真逆の道へ。割引がなくなった「iPhone 8」は圏外へ。そして渦中の「Huawei P30 Lite」は週間ランキングでトップの座を。

「アメリカ」の「エンティティリスト」により、「Huawei」に甚大な影響が出ている中、「au」や「DoCoMo」など、「夏モデル」として発売する予定だった「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」は発売延期の状態が継続しています。詳細は「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

「Android OS」はもちろん、「wi-fi」や「SDカード」さらに「Kirin」チップが今後使えなくなる可能性が高いと予測されてきましたが、少しずつですが、状況は好転してきており、少なくとも「SDカード」や「Wi-Fi」などは今後も継続して採用することが可能であることが判明しています。また「Amazon」でも一時期販売中止となっていましたが、今は販売が再開しており、販売店ですら対応に戸惑っていると判断することができます。

詳細は「「公式発表」とは裏腹に。「Huawei P30」はもちろん「Huawei」製品が「Amazon」で発売中止に。」をご参照下さい。

一方で「キャリアモデル」とは別に「5月24日」より「SIMフリー」モデルが発売を開始した「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30」ですが、そのスペックなどは「「Huawei P30」が国内正式発表。でも「Amazon」で販売されている「海外版SIMフリー」モデルのほうが安い。」をご参照下さい。この渦中にある「Huawei P30 Lite」がBCNが発表したランキングにおいて週間において「1位」を獲得していることが判明しました。ランキングをまとめると以下のようになります。

順位機種名キャリア
1位Huawei P30 LiteSIMフリー
2位ZenFone Max(M2)SIMフリー
3位AQUOS sense 2SIMフリー
4位Galaxy S10DoCoMo
5位ZenFone Max Pro(M2)SIMフリー
6位Xperia AceDoCoMo
7位iPhone 6sY!mobile
8位Huawei P20 LiteSIMフリー
9位iPhone XR(64GB)SoftBank
10位Xperia XZ3au

渦中にある「Huawei P30 Lite」が「6月6日」の週間ランキングとはいえ、「1位」を獲得していることを確認することができます。少なくとも今後「OS」のアップデートや「セキュリティパッチ」などいまだにかなり不透明な部分が多い中で、「1位」を獲得するということは、それだけ製品自体に魅力があること。そしてその「本体価格」に魅力があると判断することができます。

「安い」機種がいい。そして「カメラ」がいい機種がいい。と一番多そうなニーズで見ると「Huawei」が一番分かりやすくおすすめの機種になりますもんね。そして今回のランキングを確認すると「iPhone」がほぼランクインしていないこと。まあもちろん「Android」の「夏モデル」の販売が本格的に開始した影響もあると思いますが、それでもランクインしていませんよね。

それこそ前週においてのランキングにおいては「DoCoMo」「au」「SoftBank」の「iPhone 8」でトップ「3」を独占していましたが、見事に圏外に飛ばされています。その最大要因は大幅な値引きが終了したからですよね。ちなみに「3キャリア」の執筆時点での「iPhone 8」の本体価格をまとめると以下のようになります。

iPhone 8本体価格実質負担金
DoCoMo7万9704円5万3136円
au9万1440円5万5080円
SoftBank8万6400円4万3200円

3キャリアとも、いわゆる「分離プラン」のレンタル契約を前提としており、それぞれが「2年」で端末を返却した場合の価格になります。「DoCoMo」なんて特に「1万円」程度で販売されていたことからも、「6月1日」以降かなりの値上げになっていることを確認することができます。

少なくとも「iPhone 8」の機種が魅力があって売れていたのではなく、「iPhone」であるからこそ。そして「安い」から売れていたと判断することができます。まあ「iPhone XS」や「iPhone XS Max」などを見れば一目瞭然ですが、「iPhone」は高いと売れないことが改めて証明されたことになります。実質負担金が「5万円」程度でも売れないことを考えると、「iPhone XR」でさえ売れないのは当たり前ですよね。

今年の「9月」には「iPhone XI」シリーズなどが正式に発表されると予測されていますが、「日本市場」では、「分離プラン」以降初めての発売になるため、非常に厳しい状況になりそうですよね。少なくとも昔ほど「iPhone」に大きなアドバンテージはありません。そうなってくると、日本市場においても、今後はよりニーズに合わせて細分化されている「Android」の時代になるのかもしれませんね。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG