この「デザイン」ならまさに「フルモデルチェンジ」に。「Galaxy Note10」のレンダリング画像が公開に。

海外では「3月8日」に発売を開始した「Galaxy S10e」「Galaxy S10」「Galaxy S10+」ですが、日本では一時期「Galaxy S10e」も発売になる可能性があると予測されていた中、先日開催された「新製品発表会」において、「DoCoMo」は「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy S10+」の「オリンピック」モデルの3機種を。

「au」に関しては「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy A30」の3機種を正式に発表しており、「Galaxy S10e」「Galaxy S10 5G」は発売されないことが確定したと判断することができます。詳細は「「Xperia 1」も「Huawei P30 Pro」も「DoCoMo」の夏モデルの一部機種はしれっと劣化モデルに。」と「「au」の夏モデルの注目株。「Galaxy A30」と「Huawei P30 Lite」のどちらがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。

一方でそに「認証情報」からも、「DoCoMo」と「au」からそれぞれ「Galaxy Fold」が正式に発売される可能性が高いと予測されていましたが、実際には「発表」されず、「アメリカ」や「ヨーロッパ」など、「グローバル」モデルにおいては無期限で発売を延期していることからも、その影響が強く出ていると判断することができます。詳細は「「DoCoMo」と「au」の発売にも支障が。「Galaxy Fold」は「ディスプレイ」の不具合多発で発売が完全に延期に。」と「「Galaxy S10e」の日本発売の可能性も?「Galaxy Fold」が「DoCoMo」と「au」から夏モデルとして発売に。」をご参照下さい。

一方ですでに開発がかなり進行しているとされている「Galaxy Note10」ですが、先日の情報からも「Galaxy」シリーズとして初の「4K OLED」を搭載する可能性が高いと予測されており、さらに「6.7インチ」のディスプレイを搭載すると予測されている中、また「ヨーロッパ」など「小型モデル」のニーズに応えるため、「Galaxy Note10」では「Galaxy Note10e」と「Galaxy Note10 Pro」の2つのモデル構成になると予測されています。

詳細は「「Galaxy Note」の集大成。「Galaxy Note10」のスペックをまとめてみた。」と「「6.2インチ」「6.4インチ」「6.7インチと3つのディスプレイサイズに。「Galaxy Note10」は複数は最低でも4つのモデルが登場に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaが事前情報を基に作成した、新たな「Galaxy Note10」のレンダリング画像を公開しているので簡単にまとめたいと思います。



新たなレンダリング画像。

さて今回公開された「Galaxy Note10」のレンダリング画像が上記の画像になります。事前情報では、「Galaxy S10」シリーズと同じく「パンチホール式」を採用すると予測されていますが、「Galaxy Note10」では「インカメラ」のセンサー自体が小型化すること。そして「ノッチ」部分もさらに小型化すると予測されており、さらに「Galaxy S10」シリーズでは、「右上」に搭載されていますが、「Galaxy Note10」は「中央」に移動すると予測されており、まさにその情報が上記の画像からも確認することができます。

また先日の情報では「Edgeスタイル」がより洗練されるとしていますが、今回の画像では、特段大きな変化を確認することができません。詳細は「より「湾曲」した「ディスプレイ」を。「Galaxy Note10」の「Edgeスタイル」は今までとちょっと違うみたい。」をご参照下さい。

次に「本体」背面を確認したいと思います。前モデルである「Galaxy Note9」とまず異なるのは、「指紋認証」が搭載されていないこと。少なくとも「Galaxy S10」シリーズと同様に「超音波式」の「ディスプレイ統合型指紋センサー」を搭載する可能性が高いと予測されています。また「カメラ」に関しては、「Galaxy Note10e」が「トリプルレンズカメラ」を搭載すると予測されており、一方で「Galaxy Note10 Pro」は「クアッドレンズ」カメラを搭載すると予測されています。

今回のレンダリング画像を確認する限りでは「クアッドレンズカメラ」を搭載していることを確認することができることからも「Galaxy Note10 Pro」だと判断することができます。またこの「クアッドレンズカメラ」に関しては、「Galaxy S10 5G」と同じ仕様になると予測されている中、大きく異なるのは、「並列型」ではなく「垂直型」の「カメラデザインになることです。詳細は「「Note」シリーズ初の「2モデル」展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」と同様の「カメラ」を搭載に。」をご参照下さい。

また「本体カラー」に関しては、情報が錯綜していますが、少なくとも「Galaxy Note10 Pro」は「ブラック」「シルバー」「ホワイト」の「3色」展開になると予測されており、「Galaxy Note10e」に関しては、この「3色」に「ピンク」と「レッド」が追加された「5色」展開になる可能性が高いと予測されています。なので今回のレンダリング画像とはちょっと異なりますね。

少なくとも先日の情報からも「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズを「最適」かつ「完全」にした機種になるとされており、「Galaxy S10」シリーズで実現できなかったことがかなり反映されていると判断することができます。詳細は「「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」を最適かつ完璧にした機種へ。そして「Galaxy S11」のコードネームは「ピカソ」に。」をご参照下さい。

正直今までは「Galaxy」シリーズの背面はあまり洗練されていると感じたことはありませんでしたが今回の画像を確認する限りでは、かなり洗練されているように感じます。正式発表まで後3ヶ月程度です。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG