「ソフト」に「デザイン」と新しく。「Galaxy S10」シリーズに「新色」追加+「アップデート」配信開始。

海外では「3月8日」に発売を開始した「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」ですが、日本では一時期「Galaxy S10e」も発売になる可能性があると予測されていた中、先日開催された「新製品発表会」において、「DoCoMo」は「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy S10+」の「オリンピック」モデルの3機種を。

「au」に関しては「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy A30」の3機種を正式に発表しており、「Galaxy S10e」「Galaxy S10 5G」は発売されないことが確定したと判断することができます。詳細は「「Xperia 1」も「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」の夏モデルの一部機種はしれっと劣化モデルに。」と「「au」の夏モデルの注目株。「Galaxy A30」と「Huawei P30 Lite」のどちらがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。

一方でそに「認証情報」からも、「DoCoMo」と「au」からそれぞれ「Galaxy Fold」が正式に発売される可能性が高いと予測されていましたが、実際には「発表」されず、「アメリカ」や「ヨーロッパ」など、「グローバル」モデルにおいては無期限で発売を延期していることからも、その影響が強く出ていると判断することができます。詳細は「「DoCoMo」と「au」の発売にも支障が。「Galaxy Fold」は「ディスプレイ」の不具合多発で発売が完全に延期に。」と「「Galaxy S10e」の日本発売の可能性も?「Galaxy Fold」が「DoCoMo」と「au」から夏モデルとして発売に。」をご参照下さい。

また「au」に関しては、すでに「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」の発売を開始している中、「DoCoMo」に関しては「6月上旬」の発売と、まだ発売を開始していませんが、少なくとも「au」の「キャリアモデル」と比較しても「本体価格」が安く、さらに「SIMフリー」モデルと比較しても同等の価格設定になっているなど、「DoCoMo」の「キャリアモデル」はかなりお買い得な状況にあると判断することができます。

詳細は「「DoCoMo」が利益を削ってまで「本体価格」を安く。「Xperia 1」など「夏モデル」と「SIMフリー」モデルの価格を比較してみた。」と「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、「Samsung」は「Galaxy S10」シリーズに対して、「カメラ」の「アップデート」の配信を開始したと報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ソフト」に「デザイン」と。

さて今回の情報によると、「Samsung」は「Galaxy S10」シリーズに対して月例の「セキュリティパッチ」の配信を開始したとしており、この「アップデート」に「カメラ」のアップデートが含まれていることが判明したとしています。一つは「Galaxy S10」シリーズが発売されてから追加された新機能の一つである「ナイトモード」の改善だとしています。

「ナイトモード」は「広角レンズ」で撮影することが可能になっていますが、今回の「アップデート」によって「ノイズ」が減少し、さらにより明るく撮影することが可能になったとしています。そして「2つ目」は今までは「Galaxy S10 5G」しか対応していなかった「望遠レンズ」における「Live Focus」での撮影ですが、今回のアップデートによって「Galaxy S10」シリーズでも対応したことが判明したとしています。

だいたいは発売をしてしまうと、そこから「Android OS」の「メジャーアップデート」などない限り「機能」が追加されていくことはなかなかないですが、今回のように、どちらかと改善の意味合いのほうが強いかもしれませんが、「カメラ」がどんどん強化されていくのはありがたいですよね。ただ今回のアップデートはあくまでも「SIMフリー」モデルの話になります。「キャリアモデル」が今後どのような対応をしていくのかも非常に気になりますよね。

そして「ソフト」ではなく、今度は「デザイン」の部分で、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に新色「レッド」が間も無く追加されることが判明したとしています。その「発売日」や「発売地域」の詳細は判然としませんが、少なくとも「ヨーロッパ」の一部で販売される可能性が高いことが判明しています。

少なくとも「Galaxy S10e」では「レッド」がキャンセルされたと予測されている中、「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に「地域限定カラー」とはいえ追加されること。さらには「Galaxy Note10」にも「レッド」が採用される可能性が高いと予測されていることからも、今後「Galaxy」には「レッド」が積極的に採用されていく可能性が高いと判断することができます。

だいたい「Samsung」は発売してから「半年」経過しないうちに「新色」を「地域限定カラー」として追加しますが、今回は発売を開始して「3ヶ月」位での追加になります。今思うと、「Galaxy S9」シリーズの時も、最初に追加された新色が「レッド」と「ゴールド」でしたよね。正直個人的には「Galaxy Note9」の「ホワイト」以降、「ホワイト」にはまっていたのですが、「Galaxy S10」シリーズでは「ホワイト」がメインカラー扱いになってしまったので、ちょっと希少性が薄れ残念な感じでした。

気まぐれですけど、上記のレンダリング画像を確認する限り「レッド」も悪くないですよね。「SIMフリー」モデルとして発売されてくれればありがたいのですが。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG