「iPhone」に全くひけをとらない高級感を。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の新たなレンダリング画像が公開に。

個人的な主観になってしまいますが、どうしても購入の決め手にかける「Google Pixel」シリーズ。それこそ初代「Google Pixel」シリーズと「Google Pixel 2」シリーズにおいては、日本でも「未発売」であること。そして「DxOMark」において、かなり「カメラ」が高評価を獲得していることからも、物欲を刺激されることもありましたが、それでも購入しなかったのは「本体価格」が高いから。

そして昨年「日本」でも発売を開始した「Google Pixel 3」シリーズですが、「本体価格」がさらに高くなったので正直論外。「RAM4GB/ROM64GB」で大きな特徴もなく「10万円」近くの価格設定はかなり「コスパ」が悪い。さらによくも悪くも「デザイン」が初代から大きく変化がない。つまり面白みがない。なので購入する意欲はあまりありませんでした。

一部情報に基づいて、海外サイトが次期「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」のレンダリング画像を公開していましたが、先日にはCADを元に作成されたレンダリング画像がついに公開され、いよいよほぼ最終確定デザインを確認することができる状態となっています。詳細は「超高精細なレンダリング画像が公開に。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の一部スペックもリークに。」と「やっと魅力的なデザインに。スクエア型の「カメラ」を採用した「Google Pixel 4」の確定デザインが判明に。」をご参照下さい。

とはいえ、全体的が暗めの印象で、あまりデザインの詳細をはっきりと確認できないレンダリング画像となっていましたが、今回Phone Arenaが先日公開されたCADを元に作成されたレンダリング画像をさらに進化させたレンダリング画像を公開しており、上記の画像が今回公開された「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」のレンダリング画像になります。

まず前回のレンダリング画像では、はっっきりと確認ができなかった「ノッチ」部分ですが、「Google Pixel 3 XL」のように「ノッチ」スタイルを採用しておらず、どちらかといえば「Google Pixel 3」のように均等なベゼルを採用していることを確認することができます。またどちらの機種も「デュアルレンズフロントカメラ」を採用しており、下部のベゼルは非常にスリムになっていることを確認することができます。

また「本体背面」を確認すると、やはり「指紋認証」が搭載されてないことからも、「顔認証」もしくは「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載していると判断することができます。ただ「Google」は「ハード」面において、最新技術を搭載することに固執しているわけではないので、何か不完全な「ディスプレイ統合型指紋センサー」を今の段階で搭載するとは正直考えにくく、「顔認証」のみの搭載になるのが妥当な範囲だと考えることができます。

また今回の情報によると、「上部」のベゼルには「近接センサー」や「環境光センサー」を搭載している可能性が高く、新たに「自動ホワイトバランス調整」機能を搭載している可能性が高く、「Apple」の「 True Tone Display」や「Galaxy」に採用されている「Adaptive Display」を同じような機能になる可能性が高いとしています。

次に「本体背面」の「カメラ」を確認したいと思います。「iPhone XR2」と同じく、「デュアルレンズカメラ」を搭載し、さらにその「カメラデザイン」は「スクエア型」を採用するとされています。「カメラセンサー」自体は、「標準」レンズに加え、「広角」もしくは「望遠レンズ」を搭載すると考えることができますが、「Google」は新たに「スペクトルセンサー」を搭載する可能性が高いとしており、ぱっと見としては「トリプルレンズカメラ」を搭載しているように見えます。

少なくともこの「スペクトルセンサー」の詳細は判然としないながらも、「X線」や「赤外線」「紫外線」など、人間の目には見えない情報を読み取るために使うことが可能であるとして、「低照度」における撮影の時などに大きく貢献する可能性が高いとしています。

昨年は同じく「シングルレンズカメラ」に「RAM4GB」を搭載していた、「Xperia」と「Google Pixel」ですが、今年は「複眼化」に「RAM」の増強と同じタイミングっていうのもなんか面白いですよね。少なくとも「SONY」も「Google」も共通して「RAM4GB」で十分だと発言していた上で、「RAM6GB」に増強していることを考えると、もう「RAM4GB」では不十分になっていると判断することができます。

少なくとも今回公開されたレンダリング画像を確認する限り、「Google Pixel」シリーズでは久しぶりに物欲が刺激されるデザインを採用しています。あとは「本体価格」だけですよね。正式発表までだいぶ先の話になりますが、続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG