「Huawei Mate30」シリーズでは乗り切ることは不可能?「Huawei」のデットラインは「年末」に。

「米中貿易摩擦」の影響からも、「huawei」は「アメリカ」の「経済制裁」の対象となっており、少なくとも今後「3ヶ月」と猶予期間があるものの、今後「Huawei」は「アメリカ」に関連した企業や技術と取引することが不可能になり、「スマートフォン」の根底を成している「Android OS」はもちろん「SDカード」などに、さらには「Kirin」チップすら今後製造することが困難である可能性が高いと予測されています。

詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」と「「Huawei P30 Pro」に搭載されている「Kirin980」にも制裁へ。「Huawei」の「スマートフォン」は終焉か?」をご参照下さい。

一方で「日本」国内でも発売予定だった「Huawei P30」シリーズですが、「au」は「Huawei P30 Lite」を。「DoCoMo」は「Huawei P30 Pro」を「キャリアモデル」を発売する予定でしたが、実質「発売延期」の状態になり、さらに「Huawei P30 Lite」と「huawei P30」の「SIMフリー」モデルを販売する予定だった「Amazon」や家電量販店の一部が「販売」を中止したことも判明しています。

詳細は「「公式発表」とは裏腹に。「Huawei P30」はもちろん「Huawei」製品が「Amazon」で発売中止に。」と「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

一方で「Huawei」を嫌悪する流れは海外でも発生しており、一部地域では、「Huawei」製品の下取りが大幅に増加しており、他社の機種への乗り換えが進んでいると同時に、「Huawei」製品の「売上」も大幅に減少していることが判明しており、このまま「経済制裁」が継続するようであれば「2019年度」は前年対比で「25%」程度出荷台数が減少する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Huawei P30 Pro」など商品力の問題ではない。「下取り」が大幅に増加し「売上」が大幅に減少へ。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Huawei」は「アメリカ」の「経済制裁」からの対抗策の一つとして、「Kirin」チップの貯蓄を開始していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



パーツの貯蓄を開始に。

さて今回の情報によると、「Huawei」は「経済制裁」の影響で、「アメリカ」企業から「部品」などの取引をできるなくなることを見込んで、約「1年分」の「特定」の「部品」の在庫を始めていることが判明したとしています。少なくとも「Entity List」が実行されるまで「3ヶ月」の猶予期間があります。この間に最大限準備できることをしっかりと進めていると判断することができます。

そしてこの「猶予期間」が終了してしまうと、「アメリカ」の企業と取引をする場合は、「アメリカ」政府からの承認が必要になります。単純に考えれば、「Entity List」にリストアップされていることを考えれば、「アメリカ」政府から承認が出ることは考えにくいと判断することができます。一方で「Huawei」にとって一番厳しい問題なのは「CPU」などの「チップ」関連です。

少なくともすでに「Qualcomm」「Intel」「Xilinx」「Qorvo」「ARM Holdings」などは「Huawei」との取引を中止していることが判明しています。ちなみに「CLSA」によると、「Huawei」との取引が中止になった場合、「CPU」などの業界に与える影響は、この「四半期」において約「4%」の売上減少になるとしています。ただ「Huawei」は「在庫」を増やすことを決定したこともあり、この「四半期」において、収益が「8%」増加の特需が発生すると予測しています。

ただ今後の見通しをすることは非常に困難だともしています。まず「経済制裁」がいつまで継続するか判然としないこと。少なくとも「トランプ大統領」は「米中貿易」において、「アメリカ」が有利に運ぶように、最後の切り札として「Huawei」を使用する可能性があるとしています。つまり「米中貿易」の問題がひと段落しない限り、この「経済制裁」は継続する可能性があると考えることができます。

また仮に「年末」までこの「経済制裁」が継続されて場合は、重要な「コンポーネント」を「Huawei」は使い果たす可能性があるとしており、いよいよ機種を出荷することが難しくなる可能性があるとしています。「huawei」は昨年でみれば、「3分の2」以上の部品は「アメリカ」などに依存しているとしています。つまりいくら内製化しているとはいえ、最初から最後まで作り上げるにはほぼ不可能な状態にあると判断することができます。

また先日には「独自OS」をこの「秋」もしくは来年の春までに発表するとしており、早ければ「Huawei Mate30」シリーズから搭載される可能性が高いと予測されています。詳細は「「Google」と密接な協力体制で開発?「Huawei Mate30 Pro」に搭載されるのは初となる「Huawei」独自「OS」に。」をご参照下さい。少なくとも「Huawei」は準備ができていると発言していますが、「CLSA」によれば、なぜ準備ができているのに、今搭載していないのか。本当は全く準備ができていないのではないかと。疑問を投げかけています。

やはり「Huawei」の一連の流れを確認する限り、今後はベンダーごとの一つの課題として「内製化」だと判断することができます。少なくとも「アメリカ」の大統領の独断と偏見で、「ユーザー」に大きな影響を与えることからも、「アメリカ」への依存を減らすことが今後の鍵だと判断することができます。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG