「Huawei Mate X」より早く「9月」より前に。「Samsung」は「Galaxy Fold」とは別の「折りたたみ機種」を近々発表へ。

「ヒンジ」と「ディスプレイ」のギャップを改善している「Galaxy Fold」ですが、少なくとも新たに「発売日」を発表する時は、再度「Galaxy Fold」のためにイベントを開催すると予測されていますが、一部情報では「7月」に発売を開始するとの予測もあれば、一方で「発売延期」となった「4月」以降、全く進展がないとも予測されており、かなり判然としない状況となっています。

先日には「Galaxy Fold」の後継機種が「12月」には発売を開始する可能性が高いと予測されている中、この機種を含めて、「Samsung」はもう一つの機種を開発していることが判明しています。さて今回Phone Arenaによると、「Samsung」は「谷折り」を採用した「Galaxy Fold」とは別の「折りたたみ式」を採用した機種は「9月」より前に発売を開始する可能性が高いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。

 

「Galaxy Fold」のタイムラインストーリー

2019
4月 07

「au」と「DoCoMo」から発売に?

「au」と「DoCoMo」から発売に?

「「Galaxy S10e」の日本発売の可能性も?「Galaxy Fold」が「DoCoMo」と「au」から夏モデルとして発売に。」

4月 25

発売が延期に。

発売が延期に。

「「DoCoMo」と「au」の発売にも支障が。「Galaxy Fold」は「ディスプレイ」の不具合多発で発売が完全に延期に。」

4月 26

6月13日より発売開始に?

6月13日より発売開始に?

「発売延期の代償は大きい。Samsung「Galaxy 発売延期の代償は大きい。Samsung「Galaxy Fold」の発売日は「6月13日」に決定かも。」

6月 16

発売は「7月」以降に?

発売は「7月」以降に?

「「Huawei Mate X」と同じく「Galaxy Fold」の発売は「7月」以降にさらなる延期に。」

詳細は各「リンク」をご参照下さい。

 

「9月」までに新たな機種を発表へ。

少なくとも、今回の情報によると、「Samsung」は新たな「折りたたみ式」を採用した機種を発表する計画を持っていることが判明したとしており、この機種は「Huawei Mate X」が発売を開始する「9月」より前に「発売」を開始する可能性が高いとしています。少なくとも、その「スペック」などは判然としないながらも、「Galaxy Fold」と異なり「山折」ではなく、「Huawei Mate X」と同じ「谷折り」を採用しているとしています。

少なくとも「Galaxy Fold」で、なぜ「山折」を採用したのか。という質問に対して、「Samsung」の幹部は、「ガラケー」の時代から含めて、常に「山折」が採用されてきたからこそ、違和感なく折りたたむことができる「山折」を採用したとしています。今回の情報が正しければ、なぜ「谷折り」を採用したのか非常に気になるところですよね。少なくとも「Galaxy Fold」の説明と矛盾する形になります。

また「9月」より前に「発売」を開始する可能性があるとしていますが、具体的な「発売日」は決定としないとしています。ただ特定のサプライヤーは、すでに主要部品の「大量生産」を開始している可能性が高いとしており、発売への準備は着々と進行している可能性が高いとしています。「Galaxy Fold」の問題点としては、その構造からも「大量生産」に向かない製品でしたが、今回の情報が正しければ、供給面に関しても「Galaxy Fold」よりもだいぶ改善している可能性が高いと判断することができます。

また冒頭でも記述しましたが、「Galaxy Fold」の後継機種は、「12月」に発売を開始する可能性が高いとよそ高されている中、「Galaxy Fold」の「発売延期」の影響で、「来年初頭」になる可能性もあるとされていますが、今回の情報によると、「Galaxy S11」シリーズと同じく「MWC2020」で正式に発表される可能性があるともしています。現状では「Galaxy Fold」が本当に発売されるのか判然としませんが、その後継機種は「MWC」で発表したほうがユーザーにとって分かりやすいですよね。

そもそも「Galaxy Fold」の「発売延期」が予定外だと思いますが、最悪の場合、ユーザーが実際に触れることができるのは、この「Galaxy Fold」の後継機種になる可能性も十分に考えられます。ただ今回の「谷折り」を採用した機種。そして「Galaxy Fold」の後継機種と、その「本体価格」がどうなるのか非常に気になりますよね。Samsungは「Galaxy Fold」の売れ行きを見ながら、「市場」の動向を探る予定だったと思いますが、結局それができていない状況にあります。

なので結局、売れるか売れないか判然としない状況であることを考えると、結局はまた少量生産となり、原価コストの高騰。その結果「本体価格」が高価になると考えることができます。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!