨年からの情報として、「SONY」が最も早く「5G」に対応した機種を発売を開始する可能性が高いとしていましたが、実際に「Xperia 1」は「5G」に対応しておらず、「プロトタイプ」が「MWC」で展示される程度に留まっています。少なくとも「SONY」は今が「5G」に対応するタイミングではないと考えていると判断することができます。

より大型の「バッテリー」に「複数」の「アンテナ」を搭載することからも、より「本体サイズ」は大型化し、さらに「高価格化」することが「5G」に対応するデメリットだと判断することができ、SONYが重点地域として設定している「香港」「台湾」「日本」そして「ヨーロッパ」の中で、「5G」が始まっているのは「ヨーロッパ」の一部地域のみとなっています。詳細は「黒字化のために超超超地域限定に。「Xperia 1」含め次期「Xperia」は「4つ」の地域のみでマーケティングを強化に。」をご参照下さい。

少なくとも重点地域で「5G」がまともに使えない以上、「5G」に対応した「Xperia」を発売する必要性はないですよね。それこそ「アメリカ」などは今年の後半にかけて、本格的に始動することが判明していますが、「SONY」は重点地域として設定していないことからも、「アメリカ市場に合わせて「5G」対応の「Xperia」を発売する必要性はありません。

このことからも、やはり「アジア」でも本格的に始まる「2020年」が最大の焦点にしていると判断することができます。ただ一つ気になるのは、「Galaxy」のように、「5G」モデルと「4G」モデルを併売するのか、「5G」モデルのみになるのか。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG