ちょっと「au」ユーザーが羨ましい。「Xperia 1」の「グレー」の高精細な画像を見たら物欲がかなり刺激される。

すでに「イギリス」では発売を開始し、「6月6日」より「中国」で発売を開始する「Xperia 1」ですが、少なくとも評判はかなり良く、「中国」においては「予約」開始時点でアクセスが殺到し、サーバーダウンが発生しかけていることが判明しており、さらに「予約」開始僅か「6時間」で「完売」するなど、「中国」での「初回在庫」がどれだけあるか判然としませんが、かなり注目度が高いと判断することができます。

詳細は「過去最高の人気かも。「Xperia 1」の予約開始でサーバーダウン直前までアクセスが殺到に。」と「僅か「6時間」足らずで「Xperia 1」は初期在庫が早くも「完売」に。そして「発売日」が人気の影響で「延期」に。」をご参照下さい。

一方「イギリス」において「5月30日」より発売を開始している「Xperia 1」ですが、大手サイトである「Clove」においては、扱っているモデルが「Single SIM」モデルだからなのか、それともかなりの在庫を確保しているからなのか判然としませんが、在庫状況は安定していますが、一方で「イギリス」の「Amazon」において特に「Dual SIM」モデルが最大で「2ヶ月」待ちとかなり不安定な状況になっていることを確認することができます。

一方で実際に自分自身「Clove」で「Xperia 1」を購入し、さらに先日には「Xperia Ace」と同じ日に手元に届いたので簡単に「開封」レビューをまとめたので詳細は「1分1秒でも早く入手するために。「Xperia 1」を「Clove」で購入してみた。」と「[レビュー]同じ「パープル」でも質感が全然違う。「Xperia 1」と「Xperia Ace」が同じ日に届いたので開封してみた。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手サイトであるWeiboにおいて、「Xperia 1」の「グレー」モデルの超高精細な画像が多数公開されており、すでに「パープル」を持っていますが、かなり物欲が刺激されるので簡単にまとめたいと思います。



「グレー」に物欲が刺激される。

さて今回投稿されていた「Xperia 1」の「グレーモデル」の画像が上記の画像になります。やはり写真の撮り方ってかなり重要ですよね。実際にユーザーは「現実的」な面を確認したと傍、物欲が刺激されるのは、「非現実」的な写真ですよね。今回公開された画像もかなり編集されていると思いますが、一枚ずつ確認していきたいと思います。

「背面」を撮影した画像になります。実際先日実機をみた感じだと「グレー」もかなり光沢がある印象でしたが、こうやってみるとそこまで「光沢」があるように見えないから騙されますよね。

「トリプルレンズカメラ」をアップにして撮影した画像になります。

前評判でも「グレー」が一番人気が高いですが、やはりそのポイントは「シルバー」のサイドフレームです。「ブラック」「ホワイト」「パープル」は「本体カラー」と「サイドフレーム」のカラーが一緒ですが、「グレー」だけはなぜか違います。ただこれが逆にアクセントとなっており非常に魅力的に見えます。

次に「指紋認証」を撮影した画像になります。この画像をみるまで気づかなかったのですが、「本体カラー」によって「指紋認証」のカラーが異なります。「ブラック」と「パープル」は「指紋認証」のカラーが「ブラック」となっており、「ホワイト」と「グレー」は「シルバー」となっています。「Xperia XZ premium」の時もこんな感じの配慮がありましたよね。

ちなみに「上記」の画像は「パープル」の側面を撮影した画像になります。「指紋認証」が「ブラック」であることを確認できますよね。

そして「Cinema Pro」を起動しているときの写真になります。ちなみに先日の情報からも「アスペクト比21:9」での写真を撮影したい場合は「Cinema Pro」で撮影する必要性があり、さらに先日には「SONY」が「Cinema Pro」をアピールした「プロモーション動画」を公開しています。詳細は「「Xperia 1」の「カメラ」を使いこなすには。「Cinema Pro」が重要みたいだね。」と「こんなの見たら誰だって「Xperia 1」が欲しくなる。「Cinema Pro」+「ハイブリット手ぶれ補正」の組み合わせは最強。」をご参照下さい。

少なくとも国内での「キャリアモデル」に関しては、「グレー」を扱うのは「au」のみとなっており、毎回ほぼ全色扱ってきた「DoCoMo」に関しては「ブラック」と「パープル」の「2色」展開となっています。なのでこんな画像を見てしまうと「au」ユーザーの人がちょっと羨ましくなります。一方で先行で発売を開始している「イギリス」において、「Clove」や「Amazon」ではななぜか「2色」展開となっています。

一方で執筆時点では「Etoren」において「Xperia 1」の製品ページは存在していませんが、「Expnasys」においては、「4色」扱うこと。そして本体価格も判明しており、おそらく「Etoren」も「4色」扱う可能性が高いと判断することができます。

「香港」での発売が「6月11日」になると予測されていることからも、発売はもう少し先になりますが、特に「グレー」や「ホワイト」などがいい人は「SIMフリー」モデルの購入もありだと思います。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG