「Xperia Z」のような「感動」を。「Xperia XZ3」より「高性能」を。「Xperia 1」のユーザー満足度はかなり高い。

国内でも「DoCoMo」「au」「SoftBank」から発売を開始した「Xperia 1」ですが、予約時点で一時「在庫なし」の状態になるなど、かなりの反響の高さを見ることができ、「中国」や「イギリス」など先行で発売を開始している地域と同様に、順調なスタートを切ることができたと判断することができます。詳細は「初回在庫確保失敗に。「DoCoMo」の「Xperia 1」の初期在庫はすでに完売で発売日当日に入手は困難に。」と「発売前に早くも大量入荷。「DoCoMo」オンラインショップで「Xperia 1」の在庫は潤沢に。」をご参照下さい。

一方で「Xperia 1」が発売を開始する前に、大きく懸念されていたのが「カメラ」と「電池持ち」です。「カメラ」に関しては、「Xperia」がずっと苦手であった「低照度」における撮影においても「ノイズ」や「白飛び」がかなり改善されており、そして「高照度」における撮影条件であれば全く問題がない状態に仕上がっています。詳細は「「ナイトモード」を搭載してかのように。「Xperia 1」は「カメラ」の懸念事項である「夜間撮影」が大幅に改善へ。」と「「低照度」の撮影改善は大きい。「Xperia 1」は「花火」や「イルミネーション」の撮影にも最適かも。」をご参照下さい。

一方で「電池持ち」に関しては、大手海外サイトがバッテリーテストの結果を公開しており、歴代「premium」モデルと比較して、「電池持ち」が改善していないことからも非常に残念だと評価されている一方で、「充電時間」に関しては、他の競合他社の機種と比較すれば、そこまでは早くないものの歴代「Xperia」と比較すれば、大幅に改善していることを確認することができます。

詳細は「「電池持ち」の悪さを相殺するように。「Xperia 1」の充電スピードを歴代「Xperia」と比較して大幅に改善に。」と「海外サイトが酷評。「Xperia 1」は歴代「premium」モデルから「電池持ち」は進化せず。そして充電時間が長すぎに。」をご参照下さい。

もちろん「Xperia 1」に対して厳しい評価があるのは当たり前ですが、今回海外の投稿フォーラムであるRedditにおいて以下のような投稿がされていることが判明しました。

It’s been a great week using the 1 for me. My biggest concern was battery life but with my usage, it’s a vast improvement over the XZ3. Getting about 8 hours of SOT on one day. Camera experience for me is exceptional over the Motion Eye camera with the XZ series. Much of that noise is gone, thank goodness.

Content watching have been an absolute delight with Too Old To Die Young on Prime, a 13 hour visual experience by Nicolas Winding Refn’s style and use of colours and sound. I very much appreciate Battery Care is now user control also on when to activate depending on when I will charge.

And Adaptive Brightness doesn’t drain battery like before which I had to turn off — yay! Truly a refined experience after having the XZ2 and XZ3 as it’s a lot lighter to hold in the hands. 

まあ簡単に訳せば、「Xperia 1」を1週間使用してみて、素晴らしい経験をすることができている。最大の懸念でもあった「電池持ち」は「Xperia XZ3」と同じ使い方をしてかなり改善されている。そして「Xperia XZ premium」以降に搭載された「Motion Eye」と比較して、その「カメラ」に進化は格別であるとしています。そして「バッテリーケア」がさらに最適化されている。

なので、「スクリーンオフ」の状態での「電池消耗」がかなり抑えられている。少なくとも「Xperia 1」は「Xperia」で最高価格となっているが、それだけの価値が十分にあるとしています。少なくとも自分も同意見です。それこそカタログスペックでは物足りなさがあるのも事実です。ただ実際に使用してみると、「電池持ち」は歴代「Xperia」と比較してもかなり改善されており、それこそ「Exynos9820」を搭載している「Galaxy S10+」よりよほどいい。

さらに「カメラ」に関しては、確かに「逆光」などは、「Galaxy S10+」や「Huawei P30 Pro」などに劣るが、歴代「Xperia」と比較すれば、その差は歴然。だからこそ自分は長く使うために、「SIMフリー」モデルを購入した上で、さらに「キャリアモデル」まで購入してしまいました。初期の「Xperia Z」にあった感動を。そして「Xperia XZ3」を超える「高性能」を実現しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!