最大で「7倍」の進化に。「Xperia 1」がどこまで進化したのか「Xperia Z5 premium」から「4機種」比較してみた。

「2016年」から「Xperia X」シリーズに移行し、いよいよ「2019年」から新たなシリーズに移行した「Xperia」ですが、「Xperia 1」は「4K OLED」を搭載しながらも、「premium」の名称を採用していません。これは「命名規則」が変更され、より「名称」がシンプルになったからこそだと思いますが、歴代「premium」モデルは必ず「premium」という名称が採用されていたことからも、ちょっと分かりにくいですよね。

とはいえ「Xperia 1」はれっきとした「premium」モデルです。先日には約「2年前」に発売を開始した「Xperia XZ premium」から「Xperia 1」に乗り換えるべきなのかまとめてみました。詳細は「2年という期間の進化は計り知れない。「Xperia XZ premium」ユーザーが「Xperia 1」に機種変更すべきかまとめてみた。」をご参照下さい。今回は初代「premium」モデルである「Xperia Z5 premium」から、「Xperia 1」とどれだけ進化したのか簡単にまとめたいと思います。

 

1.デザイン

まず「デザイン」から確認したいと思います。上記の画像は「Xperia Z5 premium」と「Xperia XZ premium」を比較したものになります。大きな違いとしては「オムニバランス」デザインか「ループサーフェイスデザイン」を採用しているか。なので「Xperia XZ premium」のほうが丸みを帯びたデザインとなっています。この時代は「指紋認証」は「電源ボタン」に統合されています。

次に「Xperia XZ2 premium」と「Xperia 1」を比較した画像になります。大きな違いは「アンビエントフロー」を採用しているか。「オムニバランスデザイン」を採用しているかの違いになります。「Xperia 1」でいきなり「ベゼル」がスリム化していることを確認することができます。

デザインデザイン言語アスペクト比
Xperia Z5 premiumオムニバランスデザイン16:9
Xperia XZ premium
Xperia XZ2 premiumアンビエントフロー
Xperia 1オムニバランスデザイン21:9

SONYは「Xperia 1」のデザイン言語に関して、具体的な名称はないとしており、「アスペクト比21:9」を採用したただの板としています。ただ普通に考えれば「オムニバランスデザイン」ですよね。「Xperia 1」で再び「オムニバランスデザイン」に戻ったことを隠しているようにも感じます。「アスペクト比21:9」を採用したことで、「ベゼル」の「スリム化」に貢献しています。

 

2.本体サイズ

次に「本体サイズ」などを確認したいと思います。

サイズ感本体サイズ重さ
Xperia Z5 premium154.4 x 76 x 7.8 mm180g
Xperia XZ premium156 x 77 x 7.9 mm191g
Xperia XZ2 premium158 x 80 x 11.9 mm236g
Xperia 1167 x 72 x 8.2 mm178g

「本体サイズ」に関しては、「「Xperia XZ2 premium」でいきなり大きくなって、「Xperia 1」で再び「スリム化」した感じです。「横幅」はそれこそかなり抑えられているので、「持ちやすさ」はピカイチですが、「厚さ」で見ると、決して一番薄いわけではない。一方で重さに関しては「世代」を重ねるごとに重くなり、「Xperia 1」で歴代「premium」モデルの中で最も軽い機種となります。

なので「本体サイズ」という面では、「Xperia XZ2 premium」がいかに失敗だったのかが露呈する形になります。「でかく」「重く」「分厚く」とまさに最悪の3拍子です。

 

3.ディスプレイ

次に「ディスプレイ」に関して比較したいと思います。

ディスプレイディスプレイサイズ表示解像度
Xperia Z5 premium5.53840×2160(4K)
Xperia XZ premium
Xperia XZ2 premium5.8
Xperia 16.53840×1644(4K)

 

ディスプレイ画素密度画面占有率
Xperia Z5 premium801ppi71.10%
Xperia XZ premium69.48%
Xperia XZ2 premium760ppi73.36%
Xperia 1643ppi82.22%

「アスペクト比」が「Xperia 1」のみ異なるため、単純な比較はできませんが、「インチ」表記で見れば「Xperia 1」が最も大きなディスプレイを搭載しており、「表示解像度」に関しても同じく「4K」です。ただ大きな違いは「Xperia 1」が初の「有機ELディスプレイ」を搭載していること。なので、同じ「4K」でも「有機ELディスプレイ」を搭載している分発色の良さの次元が違います。

ただ「画素密度」に関しては、歴代「premium」モデルの中で「Xperia 1」が最も低い。「Xperia XZ2 premium」に関しては、「表示解像度」を変更せず、「ディスプレイサイズ」が大きなくなったため、その分「画素密度」が下がっています。そして「ベゼル」に関しては、「Xperia XZ premium」で太くなっていますが、その後は順調にスリムになっています。

 

4.処理性能

次に「処理性能」を比較したいと思います。

処理性能SoCRAM/ROM
Xperia Z5 premiumsnapdragon8103GB/32GB
Xperia XZ premiumsnapdragon8354GB/64GB
Xperia XZ2 premiumsnapdragon8456GB/64GB
Xperia 1snapdragon8556GB/128GB

改めて「RAM」と「ROM」を確認すると、時代もありますが、「Xperia Z5 premium」に非力さがやばいですよね。よく「RAM3GB」で動いていたのと思います。それ以降は順当に進化しており、ようやく「Xperia 1」で、「Huawei」や「Galaxy」の「ベースモデル」のスペックにたどり着きました。ついでに「ベンチマーク」も確認したいと思います。

ベンチマークAnTuTuシングルコアマルチコア
Xperia Z5 premium52189
Xperia XZ premium
Xperia XZ2 premium17万420724078448
Xperia 133万040234291万705

今回の「ベンチマーク」は「Phone Arena」のレビュー記事を参考にしており、「Xperia XZ premium」に関しては「データ」がなく、「Xperia Z5 premium」に関しては「GeekBench 4」でのスコア結果がないので割愛しています。とはいえ「AnTuTu」で比較すると、「Xperia XZ2 premium」に対して「Xperia 1」は「2倍」の進化をしており、「Xperia Z5 premium」と比較すると約「7倍」の進化をしています。正直驚異的ですよね。

 

5.電池持ち

次に「電池持ち」関連を比較したいと思います。

電池持ちバッテリー容量テストスコア
Xperia Z5 premium3430mAh66
Xperia XZ premium3230mAh72
Xperia XZ2 premium3540mAh77
Xperia 13330mAh79

「バッテリー」容量に関しては大きくなったり小さくなったりしていますが、「バッテリーテスト」の結果を確認すると、劇的な進化はないと言えませんが、確実に進化していると考えることができます。特に「有機ELディスプレイ」を搭載した「Xperia 1」が「液晶」かつ「歴代premium」モデルで最大の「バッテリー」を搭載した「Xperia XZ2 premium」のスコアを下回らなかったのは優秀ですよね。

ちなみに「充電時間」に関してPhone Arenaを参考にしてまとめると以下のようになります。

電池持ち充電時間(分)
Xperia Z5 premium131
Xperia XZ premium
Xperia XZ2 premium172
Xperia 1112

「Xperia XZ2 premium」は圧倒的に「充電時間」が遅いことを確認することができます。一方で「Xperia 1」に関しては、歴代「Xperia」の中でも最速です。ちなみに「Xperia XZ premium」に関しては、またデータがありません。

 

6.カメラ

そして「カメラ」を簡単に確認したいと思います。

カメラメインイン
Xperia Z5 premium23MP5MP
Xperia XZ premium19MP13MP
Xperia XZ2 premium19MP+12MP(HDR)13MP
Xperia 112MP+12MP+12MP(HDR)8MP(HDR)

「Xperia XZ premium」で「Motion Eye」に対応し、初の「スーパースローモション」撮影に対応し、「Xperia XZ2 premium」では「FHD」で撮影が可能に。そして「4機種」としても「4K」でのビデオ撮影は可能でしたが、「Xperia XZ2 premium」で「4K HDR」の撮影に対応しています。

「インカメラ」に関しては、唯一「Xperia 1」のみが「HDR」に対応しており、さらに「Xperia 1」が歴代「Xperia」の中で「光学式手ぶれ補正」に対応しています。「画素数」的には劣化しているようにみえますが、その進化は計り知れないです。特に「ノイズ」や「低照度」での撮影は一目瞭然です。

今回は「Xperia Z5 premium」から「Xperia 1」までを比較してみましたが、改めて比較すると進化のはばがすごいですよね。間違いないく「Xperia XZ premium」以前の機種を使っている人は「Xperia 1」の購入をおすすめします。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG