• HOME
  • ブログ
  • Google
  • やっと魅力的なデザインに。スクエア型の「カメラ」を採用した「Google Pixel 4」の確定デザインが判明に。

やっと魅力的なデザインに。スクエア型の「カメラ」を採用した「Google Pixel 4」の確定デザインが判明に。

Google

長らく親しまれてきた「Nexus」シリーズが終了し、「Google Pixel」シリーズへ移行した時のインパクトはかなり大きかったのが記憶にあります。少なくとも「アメリカ」では発売を開始して「半年」経過しても、値下げどころか、在庫が不安定な状況となっており、「Android」機種としても、非常に稀有な存在でした。

そして「Google Pixel 2」シリーズへと進化し、順当に評価と人気を上げていく中、おかしくなったのが「Google Pixel 3」シリーズです。「Android」を開発している「Google」だからこそ、「ソフト」に力を入れた素晴らしい機種であることに間違いはありません。ただ「ハード」の面では中途半端で、さらに「本体価格」が高い。

お世辞にも売れた機種ではありません。一方で先日には「Pixel」シリーズとして初となる「Google Pixel 3a」と「Google Pixel 3a XL」の発売を開始。「コスパ」がかなり優れていることからも、かなり順調に売れているみたいです。詳細は「「Xperia 1」でもなく「Galaxy S10+」でもなく。今年の夏モデルの筆頭は「Google Pixel3a」シリーズに。」をご参照下さい。

「ミドルレンジモデル」が売れれば売れるほど、「Google」にプレッシャーがかかるのは、「ハイエンドモデル」。つまり「Google Pixel 4」になります。ちなみに先日にはリーク情報に基づいて、「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」のレンダリング画像が公開されていました。詳細は「超高精細なレンダリング画像が公開に。「Google Pixel 4」と「Google Pixel 4 XL」の一部スペックもリークに。」をご参照下さい。

そして今回リーカーとして非常に定評のあるOnLeaks氏が、「CAD」を元に作成した「Google Pixel 4」のレンダリング画像を公開しています。例年通りであれば「10月」に発表される可能性が高く、発表までにまだ時間があることからも、デザインが変更される可能性があると前置きしていますが、同氏が公開したレンダリング画像の信憑性はかなり高いです。

なのでほぼ確定デザインだと判断することができます。今回公開されたレンダリング画像が上記の画像になります。全体的に暗く、その詳細をちょっと確認しにくいです。はっきりと確認できるのは「iPhone XI」シリーズや「Huawei Mate20」シリーズと同じく「スクエア型」の「カメラ」を採用していること。少なくとも「トリプルレンズカメラ」を搭載する情報はなく、「デュアルレンズカメラ」を搭載することでほぼ確定だと判断することができます。

「Google Pixel 3」シリーズまでは、「シングルレンズカメラ」を搭載していますが、「シングルレンズカメラ」を搭載している機種としては、「DxOMark」において最高の評価を獲得しています。今や多くの機種は「トリプルレンズカメラ」以上を搭載していますが、「Pixel」シリーズが「デュアルレンズカメラ」以上を搭載した時の破壊力は計り知れないです。少なくとも「デュアルレンズカメラ」を搭載するだけで、同サイトの評価はトップクラスになると推測することができます。

先日までの情報では「パンチホール式」の「ノッチ」を採用すると予測していますが、はっきりとした「ノッチ」を確認することができません。ただ「フロント」部分に搭載されていた「デュアルスピーカー」は搭載されておらず、本体下部に移動しています。つまりその分「ベゼル」がスリム化している可能性があります。

また「背面」に「指紋認証」を確認することができないことからも、「ディスプレイ統合型指紋センサー」もしくは、「顔認証」を搭載している可能性が高いとしています。本体下部を確認すると「イヤホンジャック」は搭載されておらず、また「USB-C」を搭載していることを確認することができます。

今回の情報では、「スペック」に関してはほぼ言及しておらず、「本体サイズ」も言及していません。ただ「snapdragon855」を搭載していること。そして「RAM6GB」を搭載しているとしています。「RAM」不足で不具合だらけの「Google Pixel 3」シリーズの現状を考えると、「RAM」が強化されるのは必然だと判断することができます。まあとはいえ、「スペック」全体が大幅に強化されるとは考えにくく、その特徴はあくまでも「カメラ」になると判断することができます。

「Google Pixel 3」シリーズまでは、初代からほぼ同じデザインを採用しているので、ちょっと見飽きてた部分もありましたが、今回のレンダリング画像を確認する限りでは、だいぶ印象が異なりますよね。あとは「Google」がその本体価格をどのように設定してくるのか。非常に気になるところです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧