「Xperia 1」の「カメラ」が「DxOMark」で高評価を獲得するには。それは「HDR」が重要みたい。

「SONY」が最初の発表した通りに、「Xperia 1」は「初夏以降」の発売としていましたが、「カメラソフト」の開発の影響から、「台湾」や「香港」などでは、「発売延期」が発表されるなど、かなりグタグタの状況になっていましたが、「イギリス」を始めとして「中国」などでも問題なく発売を開始しています。

詳細は「いよいよ「入荷」&「発売」開始に。「Xperia 1」は最速「出荷」で「5月30日」より開始。」と「「中国」では延期なく発売へ。「Xperia 1」は「5月28日」予約開始で「6月6日」に発売を開始に。」をご参照下さい。

また日本ではお馴染みのサイトである「Etoren」においても、先日より「発売」を開始しており、その本体価格が「10万4000円」と、少なくとも「キャリアモデル」が「ROM64GB」であること。さらに国内で最も安いのが「DoCoMo」であり、その「DoCoMo」モデルとほぼ同じ価格設定であることを考えると、「Etoren」での「Xperia 1」は非常に「コスパ」に優れていると判断することができます。

詳細は「「DoCoMo」モデルよりもコスパがいい。「Xperia 1」が「Etoren」で発売開始。その価格は「10万円」に。」をご参照下さい。

そんな「Xperia 1」ですが、「カメラソフト」の開発でグタグタになっている時に、一部情報ではすでに「DxOMark」でのレビューが開始しており、「動画」の評価が相対的に低いことからも、同サイトにおいてトップスコアを獲得することはないが、「がっかり」するようなスコアにはならないと予測されており、さらにその「スコア」は「iPhone XS Max」以上である「105」以上を獲得する可能性があると予測されてきました。

詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

正直「カメラソフト」の開発が遅れていることからも、「DxOMark」でいずれ評価されることはあっても、この時点では評価されていない可能性のほうが高いのではと思っていましたが、先日には有名なリーカーであるZackbuks氏が、「Xperia 1」は同サイトにおいて「119」のスコア。つまり歴代最高の評価を獲得することを示唆した投稿をしていることが判明しています。詳細は「素人目線でも良く分かる「カメラ」の良さ。「Xperia 1」は「DxOMark」において歴代最高の「119」を獲得かも。」をご参照下さい。

そんな中、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 1」は「DxOMark」において高評価を獲得するために以下のような投稿がされていることが判明しました。

RAW Noise Reduction is an awesome addiction, it might make the phone get 119 for the photo score. But after that, you mentioned “the only place where the phone lacks is dynamic range” could make the point reduced by 15 because it is more crucial than noise reduction. Let alone doing great in zoom and bokeh, they can’t even get the dynamic range right. Don’t expect that high of a score, especially when you know DxOMark won’t give a high score to a company that doesn’t pay them. It is an irrelevant site now, at least to me.

「Xperia 1」で初めて採用された保存方式である「RAW」によって、「ノイズ」がかなり減少することからも、「DxOMak」において「119」を獲得する可能性は十分に考えられる。ただ、「HDR」が上手く機能しなかった場合は、大きく評価が下がる可能性があるとしています。

そして「HDR」に関しては、「Xperia 1」においても懸念を払拭することができないとしています。つまり、あまり高スコアを期待するべきではないとしています。つまり「Xperia 1」の「カメラ」の命運は「HDR」次第であると判断することができます。

もちろん「DxOMark」における評価は絶対的ではありません。現に先日には「Xperia XZ3」のほうが高評価を獲得している「Huawei Mate20 Pro」や「OnePlus 7 Pro」より素晴らしい写真を撮影することに成功していることが確認されています。とはいえ「カメラ」に絶対的な自信を持つ「Huawei」は最新機種の発表時に「DxOMark」における「スコア」を発表することで、「カメラ」の素晴らしさをよりアピールしていることを考えると、一つの指標として重要であると判断することができます。

実際に使ってみても、明らかに「Xperia 1」の「カメラ」は進化しています。だからこそ、事前情報通り同サイトにおいて最高評価となる「119」を獲得し、「カメラ」として「Xperia」に復活してほしいところですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG