「Huawei」が失墜する間には「Samsung」は「Galaxy S10」シリーズの販売を強化。「Huawei」機種の「下取り」金額を強化へ。

「米中貿易摩擦」の影響からも、「huawei」は「アメリカ」の「経済制裁」の対象となっており、少なくとも今後「3ヶ月」と猶予期間があるものの、今後「Huawei」は「アメリカ」に関連した企業や技術と取引することが不可能になり、「スマートフォン」の根底を成している「Android OS」はもちろん「SDカード」などに、さらには「Kirin」チップすら今後製造することが困難である可能性が高いと予測されています。

詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」と「「Huawei P30 Pro」に搭載されている「Kirin980」にも制裁へ。「Huawei」の「スマートフォン」は終焉か?」をご参照下さい。

一方で「日本」国内でも発売予定だった「Huawei P30」シリーズですが、「au」は「Huawei P30 Lite」を。「DoCoMo」は「Huawei P30 Pro」を「キャリアモデル」を発売する予定でしたが、実質「発売延期」の状態になり、さらに「Huawei P30 Lite」と「huawei P30」の「SIMフリー」モデルを販売する予定だった「Amazon」や家電量販店の一部が「販売」を中止したことも判明しています。

詳細は「「公式発表」とは裏腹に。「Huawei P30」はもちろん「Huawei」製品が「Amazon」で発売中止に。」と「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

一方で「Huawei」を嫌悪する流れは海外でも発生しており、一部地域では、「Huawei」製品の下取りが大幅に増加しており、他社の機種への乗り換えが進んでいると同時に、「Huawei」製品の「売上」も大幅に減少していることが判明しており、このまま「経済制裁」が継続するようであれば「2019年度」は前年対比で「25%」程度出荷台数が減少する可能性が高いと予測されています。詳細は「「Huawei P30 Pro」など商品力の問題ではない。「下取り」が大幅に増加し「売上」が大幅に減少へ。」をご参照下さい。

さて今回Blog of Mobileによると、「Samsung」が「Huawei」製品の「下取り」金額」を大幅に強化していることが判明したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「下取り金額」を強化に。

さて今回の情報によると、「Samsung」は「シンガポール」において、「Huawei」製品の下取り金額を強化したことが判明したとしています。「Samsung Asia」は「Samsung Trade Up」と、「Galaxy」シリーズの購入時において、現在使用している機種を「下取り」にすることができるプログラムを行なっており、この「プログラム」において、「Huawei」製品の下取り金額が強化されているとしています。

ちなみに「下取り」できる機種が限定されており、「Samsung」製・「Huawei」製、そして「iPhone」の一部だとされており、今回は「Huawei」製のみ強化されており、「下取り」金額が強化された機種をまとめると以下のようになります。

機種下取り金額日本円
Huawei Mate20545シンガポールドル約4万3000円
Huawei Mate20 Pro755シンガポールドル約6万円
Huawei Nova 3i300シンガポールドル約2万4000円

少なくとも従来の「下取り」価格より「200シンガポールドル」つまり日本円で約「1万6000円」程度の引き上げとなっており、かなり「下取り」金額が強化されていることを確認することができます。ただし、この「下取り」金額が反映されるのは「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」を購入した場合に反映されるとしています。

また今回の情報によると、「Samsung」は「Huawei」製品の対象機種の「下取り」金額を引き上げた理由は発表していないとしていますが、明らかに「Huawei」製品から「Samsung」製品への移行を促していると考えることができます。少なくとも「Huawei」に対して、今後どのような展開が待ち受けているのか判然としませんが、少なくとも「Huawei」製品から、「Xiaomi」など「中華製品」に乗り換えるのはリスクが高いと判断することができます。

だとすれば、特に「Android」に関しては、「Galaxy」シリーズが一番無難な選択肢であると判断することができます。「Samsung」もそうですが、それこそ「huawei」が失墜することによって、そのおこぼれを狙うベンダーは今後も増えると増加することができます。国内でも「SHARP」や「SONY」がいかに自社製品を購入してもらうことが重要になってきますよね。

ただ一方で「huawei」はすでに「対策」を講じているとしており、その一つは「独自OS」であり、先日の情報からも、だいぶ前から開発をしており、今年の「秋」から来年初頭には正式に発表することが可能だとしています。詳細は「「Google」と密接な協力体制で開発?「Huawei Mate30 Pro」に搭載されるのは初となる「Huawei」独自「OS」に。」をご参照下さい。

少なくとも、「Huawei」製品は今回の「経済制裁」を受けて、より「自社製品」の割合が高くなると判断することができます。ただ「アプリ」など「Google」など代わりがききそうでも「中国」国内では問題ないにしろ、「グローバル」モデルに関しては、なかなか難しいと判断することができます。いつまでも「経済制裁」が継続するのか非常に気になりますよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!