「Xperia 2」は「DoCoMo」と「au」の専売モデルに。「au」と「SoftBank」からは「Xperia 20」のみの展開になる可能性が。

一部情報において、「2019年」は新型「Xperia」が「7機種」発表される可能性が高いと予測されています。すでに発売を開始している「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia 10 Plus」そして「Xperia L3」を除いて残り「3機種」。「Xperia 1s」など地味に判然としない機種のリーク情報がありますが、直近の情報において、CADを元に作成されたレンダリング画像が公開された「Xperia 2」はかなり有力です。

詳細は「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」をご参照下さい。

さらにこの「Xperia 2」は「カメラ」の進化がメインになると予測されており、「Xperia 1」と同じく「トリプルレンズカメラ」を搭載しますが、すべてが「SONY」製の「カメラセンサー」を搭載する可能性が高いとされています。詳細は「「カメラ」はやはり「Xperia 2」が本命に。「トリプルレンズカメラ」のすべてに「SONY製」の「カメラセンサー」が採用に。」をご参照下さい。

以前より「Xperia 2」は「Xperia 1」とは別シリーズとして今年の「IFA2019」で正式に発表される可能性が高いと予測されている中、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、以下のような投稿がされていることが判明しました。

下一季Xperia在日本:

 Docomo-1 flagship

au-1 flagship +1 midrange

Softbank-1 midrange

今回の投稿を確認すると、「日本」市場において、「下期」に発売される機種に言及しており、「DoCoMo」と「au」が「フラッグシップモデル」を。「au」と「SoftBank」が「ミドルレンジモデル」を1機種発表する可能性が高いとしています。事前情報が正しければ、「フラッグシップ」モデルに関しては「Xperia 2」になる可能性が高い。

ただ一部情報では、「Xperia 2」の派生モデルとして「5G」に対応した「プレミアム」モデルが存在している可能性が高いと予測されていますが、日本では発売されない可能性が高いと判断することができます。早くても「2020年」の「夏モデル」になると判断することができます。詳細は「「モバイル部門」復活のための第1歩。「Xperia 2」には「5G」に対応した「premium」モデルが存在しているかも。」をご参照下さい。

そして「au」と「SoftBank」から発売される可能性がある「ミドルレンジ」モデルに関しては、すでに「CAD」を元に作成されたレンダリング画像が公開された「Xperia 20」の可能性が高いと判断することができます。詳細は「デザインは一緒でも高級感マシマシへ。「IFA2019」で発表される「Xperia 20」のレンダリング画像が公開に。」をご参照下さい。

少なくとも「Xperia 10」シリーズは、当初「Xperia XA3」シリーズと開発していたもので、急遽「命名規則」を変更して、その場しのぎで発売したものに過ぎないとされており、だからこそ「モデル番号」の規則が「Xperia 1」と異なるとされています。さらにこの「Xperia 20」に関しては「日本市場」限定。特に「au」限定になる可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia Ace」に次いで。「Xperia 20」は新たな「ミドルレンジモデル」の始まりかつ「au」限定モデルになるかも。」をご参照下さい。

まあ「Xperia 20」が発売される可能性が高いと考えるのが妥当ですよね。ただ一つ気になるのは、「夏モデル」では「DoCoMo」だけが「Xperia Ace」を扱いましたが、「冬春モデル」では、「DoCoMo」だけ「ミドルレンジモデル」を扱わないというのも正直おかしい感じがしてしまいます。

また「Xperia 2」自体の正式名称が判然としませんが、来年の「2月」に開催される「MWC2020」において、SONYは「Xperia 2」と「折りたたみ式」を採用した「Xperia F」を正式に発表する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」は序章にすぎず。「MWC2020」には「5G」に対応した「Xperia F」と「Xperia 2」を正式に発表へ。」をご参照下さい。

少なくとも「Xperia 2」だけでも、「IFA2019」で発表されるのか。それとも「MWC2020」で発表されるのか判然としません。ただ「IFA2019」において「ハイエンドモデル」が発表される可能性は非常に高いと判断することができます。上期と異なり、「下期」は「au」と「SoftBank」優先のラインナップだとすればそれはそれで面白いですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG