「MWC2020」で「Xperia F」と同時発表も?SONYは「透過」を採用した「両面ディスプレイ」の「Xperia」を開発に?

「MWC2019」では「5G」に対応した「Xperia」の「プロトタイプ」が展示されていたことが判明していますが、一部情報によれば、先日には「CAD」を基に作成されたレンダリング画像が早くも公開されて、「トリプルレンズカメラ」に「6.2インチ」の「有機ELディスプレイ」を搭載すると予測されている「Xperia 2」ですが、この「Xperia 2」には「5G」に対応した特別モデルが存在している可能性があると予測されています。

詳細は「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」と「「モバイル部門」復活のための第1歩。「Xperia 2」には「5G」に対応した「premium」モデルが存在しているかも。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「MWC2020」では「Xperia 1」の後継機種が発表されると予測されており、「5G」に対応することはもちろん「Xperia 1」ではその「アスペクト比」に対して、「画素密度」からも完全に「4K」に対応していない状況の中、この「Xperia 1」の後継機種は、完全に「4K」に対応している可能性が高く、「5K」対応モデルとして正式に発表される可能性があると予測されています。

詳細は「「Xperia 1」を購入することすら躊躇ってしまう。「Xperia 1」の後継機種は「5G」+「5K」に対応しており「MWC2020」で正式に発表かも。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「SONY」は「Huawei」や「Samsung」のように「折りたたみ式」を採用した「Xperia F」を開発している可能性が高いと予測されており、「MWC2020」で正式に発表する可能性が高いと予測されています。その具体的なスペックは判然としないながらも、少なくとも「縦折り」の形状を採用している可能性が高いと予測されており、もちろん「有機ELディスプレイ」を採用し、そのサプライヤーは「Samsung」になる可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Xperia 1」は序章にすぎず。「MWC2020」には「5G」に対応した「Xperia F」と「Xperia 2」を正式に発表へ。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるRedditにおいて、「SONY」の申請していた特許技術からも、「Xperia」には「両面」ディスプレイを搭載する可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「透過」ディスプレイを搭載に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Sony: hold my sake

Let’s see how Japanese innovation will do it based on a patent they had filed that it could be transparent.

“The patent describes a smartphone with two displays, one at the front and one at the rear. The first display includes a plurality of light emitting elements. The second display includes a plurality of light control elements, each performing light control for control of transmission or reflection of incident light. As a result, the patented Sony smartphone features a dual-sided transparent display.”

あくまでも「SONY」が申請している「特許」になりますが、この特許において、「フロント」部分と「背面」のそれぞれ「ディスプレイ」を搭載している。「フロント」部分に関しては複数の「発光素子」を含み、「背面」のディスプレイに関しては、複数の「光制御素子」を含んでいるとしています。

その上で、それぞれの「ディスプレイ」が「透過」制御用の調光を行うとしています。つまり「SONY」の「Xperia」は両面に「透過ディスプレイ」が搭載されているとしています。ただこの「透過ディスプレイ」を搭載した「Xperia」の存在はだいぶ前から噂されてきており、いまだに実現していません。少なくとも一部情報においては、「2020年」に実用化される可能性があるとしています。

そして「2020年」にもう一つ実用化される可能性が高いと予測されている新技術が「折りたたみ式」だとされています。つまり先日の情報通り「MWC2020」で「折りたたみ式」を採用した「Xperia F」が本当に発表されれば、この「透過ディスプレイ」を搭載した「Xperia」が実現する可能性も十分にあると判断することができます。

ただ「透過」ディスプレイを採用する上で、本体の「耐久性」や、「内部構造」の見直し。そして「本体価格」など、乗り越えなければいけない「ハードル」はかなりあると判断することができます。そもそも「透過ディスプレイ」を採用することで、どのようなメリットがあるのかも判然としません。「両面」に「ディスプレイ」を搭載するだけであれば、「透過ディスプレイ」をわざわざ採用する必要性はありません。

ただ少なくともプロダクトとして、「透過ディスプレイ」は夢がありますよね。「折りたたみ式」だとどうしても後追い感が否めませんが、「透過ディスプレイ」であればパイオニア的な存在になれます。「4K OLED」に「透過ディスプレイ」と、SONYらしく破天荒な技術をぜひ「Xperia」に搭載してほしいですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG