「DxOMark」の「カメラ」の評価は参考にするべきではない?「Xperia 1」が評価されなくても問題がないのかも。

カメラの評価サイトとして有名な「DxOMark」ですが、歴代「Xperia」において、ほぼ今まで評価された機種は存在しておらず、「Xperia XZ premium」と「Xperia XZ3」くらいで、特に「Xperia XZ3」の評価は、約「4年前」に発表された「iPhone 6」とあまり変わらない評価となっていることからも、散々な結果になっていることが判明しています。詳細は「「Xperia」が売れない理由が判明?「Xperia XZ3」の「カメラ」の評価は4年前の「iPhone 6」と同等の評価に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「SONY」は「Xperia 1」に「Samsung」製の「カメラセンサー」を採用した理由の一つとして、「人物画」の撮影をより強化するためだとされており、「人物画」の撮影を強化することで、「DxOMark」から高評価を獲得しやすくなるとされています。詳細は「「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由。それは「DxOMark」で高評価を獲得するため。」をご参照下さい。

また先日の情報からも、「Xperia 1」はすでに「DxOMark」においてレビューが開始しており、動画」の評価が相対的に低いことからも、「トップスコア」を獲得することはできないが、少なくともがっかりするような評価になることはないとされており、その評価は「105」以上を獲得する可能性が高いと予測されていることからも、「iPhone XS Max」以上の評価になる可能性もあるとされています。

詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuk氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「DxOMark」に関して意味深な投稿をしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



評価はあてにならない?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

很乐见有朝一日 DxO Mobile 这一评分机构彻底倾覆,我认为离这一天不远了。

単純に訳せば、「DxoMark」の評価が完全に覆されたことを確認することができ非常に幸せ。そんな日は遠くないとしています。ちなみに今回の投稿に合わせて、「One Plus 7 Pro」で撮影した画像と、「Huawei Mate20 Pro」で撮影した画像、そして「Xperia XZ3」で撮影した画像が添付されているのですが、「Xperia XZ3」で撮影した画像が「One Plus 7」や「Huawei Mate20 Pro」より優っていることを確認できたという意味だと判断することができます。

ちなみに上記の画像は今回添付されていた画像の一部で、「One Plus 7 Pro」で撮影した画像になります。

次に「Huawei Mate20 Pro」で撮影した画像になります。少なくとも「色合い」が全く異なりますよね。

そして最後に「Xperia XZ3」で撮影した画像になります。どれがいいかとなれば、「One Plus 7 Pro」は論外で、「Huawei Mate20 Pro」もしくは「Xperia XZ3」のどちらかになると判断することができます。ただ「Xperia XZ3」のほうが「色彩」がはっきりとしているような印象を受けます。その上で、執筆時点での「DxOMark」のトップ10をまとめると以下のようになります。

DxOMark機種名スコア
1位Huawei P30 Pro112
Galaxy S10 5G
3位Honor 20 Pro111
One Plus 7 Pro
5位Huawei Mate20 Pro109
Huawei P20 Pro
Galaxy S10+
8位Xiaomi Mi 9107
9位iPhone XS Max105
10位HTC U12+103

少なくとも「Huawei Mate20 Pro」も「One Plus 7 Pro」も同サイトではトップに近いスコアを獲得している一方で、冒頭でも記述しましたが「Xperia XZ3」のスコアは「79」とランク外です。なのに、一部写真だけとはいえ、「Huawei P20 Pro」や「One Plus 7 Pro」以上の写真を撮影できている「Xperia XZ3」の評価が低いのはおかしいと問題提起をしているとも考えることができます。

つまり同氏は「DxOMark」における評価はあてにならないとしていると判断することができます。ちなみに情報が錯綜していますが、先日の情報からも「Xperia 1」は「DxOMark」での評価がされていないと真逆の情報もあります。詳細は「また「カメラ」の評価がうやむやに。結局「Xperia 1」は「DxOMark」において「評価」されていないみたい。」をご参照下さい。

当たり前の話ですが、「スマートフォン」の「カメラ」が日々進化しているとはいえ、「デジカメ」にはまだ及ぶことはなく、そして今後どんなに進化しても「デジカメ」以上になることはないと判断することができます。一方で先日から話題となっていますが、今後「Huawei」製品はまともに「スマートフォン」として使えなくなる可能性が高いことが判明しています。

つまり「Huawei」製品の「カメラ」の評価がどんなに高くても「スマートフォン」として使えないのであれば、結局は意味がありません。なのにまた同サイトは直近で「Honor 20 Pro」の評価を公開しており、単純に多額のお金を「Huawei」からもらっているから高評価をつけているだけなのではとも批判されています。つまり公平性に欠けている可能性があるということになります。

機種の「カメラ」の一つの指標として重要なサイトであると思いますが、こんな感じでユーザーからの評価が下がっていくと、指標とするのも難しく、「Xperia 1」も無理に評価してもらう必要性がないのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG