「Xperia 1」の開封画像が公開に。ただ「最終確定版」ではない。けど「ソフト」も完成度は非常に高い。

当初の予定においては、「台湾」では「5月28日」に。「香港」では「5月31日」に。そして「中国」では「6月1日」に発売が開始すると予測されていた「Xperia 1」ですが、「カメラソフト」の開発の影響からも、「発売延期」が決定してしまい、「香港」では「6月11日」に。そして「台湾」では「6月中旬」に。また「中国」では「6月6日」に発売を開始することが判明しています。

詳細は「「Xperia 1」の「発売延期」の原因は「カメラ」に。ただ予定より発売が早まる可能性も。」と「「予約」開始も「発売日」も延期へ。「Xperia 1」の「SIMフリー」モデルの発売日はさらに遅れて「6月11日」に。」をご参照下さい。

一方で地域によって「カメラソフト」の開発に差があるのか、「日本」国内では「6月14日」に発売が開始する可能性が高いと予測されている中、「6月下旬」から「7月上旬」に発売が大きくずれ込んだ可能性があるとされており、一方で、「イギリス」に関しては、少なくとも「Clove」や「Amazon」においては、世界最速となる「5月30日」より出荷が開始することが判明しています。

詳細は「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」と「「SIMフリー」モデルの発売の遅れは「キャリアモデル」にも影響に。「Xperia 1」の国内販売は「7月上旬」まで延期かも。」と「いよいよ「入荷」&「発売」開始に。「Xperia 1」は最速「出荷」で「5月30日」より開始。」をご参照下さい。

一方で発売日が近づいてきたこともあり、「YouTube」などでは、早くも「Xperia 1」の開封動画が公開されており、さらに先日には「中国」の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」の「開封画像」が投稿されていることが判明しており、「Xperia 1」は「Xperia」として初となる「専用ケース」が同梱されていることが判明しています。詳細は「初の「専用ケース」が同梱に。「Xperia 1」の「SIMフリー」モデルの同梱品はますます「キャリアモデル」より充実へ。」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、「Xperia 1」の開封画像が投稿されており、「Xperia 1」は「ソフト」的にやはり「完成」していないことが判明したと投稿しているので簡単にまとめたいと思います。



「開封画像」が公開に。

さて今回公開された「Xperia 1」の「開封画像」が上記の画像になります。今回も前回と同様に、本体カラーは「パープル」となっています。

付属品を撮影した画像。

ちなみに「充電器」は「18W」。「Xperia」自体がそもそも充電速度にそこまでこだわっているわけではありませんが、「Huawei P30 Pro」や「Galaxy S10+」は「ワイヤレス充電」でも「20W」に対応しています。有線であれば「40W」になります。正直「バッテリー」容量が大きくないため、そこまでの急速充電にこだわる必要性はないのかもしれませんが、もうちょっと充電速度が速いと嬉しいですよね。

またいまだに「ワイヤレス充電」が廃止になった理由は判然としない状況にあります。少なくとも「トリプルレンズカメラ」を「垂直型」に搭載したことからも、「内部スペース」が十分に確保できず、「廃止」になったと予測することができます。ちなみに今年の後半に登場すると予測されている次期「Xperia 2」は「ワイヤレス充電」に対応している可能性が高いと予測されています。詳細は「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」をご参照下さい。

もちろん「専用ケース」も同梱されていることを確認することができます。ちなみに「Clove」においての「Xperia 1」の製品ページにおいて、「専用ケース」の記述がないので、もしかしたら、「専用ケース」が同梱されているのは、「アジア圏」で発売される「Xperia 1」のみかもしれません。先日には「Clove」で実際に購入したので、届き次第確認したいと思います。詳細は「1分1秒でも早く入手するために。「Xperia 1」を「Clove」で購入してみた。」をご参照下さい。

「本体」はこんな感じです。室内の明るさや見る角度によって、「パープル」は「パープル」でもかなり雰囲気が変わります。正直明るいところでみると、変に明るく見え安っぽい印象を受けます。

ちなみに暗いところでみるとこんな感じになります。「ガラス」というよりは「アルミ」のような質感に見え、個人的にはこっちのほうがカッコよく見えます。

そして同サイトは以下のように報告しています。

不過同時還是要特別強調的是,這次 Sony 提供的媒體測試的機種軟體版本應該不會是最終版,在接近上市之前應該還會再更新一次,不過在功能以及穩定度上都相當成熟了,我們接下來也會用這台手機帶給大家更多的測試內容,敬請大家期待囉~

ただ「ソフト」に関しては、「最終バージョン」ではなく、正式に発売する前にもう一度更新する必要があるとしています。ただ「機能」と「安定性」の面では非常に完成度が高いとしています。今回のモデルはあくまでも「台湾」モデルで、「ソフト」の完成がまだだからこそ、先日の情報からも発売が「5月28日」から延期されたとしています。ただ「カメラソフト」が原因だとされているので、それ以外に関しては、完成形と同一だと考えることができます。

少なくとも今回の元記事を確認する限りでは、「Xperia 1」の挙動には全く問題なさそうですね。やはり「snapdragon855」を搭載していることもありますが、それ以上に「SONY」が最適化していると判断することができます。「アジア圏」での発売がたのしみですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG