「LINE」では必要不可欠な「3Dタッチ」が「iPhone XI」では廃止に。ただ「Touch ID」復活への布石に。

先日の情報からも、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」そして「iPhone XR2」の「CAD」を元に作成されたレンダリング画像が公開されており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」が。「iPhone XR2」に関しては「デュアルレンズカメラ」が大きな特徴になると予測されています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

ただ「iPhone XI」シリーズに関しては、今トレンドの「TOFセンサー」は搭載される可能性が低く、「広角レンズ」が追加される可能性が高いとされており、一方で「iPhone XR2」に関しては、コストカットのために、「iPhone XS」シリーズに搭載されている「デュアルレンズカメラ」をそのまま使う可能性があるとも予測されています。

とはいえ、「カメラ」の進化が大きな特徴になると予測されている「iPhone XI」シリーズと「iPhone XR2」ですが、一方で、「iPhone XR2」に関しては、「液晶」を搭載した最後の「iPhone」になる可能性が高いと予測されており、少なくとも「2020年」に登場する次期「iPhone」は「有機ELディスプレイ」を搭載している可能性が高いと予測されています。つまり「本体価格」がさらに高騰する可能性があると判断することができます。

さらに「米中貿易摩擦」の影響として、「アメリカ」は「中国」製品の関税を「25%」に引き上げており、「中国」で生産されている「iPhone」に関しても影響が出る可能性が高く、現行の「iPhone」に関しては判然としませんが、少なくとも次期「iPhone XI」や「iPhone XR2」に関しては、平均で「14%」の値上げに繋がる可能性が高いと予測されており、ますます「iPhone」の高価格化が進むと判断することができます。

さて今回Phone Arenaによると、次期「iPhone XI」シリーズと「iPhone XR2」は「2020年」に登場する次期「iPhone」の布石にすぎないと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「2020年」への布石。

約「4年前」に正式発表された「iPhone 6s」シリーズで初めて搭載された「3Dタッチ」機能ですが、少なくとも日本では「LINE」で「既読」をつけずに、「内容」を確認することができることからも、ある意味非常に重宝された機能ではないでしょうか。そして昨年発売を開始した「iPhone XR」では削除されており、それを知らずに購入したユーザーの間では、「3Dタッチ」がないことが地味に話題になりました。

一方で今回の情報によると、先日の情報通り、「iPhone XI」や「iPhone XI Max」では「3Dタッチ」機能が削除される可能性が高いとしています。「iPhone XR」は搭載していませんでしたが、「iPhone XS」シリーズは搭載していたことからも、残念がる人が多いと考えることができます。もちろん「iPhone XR2」も「3Dタッチ」は搭載しないと判断することができます。

今回の情報では、Appleがなぜ「3Dタッチ」を「プレミアムモデル」から削除するのかは判然としないとしています。ただ少なくとも「2020年」に登場する次期「iPhone」では、「音響指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されており、この「指紋センサー」と「3Dタッチ」機能を両立させることが技術的に困難だからこそ削除する可能性があるとしています。

また「Apple」は「iPhone XI」シリーズには「iPhone XR」と同じく「感圧タッチ」を搭載する可能性が高いとしており、「3Dタッチ」を廃止することは、ユーザーに対して「感圧タッチ」に移行するための「準備期間」を設けるているともしています。最近の例で見れば、「iPhone 5s」で初めて搭載された「Touch ID」ですよね。「iPhone 7」シリーズでは、「ボタン式」でなくなり、「iPhone X」では完全に廃止の流れになりました。

このように段階的に新たな技術へ移行するための措置だと判断することができます。まあ個人的には「3Dタッチ」を全く使わない人間なので今回の情報のように「音響指紋センサー」を搭載するための弊害だとすれば、「3Dタッチ」が廃止されることに賛成です。「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載している機種は徐々に増えてきていますが、「Galaxy S10」シリーズも「Huawei P30」シリーズも、指定された場所でしか「指紋認証」ができない仕様となっています。

ただ「Apple」が今開発している「音響指紋センサー」は「認証速度」や「認証精度」が大幅に解消されていることに加え、さらに「ディスプレイ」全体で「認証」することが可能であると予測されています。これは「Galaxy S10」や「Huawei Mate20 Pro」に搭載している「指紋認証」とは次元が異なります。だからこそ、「3Dタッチ」の廃止が、「音響指紋センサー」の搭載への布石だとするのであれば、喜んで受け入れたいと思ってしまいます。

少なくとも「Face ID」は他の機種と比較して「セキュリティ」は高いのかもしれませんが、「認証精度」や「認証速度」が高いとは思えません。特に「寝起き」など、「認証」にいちいち失敗するのが非常に面倒です。少なくとも「Touch ID」の時に感じなかったストレスの一つですよね。今回の情報が正しければ、今年登場する「iPhone XI」シリーズは、「2020年」の次期「iPhone」のための布石として、他の機能も何か削除される可能性もありそうですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG