早くも「J9210」が認証を通過へ。「Xperia 2」は「RAM8GB」に「TOFセンサー」搭載で実質「クアッドレンズカメラ」を搭載に。

少なくとも事前情報が正しければ、「Xperia 1」の小型モデルになると予測されている「Xperia 2」ですが、「Xperia 1」が発売される前のタイミングで「CAD」を基に作成されたレンダリング画像が公開されており、「カメラ」の搭載位置など、「ベース」は「Xperia 1」と同じでありながらも地味にデザインが変更されていることを確認することができます。詳細は「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」をご参照下さい。

また一部情報によると、「Xperia 2」の派生モデルの扱いになるのか判然としない面もありますが、今年の後半には「5G」に対応した「premium」モデルが登場する可能性が高いと予測されており、最大で、「SONY」は「ハイエンドモデル」を「2機種」発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「「モバイル部門」復活のための第1歩。「Xperia 2」には「5G」に対応した「premium」モデルが存在しているかも。」をご参照下さい。

「IFA2019」で発表される可能性が非常に高い「Xperia 2」ですが、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 2」に関して以下のように投稿されていることが判明しました。

近日,索尼一款型号为 J9210 的机型在欧亚委员会(ECC)的认证资料库亮相,并已通过认证。由于 Xperia 1 內部型号为 J9110,所以 J9210 极可能是后续微改机型,目前猜测可能会称为索尼Xperia 1s 或是 Xperia 1v。硬件参数变化不大,依然采用骁龙 855 平台,屏幕缩小至 6 英寸,后置摄像头移至左上方,加入 ToF 镜头。

今回の投稿によると、「ヨーロッパ経済委員会」である「ECC」において、SONYの「J9210」の認証が通過していることが判明したとしており、上記の画像がその認証情報になります。ただ「J9210」は「マイクロリビジョンモデル」になる可能性が高く、「Xperia 1s」や「Xperia 1v」と呼ばれる可能性もあるとしています。この理由として、「Xperia 1」と比較して「スペック」に大きな変更がないことだと判断することができます。

とはいえ「snapdragon855」に「ディスプレイサイズ」は「6.0インチ」を搭載し、「カメラ」の搭載位置が変更になり、さらに「TOFセンサー」を搭載していることからも、しっかりと進化していることに違いはありません。

前回上記のレンダリング画像が公開された時にはあまり気にしていなかったのですが、「トリプルレンズカメラ」の上部に搭載されている「黒いセンサー」は今回の投稿が正しければ「TOFセンサー」だとしています。つまり「Galaxy S10 5G」や「Huawei P30 Pro」などと同じく、「クアッドレンズカメラ」を搭載していることになります。だとすると来年登場すると予測されている次期「Xperia」に「ヘクタコアレンズカメラ」を搭載していてもおかしくないですよね。

詳細は「「MWC2020」が楽しみで仕方ない。「Xperia 1」の後継機種は「8つ」の「カメラ」を搭載し、さらにデザインが判明に。」をご参照下さい。またすでにリークしている「Xperia 2」のベンチマークを確認する限り、「RAM」に関しても「8GB」に増強されていることを確認することができます。少なくとも「Xperia 2」は「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されていますが、その「表示解像度」に関しては、「2K」になる可能性が高いと予測されています。

詳細は「デザイン」も「スペック」も変わらず。結局「Xperia 2」は「2K」の「有機ELディスプレイ」を搭載かも。」をご参照下さい。ただ真逆の情報として「Xperia 1」に対して「Xperia 2」は「TOFセンサー」を搭載し、小型化されるのみになるとされていることからも、「4K OLED」を搭載している可能性もあるとされており、判然としない状況にあります。

s要塞は「「Xperia 1」を蔑ろな存在に。「Xperia 2」は「4K OLED」に「クアッドレンズカメラ」に小型モデルとして登場に?」をご参照下さい。「Xperia 2」は「カメラ」の進化がメインになることはだいぶ前から予測されており、直近の情報においても「Xperia 1」と異なり、「SONY」製の「カメラセンサー」をフル搭載していると予測されています。詳細は「「カメラ」はやはり「Xperia 2」が本命に。「トリプルレンズカメラ」のすべてに「SONY製」の「カメラセンサー」が採用に。」をご参照下さい。

ただすでに「認証」を通過しているとなると、すでに開発は最終段階に入っていると判断することができます。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG