「Xperia 1」の購入を考えているあなたへ。「Xperia 1」を購入する前に一度考えてほしいこと。

当初の予測では、「香港」や「台湾」での「Xperia 1」の発売日は「5月20日」になると予測されていましたが、実際には「カメラソフト」の開発の遅れが影響し、「1~2週間」程度ずれ込む可能性が高いと予測されていました。その中で、「SONY」は「台湾」と「香港」における発売日を「5月31日」と正式に発表し、さらに「中国」では当初「6月1日」になると予測されていた中、SONYは「6月上旬」と発表しており、「6月6日」である可能性が高いと予測されています。

詳細は「やはり「アジア圏」のほうが「本体価格」が安め。「中国」で「Xperia 1」が正式発表。価格は「10万円」に。」と「「日本」より2週間程度早く入手可能に。「Xperia 1」の「SIMフリー」モデルの発売日は「5月31日」に。」をご参照下さい。

一方で、一時期予約を中止していた「Clove」ですが、先日には「予約」を再開し、その入荷時期が「5月30日」であること。そして「ヨーロッパ」においては、主に「5月15日」より予約を開始し、「6月2日」以降に発売を開始することが判明しています。詳細は「どこでなら最速で購入できるのかな?「Xperia 1」の「Clove」における発売日は「5月30日」で確定に。」と「日本はやはり出遅れ気味?ヨーロッパで「Xperia 1」は「5月15日」より予約開始で「6月2日」に発売を開始に。」をご参照下さい。

一方で先日にはいよいよ「DoCoMo」「au」「SoftBank」から正式発表された「Xperia 1」ですが、その「発売日」には言及しておらず「発売時期」を「6月中旬」以降と案内するに留まっており、さらに「Xperia 1」の専用ケースにおいても、「Xperia 1」本体と同じく「6月中旬」以降の発売としています。ただ「DoCoMo」や「SoftBank」の販売店からの情報として、「3キャリア」同時に「6月14日」に発売を開始する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「「DoCoMo」も「au」も「Xperia 1」の発売は「6月中旬」以降で共通に。さらに「グレー」以外の「3色展開」に。」と「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」をご参照下さい。

さて発売に遅れが発生している「Xperia 1」ですが、すでに「国内」含めて多くの地域で予約を開始していますが、予約する前に一度確認して欲しいことを簡単にまとめたいと思います。



購入する前に確認してほしいこと。

まず一つ目は「ワイヤレス充電」に対応していないことです。ちなみに「SONY」からなぜ「ワイヤレス充電」に対応していないのか、その理由は言及されていません。「本体」の薄型化のためなのか。。ただ「トリプルレンズカメラ」を搭載することを採用すること最優先で内部設計をしたとされているので、その際にどうしようもなくカットされたのかもしれません。

「ワイヤレス充電」は一度慣れると地味に便利です。なので自分は特に必須までとはいきませんが、地味に重要視している機能になります。自分の使い方としては、充電しながら、何かスマホで作業することはありません。基本は寝るときに「ワイヤレス充電」で充電しながら寝るって感じです。ただもちろん「ワイヤレス充電」が必要ないと思う人は必要ないと思います。

次に「ROM」です。上記の画像は「Xperia 1」の開発機の「キャリアモデル」のストレージ構成になります。思っていたより「システム」で容量は占めていませんが、「キャリア」関連のアプリでかなり容量が占領されています。上記の画像からもストレージ容量はすでに「50GB」以下となっています。詳細は「「ROM64GB」はちょっと厳しいかな。「Xperia 1」の実機を触れて不安に思ったことをまとめてみた。」をご参照下さい。

少なくとも「SDカード」をあまり使う習慣がなく、「本体容量」でカバーしている人にとっては、かなり厳しい容量構成になります。「キャリア」モデルのほうが「SIMフリー」モデルと比較して極端に安いわけではないので、正直「ROM128GB」にして欲しかったところ。

次に「電池持ち」です。先に発売を開始している「Xperia 10 Plus」は「3000mAh」と正直「Xperia 1」とほぼ変わらない「バッテリー」を搭載しており、さらに「液晶」を搭載しています。それで上記の画像が海外サイトが行なった「バッテリーテスト」の結果です。直近の機種で見れば「Xperia XZ3」が「90」に「Xperia XZ2」が「88」とかなりの高スコアを残している中、「Xperia 10 Plus」のスコアが「78H」とかなり悪いことを確認することができます。

「Xperia 1」は「4K OLED HDR」を搭載していることを考えると「Xperia 10 Plus」より「電池持ち」が悪い可能性が高く、むしろ歴代「premium」モデルのスコアより悪くなる可能性が高いと考えることができます。こればかりは「バッテリーテスト」の結果を待つ必要性がありますが、「電池持ち」には期待できないと考えることができます。

主に「3点」今回「Xperia 1」を購入する前に確認して欲しいことをまとめてみましたが、この「3点」が気にならない人は「Xperia 1」を購入するべきだと思います。自分は言い方は悪いかもしれませんが、そもそも「Xperia」に「電池持ち」を期待したことは一度もありません。なので全く気にならず、「ROM」に関しては、「SDカード」と「cloud」サービスを使えばどうとでもなると思っています。

そして「ワイヤレス充電」は素直に諦めます。なので今回の「3点」は自分にとって「Xperia 1」のデメリットだと思っていません。むしろ「カメラ」の「サンプル」画像を確認した時点でめっちゃほしくなりました。詳細は「「カメラ」は未完成みたいけど「完成度」はめっちゃ高い。「Xperia 1」で撮影したサンプル画像を多数公開に。」をご参照下さい。欲しくなった人はぜひ予約してみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG