「iPhone XS」より快適に?「Xperia 1」は豊富なジェスチャー操作に対応へ。

いよいよ「イギリス」の「Amazon」や「Clove」で「5月30日」より「発売」を開始した「Xperia 1」ですが、「ヨーロッパ」地域では「6月上旬」より順次発売を開始することが判明しており、さらに「中国」では「6月6日」より。そして「香港」では「6月11日」より発売を開始することが判明しており、日本でも問題がなければ「6月14日」より発売を開始する可能性が高いと予測されています。

詳細は「いよいよ「入荷」&「発売」開始に。「Xperia 1」は最速「出荷」で「5月30日」より開始。」と「「中国」では延期なく発売へ。「Xperia 1」は「5月28日」予約開始で「6月6日」に発売を開始に。」と「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」をご参照下さい。

一方で、「イギリス」の「Amazon」においては、すでに「Xperia 1」が「在庫切れ」になっていることが判明しており、さらに「中国」においても予約を開始した途端に「アクセス」が集中し、「サーバーダウン」の手前までアクセスが集中したとされており、さらに「中国」でも「Xperia 1」が予約開始僅か「6時間」程度で「完売」していることが判明しています。

詳細は「世界中で大ヒットに?「Xperia 1」がいよいよ発売開始に。だけど早くも「Amazon」で「完売」したかも。」と「僅か「6時間」足らずで「Xperia 1」は初期在庫が早くも「完売」に。そして「発売日」が人気の影響で「延期」に。」と「過去最高の人気かも。「Xperia 1」の予約開始でサーバーダウン直前までアクセスが殺到に。」をご参照下さい。

一方で先日には「イギリス」の「Amazon」でも発売を開始したことが判明していますが、「Amazon」では「Dual SIM」モデルと「Single SIM」モデルの両方を扱っている中、「Dual SIM」モデルに関しては、早くも最大で「2ヶ月待ち」に。「SingleSIM」モデルは、最大で「1ヶ月」待ちの状態となっていることが判明しており、かなり「Xperia 1」の反響が高いことを確認することができます。詳細は「欲しい人は確実に予約をしておいたほうがいいかも。「Xperia 1」が早くも「2ヶ月待ち」に。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」は「ジェスチャー」操作をかなりカスタマイズすることができると投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ジェスチャー操作」に対応。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

是有手势操作的,左右两边都有传感器,滑动就能实现返回操作,底部操作也可以选择三大金刚或是

さて今回の投稿によると、「ジェスチャー」操作に多彩に対応しているとしており、左右の両側に「センサー」が搭載されており、さらに「スライド」で「戻る」の操作をすることができるとしています。また従来の「ホームボタン」のように「ディスプレイ」下部に固定で表示することも可能だとしています。あんまりはっきり覚えていなくて申し訳ないのですが、「Xperia 10 Plus」の時は、ここまで細かく設定することができなかったような気がします。詳細は「「アスペクト比21:9」を気に入れば最高。「Xperia 10 Plus」を実際に購入して使って見て気になることをまとめてみた。」をご参照下さい。

少なくとも「iPhone X」や「Huawei Mate20 Pro」、さらに「Galaxy S10+」など独自UIを採用している機種は、すでに「ジェスチャー機能」に対応しており、これらの機種に慣れてしまっている人からすれば、「Xperia 1」が「ジェスチャー機能」に対応しているのはありがたいですよね。ちなみに「Android」ベースで「ジェスチャー機能」に対応するのは、「Android Q」からだとされています。

また同氏は以下のような投稿もしています。

边框手势操作可以自定义这么多选项,丰富程度堪比某些流体手势

この投稿によると、「Xperia 1」は「ボタンジェスチャー」において、非常に多くの「オプション」が用意されており、ユーザーが任意で「カスタマイズ」できるとしています。翻訳が間違っていたら申し訳ないのですが、「 サイドメニューを開く」「マルチウィンドウメニューを開く」「メイン画面に戻る」「通知パネルを開く」「片手モードを有効にする」「最後に使用したアプリケーションを開く」「最後に使用したアプリケーションを操作なしで開く」などの設定が可能であるとしています。

なのでユーザーごとに任意で、自由にジェスチャー機能を設定することができますよね。「アスペクト比21:9」を採用することで、横幅がかなり抑えられていることもあり、だからこそ、「ジェスチャー」操作を組み合わせることで、より片手操作がストレスなく使うことが可能だと判断することができます。少なくとも海外ではかなり反響が高い「Xperia 1」ですが、日本ではどのような反響になるのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG