「Galaxy Note10」でも「Galaxy Fold」でもない。「2019年」後半には別の新シリーズが登場に?

「Samsung」にとって、今後の「スマートフォン」の未来を示したものが「折りたたみ式」であり「Galaxy Fold」であるとしていましたが、「折りたたみ式」を採用した最初の「Galaxy Fold」は「生産問題」にも直面しながらも、「アメリカ」で「4月12日」より予約を開始し、あまりの人気で僅か「1日」で予約を終了するなど、想像以上の反響でかなりの反響でしたが、不具合が発生し、無期限に発売延期になるなど、最悪の始まりとなっています。

詳細は「本体価格に関係なく絶大的な支持を。「Galaxy Fold」は僅か1日で完売に。」と「発売延期の代償は大きい。Samsung「Galaxy Fold」の発売日は「6月13日」に決定かも。」をご参照下さい。

一方で「Galaxy Fold」と同時に発表され、「日本」でもいよいよ正式に発表された「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」ですが、「au」と「DoCoMo」から発売することが確定しており、特に「DoCoMo」の「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」に関しては「SIMフリー」モデルと本体価格にあまり差がないなど、「キャリアモデル」を購入する大きなメリットの一つにもなっています。

詳細は「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」と「「DoCoMo」が利益を削ってまで「本体価格」を安く。「Xperia 1」など「夏モデル」と「SIMフリー」モデルの価格を比較してみた。」をご参照下さい。

一方で今年の後半に発表されると予測されている「Galaxy Note10」は「ハイエンドモデル」でありながら、市場の細かいニーズに応えるために「小型」モデルが追加されると予測されており、その正式名称は判然としないながらも「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10 Pro」の2種類になるとされており、さらにそれぞれが「4G」と「5G」の2モデル展開になると予測されていることからも、合計で「4モデル」展開になる可能性が高いと予測されています。

詳細は「「6.2インチ」「6.4インチ」「6.7インチと3つのディスプレイサイズに。「Galaxy Note10」は複数は最低でも4つのモデルが登場に。」をご参照ください。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏が、自身のTwitterにおいて、今年の後半に「Samsung」は創造的なスマートフォンを発表するとTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



最も創造的な存在は?

さて今回Tweetされていた内容は以下のようになります。

Believe me, the most creative Samsung smartphone in the second half of 2019 is not Fold or Note10, you just have to wait, don’t ask me more.

今回の投稿において、私を信じてと前置きした上で、「2019年」の後半に登場する最も「クリエイティブ」な機種は「Galaxy Fold」でもなく「Galaxy Note10」でもないとしています。ただこれ以上は教えられることはないとしています。少なくとも例年通りであれば、下期に登場する「ハイエンドモデル」は「Galaxy Note」のみであって、それ以外の「ハイエンドモデル」が登場することはありません。

また今年の後半に登場する「Galaxy Note10」でさえ、「Galaxy S10 5G」と同じく世界最高の「クアッドレンズカメラ」を搭載し、さらに「ボタンレスデザイン」の採用に「カメラ」デザインの大幅な変更など、基本「Note」シリーズは「S」シリーズの「スペック」や「デザイン」を踏襲する中、「Galaxy Note10」シリーズに関しては、「Galaxy S10」シリーズと比較しても、「デザイン」「スペック」が大幅に強化される可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Galaxy S10」は序の口に過ぎなかった。「Galaxy Note10」は大幅なフルモデルチェンジになるかも。」と「「Note」シリーズ初の「2モデル」展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」と同様の「カメラ」を搭載に。」をご参照下さい。

さらに同氏は「Galaxy Note10」シリーズは、「Galaxy S10」シリーズを「最適」かつ「完璧」にした機種だとしており、さらに特徴の一つである「Edgeスタイル」も大きく変更される可能性が高いとTweetしています。詳細は「より「湾曲」した「ディスプレイ」を。「Galaxy Note10」の「Edgeスタイル」は今までとちょっと違うみたい。」と「「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」を最適かつ完璧にした機種へ。そして「Galaxy S11」のコードネームは「ピカソ」に。」をご参照下さい。

少なくともこれだけ期待値が高い「Galaxy Note10」以上に「クリエイティブ」な機種が存在するとなるとどんな機種なのか非常に気になりますよね。「Galaxy Fold」や「Galaxy Note10」とは大きく異なるアプローチをしていると考えることができます。

ただ冒頭でも記述しましたが、「Samsung」は従来であれば、細分化された「ニーズ」に応えるために、「ミドルレンジモデル」のラインナップを強化してきていますが、いまや「ハイエンドモデル」にもその流れが来ています。だとすれば「Galaxy Note」シリーズとは別の新しい「新シリーズ」が登場してもおかしくはないのかもしれませんよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG