小型モデルの復活はまだまだ先。「iPhone SE」の後継機種は「2020年」に登場へ。

今年の後半には「iPhone XI」「iPhone XI Max」そして「iPhone XR2」が正式に発表される可能性が高いと予測されている中、先日の情報からも、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」は容量構成に応じて、「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いこと。そして「1200万画素」から「1400万画素」に強化される可能性が高いこと。

また「iPhone XI」に関しては「6.1インチ」に大型化し、さらに「iPhone XI Max」含めて、より「大型バッテリー」を搭載すると予測されていることからも、「iPhone X」シリーズ以降は正直微妙だった「電池持ち」も大幅に改善される可能性が高いと予測されています。詳細は「「電池持ち」がいい「iPhone」が復活に?「iPhone XI Max」は「4000mAh」の大型バッテリーを搭載に?」と「デザインの変化は乏しい。「iPhone XI」のスペックをまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」そして「iPhone XR2」の「CAD」を元に作成されたレンダリング画像が公開されており、「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」が。「iPhone XR2」に関しては「デュアルレンズカメラ」が大きな特徴になると予測されています。

詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」と「いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。」をご参照下さい。

ただ「iPhone XI」シリーズに関しては、今トレンドの「TOFセンサー」は搭載される可能性が低く、「広角レンズ」が追加される可能性が高いとされており、一方で「iPhone XR2」に関しては、コストカットのために、「iPhone XS」シリーズに搭載されている「デュアルレンズカメラ」をそのまま使う可能性があるとも予測されています。

さて今回Apple Insiderによると、待望されている「iPhone SE」の後継機種は「2020年」まで登場する可能性は低いと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



ラインナップがより複雑に。

さて今回の情報によると、「Apple」のサプライヤーの話として、「iPhone SE」の後継機種は早くても「2020年」に登場する可能性が高いと報告していることが判明したとしています。少なくとも「iPhone 8」と同一のスペックになる可能性が高いとしています。少なくとも「A11 Bionic」を搭載している可能性が高いと判断することができます。ただ今回の情報ではそれ以上の言及はなく、噂されているような「ベゼルレス」デザインに「Face ID」を搭載するのかも判然としない状況にあります。

一方で、一部情報によれば、「iPhone XR」や「iPhone XS」シリーズの販売不振の影響を受けて、「Apple」は廉価モデルである「iPhone 8」のマイナーアップデートモデルである「iPhone 8s」を開発している可能性があるとも予測されており、早ければ「2019年」に登場すると予測されています。少なくとも「iPhone」の高価格化の影響もあり、「iPhone8」や「iPhone X」など旧機種のほうが人気があると皮肉な状態になっていることが判明しています。

また今回の情報によると、「2019年」に登場する次期「iPhone」は事前情報通り「3モデル」構成になるとしており、「iPhone XS」シリーズと「iPhone XR」にそれぞれデザインが非常に似ているとしており、大きな変化は、冒頭でも記述しましたが「iPhone XI」シリーズは「トリプルレンズカメラ」で「iPhone XR2」は「デュアルレンズカメラ」を搭載することだとしています。

少なくとも次期「iPhone」は「ユーラシア経済委員会」でリストアップされていることが判明しており、さらに「7月」以降に増産を開始する可能性が高いとしています。また「iPhone XI」シリーズでは、「iPhone XR」と同様に「3Dタッチ」機能が廃止になると予測されており、「iPhone XR2」では「iPhone XR」より「RAM」が強化され「4GB」になる可能性が高いとしていますが、「iPhone XI」シリーズでは、「RAM4GB」以上に強化されるのか判然としない状況にあります。

そしてまだだいぶ先の話になりますが、少なくとも「2020年」に登場する「iPhone」は「5G」に対応するとしており、さらに「True Depthカメラ」が「メインカメラ」にも搭載される。つまり「TOFセンサー」が搭載され、さらに「音響指紋センサー」が搭載されることで、「Touch ID」が復活し、さらに「ディスプレイ」全体で認証が可能になる可能性が高いとしています。

「2020年」に登場する「iPhone」に関するデザインは判然としませんが、少なくとも「5G」や「音響指紋センサー」を搭載することを考えると、「ディスプレイサイズ」や「バッテリー」そして「ノッチ」デザインなどが大きく変更される可能性が高いと考えることができます。つまり「iPhone XI」シリーズではなく、その次の「iPhone」でフルモデルチェンジになると判断することができます。

少なくとも今年の「iPhone XI」シリーズは「ナンバリング」が変更になることからも、「フルモデルチェンジ」になるとの期待もありましたが、事前情報を確認する限りは「iPhone XS」シリーズと同様にマイナーアップデートモデルになる可能性が高そうですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG