SONYの戦略は正しかった。「Xperia 1」が「Etoren」で初期在庫が完売になっているじゃん。

「イギリス」では「5月30日」より。そして「中国」や「香港」などでは「6月6日」より発売を開始している「Xperia 1」ですが、先日より「香港」を拠点とした老舗サイトである「Etoren」においても発売を開始しています。詳細は「「DoCoMo」モデルよりもコスパがいい。「Xperia 1」が「Etoren」で発売開始。その価格は「10万円」に。」をご参照下さい。

先行で発売を開始した「Clove」と「Etoren」で扱っている「Xperia 1」の大きな違いは2つ。一つ目は「Clove」は「ブラック」と「パープル」の2色展開であること。一方で「Etoren」では「4色」展開であること。そして2つ目は、「Clove」で扱っている「J8110」は「Single SIMモデル」であること。そして「Etoren」で扱っている「J9110」は「Dual SIM」モデルであること。

なので、どちらが自分に必要な「Xperia 1」なのか判断して購入する必要性があります。先日には「中国」や「イギリス」のAmazonにおいて、「Xperia 1」の初期在庫がすぐに完売していることが判明しています。

少なくとも発売を開始した当日において「Etoren」では「在庫」が不安定になっていない状態だったので、実際にそこまで人気がないのかと思っていましたが、執筆時点で「Xperia 1」の「パープル」が「品切れ」になっていることを確認することができます。上記の画像は執筆時点での「Etoren」における「Xperia 1」の「製品ページ」になります。また流石に値下がりは開始していないことを確認することができます。

他の「カラー」の在庫状況を確認してみると、「パープル」以外に関しては、とりあえず「在庫あり」の状況であることを確認することができます。少なくとも先日海外サイトが行なった人気カラーのアンケート結果によると、「Xperia 1」で一番人気なのは、前評判がいい「グレー」でもなく、「メインカラー」扱いである「パープル」でもなく「ブラック」が圧倒的に支持を集めていることが判明しています。

もちろん「地域」によって人気カラーは異なると思いますが、アジア圏においては「パープル」の人気が高いということなのでしょうか。それとも単純に他のカラーと比較して、入荷量が少なかったのか。とはいえ、あまり悲観的に考えたくないですよね。単純に「パープル」に人気が集中して「品切れ」になったと考えたいところです。ちなみに「中国」では「Xperia 1」に対して最初の「アップデート」の配信が開始していることが判明しています。

単純に考えれば、「香港」モデルである可能性が高いことからも、最初の「アップデート」が配信されている可能性が高いです。「Xperia 1」の大きな特徴の一つなんで、必ず配信されていたら「アップデート」するようにしましょう。

日本国内においても「ドコモ」「au」「SoftBank」がそれぞれ「Xperia 1」を「6月14日」に正式に発売を開始することを発表しています。

どちらにしろ「Xperia 1」を購入するのであれば、必ず予約をして購入するようにしましょう。「au」と「SoftBank」は「5000円引き」で、「DoCoMo」に関しては数量限定ですが、「変換ケーブル」をもらうことが可能です。「SIMフリー」を購入すべきなのか。それとも「キャリアモデル」を購入すべきなのか。気になる方はチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG