「DoCoMo」の夏モデルが発売開始に。そして早くも「Galaxy S10+」は品切れで一番人気に?

「5月16日」に正式発表された「DoCoMo」の「夏モデル」ですが、「DoCoMo」の新料金プラン。つまり「分離プラン」に移行して初となる「新機種」になります。なので「既存」で「月々サポート」を契約している人は、機種変更しない限り「期間」が終了するまでは継続しますが、今後機種変更される場合は、「月々サポート」は一切適用されないことになります。

一方で「DoCoMo」は新料金プランに合わせて、「スマホおかえしプログラム」を開始し、さらに「分割」を従来の「12回/24回」に加え、「36回」を追加していますが、「スマホおかえしプログラム」は簡単に言ってしまえば、「端末」の返却を前提としているため、「スマホ」の「レンタル」サービスとなっており、さらに「36回」の分割払いで、月々の表面的な端末の分割料金は安くなりますが、従来と比較すると、端末代が払っている期間が長くなっているだけなので、そこまでお得なサービスであるとは言い切れない状況にあります。

一方で「DoCoMo」の夏モデルにおいて、「DoCoMo」が「au」と「SoftBank」と比較して最大限努力したと考えることができるのが「本体価格」になります。少なくとも「分離プラン」に移行したことで、「端末」に対する割引をすることは不可能となりますが、一方で「端末価格」を安くすることで、ユーザーの実質負担を下げています。従来の流れであれば、「キャリアモデル」より「SIMフリーモデル」のほうが、発売時期が異なることからも、安い場合が多いです。

ただ「Galaxy S10」や「Galaxy S10+」は値下がりが開始している「SIMフリー」モデルと同等の価格設定になっており、さらに「Xperia 1」に関しては「予約特典」はちょっと海外と比較すると寂しいですが、「本体価格」は「グローバル市場」の中でも安く、非常に「キャリアモデル」が魅力的な選択肢となっています。詳細は「「DoCoMo」が利益を削ってまで「本体価格」を安く。「Xperia 1」など「夏モデル」と「SIMフリー」モデルの価格を比較してみた。」をご参照下さい。

さて今回いよいよ「発売」が開始した「DoCoMo」の「夏モデル」ですが、「Galaxy S10+」に関しては、すでに「在庫切れ」になっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Galaxy S10+」が完売に。

いよいよ「DoCoMo」の夏モデルが発売を開始しましたが、「6月1日」より発売が開始になったのは「Galaxy S10」「Galaxy S10+」「AQUOS R3」「Xperia Ace」と基本「ハイエンドモデル」の発売がメインとなっています。そして上記の画像が執筆時点での「Galaxy S10+」の製品ページになります。すでに「在庫なし」となっていることからも、「予約」時点で完売したと判断することができます。

ちなみに「DoCoMoオンラインショップ」で予約しているユーザーは「6月1日」の「10時」以降に「入荷」のメールが来ているはずなので、もし届いていない人は、初期在庫を確保することに失敗したと判断することができます。海外でも「Galaxy S10」シリーズの中では「Galaxy S10+」が圧倒的に支持を獲得しており、販売台数の約半分は「Galaxy S10+」であることが判明しています。詳細は「絶望的な人気の偏り。「Galaxy S10e」は「Galaxy S10+」の10分の1程度しか売れていないみたい。」をご参照下さい。

ただ「DoCoMo」の「Galaxy S10+」の残念なところは、「Prism Black」の「1色」展開であることです。少なくとも「SIMフリー」モデルであれば「Prism Green」「Prism Blue」「Flamingo Pink」「Prism White」「Ceramic White」「Ceramic Black」そして「Cardinal Red」と「Black」を含めて「8色」展開なのにその内の「1色」というのは悲しいですよね。

ただまだ救いなのが、「RAM8GB/ROM128GB」となっていることからも、「SIMフリー」モデルと同じ仕様になっており、「Huawei P30 Pro」や「Xperia 1」のように劣化モデルにはなっていません。詳細は「「Xperia 1」も「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」の夏モデルの一部機種はしれっと劣化モデルに。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy S10+」と同時に発売を開始した「Galaxy S10」「AQUOS R3」「Xperia Ace」に関しては、「全色」在庫ありの状態になっています。もちろん「オンラインショップ」のほうで確保していた初期在庫は判然としませんが、少なくとも表面的に見れば、「6月1日」に発売を開始した機種の中では「Galaxy S10+」が一番注目が高かったと判断することができます。

それこそ、先日の情報からも「6月14日」に発売を開始すると予測されている「Xperia 1」との一騎打ちになりそうですよね。詳細は「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」をご参照下さい。例年通りであれば、「iPhone」は「9月」に最新機種が発表されることからも、「Android」が年間で最もこの時期に売れるとされています。

ただ今年は「消費税10%」や「分離プラン」への移行に伴い「iPhone」がどれだけ売れるのか判然としませんが。今年の「夏モデル」はどれが一番売れるのか非常に楽しみですよね。そろそろ「ランキング」の上位が「iPhone 8」というのは見飽きましたよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG