「4K」と「消費電力」はより最適化へ。「Xperia 1」の「4K OLED」は市場最高の「ディスプレイ」の評価を獲得に。

「Xperia」としてはもちろん、「世界初」である「Xperia 1」の「4K OLED HDR」ですが、先日参加した「Xperiaブロガーミーティング」においても、やはり「世界初」に拘ったことを明言しており、さらに先日には「SONY」は「Xperia」の歴史に新たな「世界初」が追加されたことを大々的にアピールしています。詳細は「「Xperia 1」の「4K OLED」で新たに追加された歴史。歴代「Xperia」の「革新性」を「SONY」が猛烈アピール。」をご参照下さい。

また実際に「イギリス」の大手サイトである「Clove」において「Xperia 1」を購入しましたが、やはり「4K OLED」は「Xperia XZ2 premium」と比較してもその差は歴然です。詳細は「[レビュー]同じ「パープル」でも質感が全然違う。「Xperia 1」と「Xperia Ace」が同じ日に届いたので開封してみた。」をご参照下さい。

ただこの「ディスプレイ」に関して、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、気になるが投稿されていることが判明しました。

【简单谈谈 Xperia 1 的屏幕体验】(详细体验还在写)
我拿到 Xperia 1 没有比你们早多少,但确实是因为要出一些内容所以在发布会前拿到了,工程机只能从一些稳定的功能来说体验,然而我发现工程机的屏幕不论是观感还是体验,和我入手的零售版都有很多不同,具体如下:

早期工程版的机器屏幕亮度确实不够高,并且 HDR 显示效果很一般,别说不如 XZ3,连一加 6T 的亮度都不到。而零售版的 Xperia 1 这块屏幕是改了硬件,从亮度、色彩角度说 Xperia 1 是手机 OLED 屏幕中第二,我认为没有人敢说是第一。

它可能是你现在能看到的最好的 OLED 手机屏幕,更别说它是一块完整的方形小圆角屏了。

大师模式没有适配国内视频应用,你需要自己开,但我觉得目前国内视频应用平台的质量都很差,而且很多 HDR 都是调过的,就算开了大师模式都救不回来。还是看自己下载的片源比较爽。

有人说最大亮度不如 XZ3 的问题,对,确实不如 XZ3,不过在室外阳光充足的环境下会激发爆亮模式,让你看清楚看清晰完全没问题。

这块屏幕是 4K 渲染,但不是全时 4K 渲染,具体是否 4K 取决与你屏幕当前显示的内容精细度,所以 4K 分辨率耗电这一点完全是多虑,索尼这是做到了第 4 台 4K Xperia 手机,搞定这个有充足的经验。

少なくとも投稿した人物は「開発機」と「製品版」を比較した感想を投稿しており、「開発機」に関しては「輝度」が十分に足りなかった。そして特徴の一つでもある「HDR」に関しても「標準的」なものに過ぎなかったとしています。ただ「製品版」に関しては、「ハード」のレベルで変更が施されており、「明るさ」そして「色合い」に関してかなり改善していることを確認することができます。

少なくとも「Xperia 1」の「製品版」は今経験することができる市場最高の「有機ELディスプレイ」を搭載していることに違いはないとしています。

残念なことに「中国」国内において、「マスターモード」は「ビデオ」アプリに対応しておらず、さらに「中国」国内の「ビデオプラットフォーム」の品質は非常に悪いため、「中国」国内だと「マスターモード」をマックスで楽しむことはできないとしています。「中国」国内では「Hulu」や「Netflix」に対応していないことからも、逆に考えれば、「Netflix」や「Hulu」など、つまり「日本」国内の「ビデオプラットフォーム」では「マスターモード」を十分に体験できる可能性が高いと判断することができます。

まだ最大「輝度」に関しては、「Xperia XZ3」より暗いと悲観的に捉える人もいますが、日当たりのいい屋外においては「バスターモード」の効果によって、むしろ「Xperia XZ3」よりかなりはっきりと明るく「ディスプレイ」を見ることができるとしています。

そして最後に「Xperia 1」は「4K」に対応しているが、常に「4K」に対応しているわけではない。「4K」は電池持ちにかなり影響を与えるが、「SONY」が「Xperia Z5 premium」以降の「premium」モデルの経験によって、「Xperia 1」は、「4K」と「電池持ち」においてより最適化されているとしています。

少なくとも今回の投稿をまとめると「Xperia 1」の「有機ELディスプレイ」は市場最高であり、「開発機」と比較しても、「ハード」そして「ソフト」の面で「カメラ」だけではなく「ディスプレイ」においても「進化」している。さらに「電池持ち」はより最適化されていることからも、決してそこまできにする必要性はないとしています。

かなりべた褒めなような気がしますが、「Xperia 1」はそれだけ「SONY」の本気を垣間見ることができると判断することができます。「Etoren」でも「SIMフリー」モデルが発売し、国内モデルに関しては「6月14日」から発売を開始することがほぼ確定しています。詳細は「「au」が正式発表。「Xperia 1」は「6月14日」に「3キャリア」同時発売で確定で間違いないでしょう。」をご参照下さい。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG