「Xperia XZ premium」を超える存在に。「Xperia 1」は近年で最も売れる機種に。

「日本」では「DoCoMo」や「SoftBank」の販売店からの情報として「Xperia 1」は「DoCoMo」や「au」など「3キャリア」から同時に「6月14日」に発売を開始する可能性が高いと予測されていましたが、「6月下旬」から「7月上旬」に「発売」が延期された可能性があると予測されています。

詳細は「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」と「「SIMフリー」モデルの発売の遅れは「キャリアモデル」にも影響に。「Xperia 1」の国内販売は「7月上旬」まで延期かも。」をご参照下さい。

一方で「台湾」では「5月28日」より。「香港」では「5月31日」より。そして「中国」では「6月6日」より発売を開始する可能性が高いことが判明していましたが、先日の情報からも「香港」では「6月11日」に発売が延期されたことが判明しており、さらに「アジア圏」での発売日を揃えるために、「台湾」と「中国」でも発売が延期されることが判明しています。

詳細は「「予約」開始も「発売日」も延期へ。「Xperia 1」の「SIMフリー」モデルの発売日はさらに遅れて「6月11日」に。」をご参照下さい。この発売延期の原因は、以前より「カメラソフト」の開発の遅れとされていますが、先日の情報からも、「カメラソフト」の最終調整の影響であることが判明しています。詳細は「「Xperia 1」の実機を確認したあなたへ。店頭で展示されている実機は最終製品版ではないので今後改善されるかもよ。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「SONY」は今後、「香港」「台湾」「日本」「ヨーロッパ」を重点的戦略地域にすることを発表していますが、「台湾」「香港」での「Xperia 1」の発売時期が遅れている中、「イギリス」の「Amazon」や「Clove」においてはすでに「入荷」していることが判明しており、「5月30日」より出荷を開始することが判明していることからも、「ヨーロッパ」での発売を優先して、「ソフト」開発の最終調整を行なっていたと判断することができます。

詳細は「黒字化のために超超超地域限定に。「Xperia 1」含め次期「Xperia」は「4つ」の地域のみでマーケティングを強化に。」と「いよいよ「入荷」&「発売」開始に。「Xperia 1」は最速「出荷」で「5月30日」より開始。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」は近年では「ベストセラー」の機種になる可能性が高いと投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ベストセラー」に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

通过互联网关注度和线下实体店的体验火热程度来讲,今年的 Xperia 1 或成为索尼手机近年来销量最好的产品之一。

今回の投稿によると、「インターネット」や「実店舗」における熱い経験の観点からも、今年の「Xperia 1」は「SONY」の「スマートフォン」において「近年」で「ベストセラー」になる可能性が高いとしています。少なくとも同氏は中国を拠点にしていることからも、「中国」国内の話になると判断することができますが、「SONY」にとっても少なくとも「中国」市場は非常に厳しい市場かつ、重点地域でない中、反響が大きいことを考えると、他の地域でもかなりの反響の高さを期待することができます。

詳細は「黒字化のために超超超地域限定に。「Xperia 1」含め次期「Xperia」は「4つ」の地域のみでマーケティングを強化に。」をご参照下さい。近年で最も売れたとされているのは「Xperia XZ premium」となっており、それこそあまりの反響の高さからも、一部地域では「予約」を「中止」し、さらに日本国内においても「予約」時点で、すでに「在庫切れ」が発生するなど、かなり反響が高かったことが判明しています。

一方で「Xperia XZ premium」がずば抜けて売れなかった理由として、その一つは「ベゼル」です。「Galaxy S8」シリーズなど、一部機種が「アスペクト比18:9」を採用している中、「Xperia XZ premium」は「16:9」を採用していることもあり、かなり「太い」ベゼルを採用していることからも、かなりの批判の対象になりました。「指紋認証」を「電源ボタン」に統合する上で。そして「デュアルフロントスピーカー」を採用する上で、「ベゼル」は必要なスペースであることが判明していますが、それでもユーザーは納得するものではありません。

一方で「Xperia 1」に関しては、良くも悪くも「電源ボタン」と「指紋認証」は別々に搭載されており、さらに「スピーカー」も「フロント」部分ではなく「本体下部」に搭載されています。このことからも、「ベゼル」はかなりスリム化されており、それこそ「オムニバランスデザイン」の集大成とも言えるデザインを採用しています。次に「Xperia XZ premium」が批判されたのは「カメラ」の歪みです。

少なくとも「Xperia 1」にも、特に「広角レンズ」では「歪み」が発生していますが、「歪み補正機能」は最初から搭載されています。詳細は「「ROM64GB」はちょっと厳しいかな。「Xperia 1」の実機を触れて不安に思ったことをまとめてみた。」をご参照ください。ただサンプル画像を確認する限り、「歪み」や「ノイズ」は発生しておらず、かなり完成度が高い写真を撮影することが可能になっています。

少なくとも「Xperia XZ premium」のときにあたった、「デメリット」は「Xperia 1」で解消されており、「Xperia 1」が「Xperia XZ premium」以上になることに間違いないのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG