「Huawei P30 Pro」など商品力の問題ではない。「下取り」が大幅に増加し「売上」が大幅に減少へ。

「米中貿易」摩擦の影響からも、先日「アメリカ」は「中国」に牽制をしかけるために「Huawei」に経済制裁を下し、根底としている「Android OS」はもちろん「YouTube」や「Chrome」など、「Google」に関係しているアプリを始め、すべて断ち切られることが判明しており、「Google」に依存していない「中国」は別の話として「グローバル」モデルに関しては、深刻なダメージを受けることが判明しています。

詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」をご参照下さい。一方で、「Huawei」は直ちに声明を発表し、少なくとも「Huawei P30」シリーズを含めた既存機種に対しては、「セキュリティパッチ」などアフターケアをしっかりと行うことを宣言しましたが、それでも「Huawei」の行く先が見えないことから、逆に不信感が広まったとされています。詳細は「Huawei P30 Pro」は大丈夫。「Huawei」は既存機種に対しては今後もアップデートと提供すると約束へ。」をご参照下さい。

一方で今年の夏モデルとして「au」は「Huawei P30 Lite」を。「DoCoMo」は「Huawei P30 Pro」を「キャリアモデル」として発売することが正式に発表されていましたが、先日には「Huawei P30 Lite」を扱う「Y!mobile」含め、「予約受付」の中止に加え「発売」の延期を発表するなど、「キャリア」モデルは実質「発売無期限延期」状態となっており、国内で予定通り発売を開始するのは「SIMフリー」モデルとして「5月24日」より発売を開始する「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30」のみとなっています。

詳細は「「Huawei P30」が国内正式発表。でも「Amazon」で販売されている「海外版SIMフリー」モデルのほうが安い。」と「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、海外では早くも「Huawei」の「下取り」が大幅に増加しており、さらに「売り上げ」に関しても低下を開始していることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



「下取り」が大幅に増加へ。

さて今回の情報によると、「イギリス」の「下取りサイト」である「Music Magpie」において、「Google」が対応を発表した直後から「Huawei」機種の下取りが大幅に増加しているとしており、少なくとも「同サイト」においては「154%」も増加していることが判明したとしています。他のどのメーカーよりも圧倒的に「Huawei」の機種の多くが下取りに出されたとしています。

少なくとも「ヨーロッパ」で「Huawei」製品の人気が高く、値崩れしにくいのが特徴だとしており、昨年に発売を開始した「Huawei P20」は発売を開始して、「1年」経過したにも関わらず「20%」程度しか下落していないなど、「Huawei P20」がかなりの人気製品であることを確認することができる中、下取りランキングで即座に「1位」を獲得するなど、多くのユーザーが「Huawei P20」を下取りに出していることが判明したとしています。

また「下取り」ランキングにおいて、「Huawei Mate20」や「Huawei Mate20 Pro」など、「Huawei Mate」シリーズなど「ハイエンドモデル」の多くが「トップ10」にランクインするなど、急速に「Huawei」離れが始まっているとは判断することができます。少なくとも同サイトが下取りした「Huawei」製品をどう処理するのか判然としませんが、今後を売れなくなる可能性を考えると、「下取り」自体が中止になるとも考えることができます。

また「スペイン」の「Amazon」においては、「36時間」以内で「1万件」以上の注文のキャンセルが発生したことが判明したとしており、「Huawei」が「Amazon」で行うとした大々的なキャンペーンも中止になり、さらに「huawei P30」や「huawei P30 Pro」などの「デジタル広告」や「キャンペーン」もすでに中止になっていることが判明したとしています。

またスペインの地元の小売店では「Huawei」製品の売上が「50〜70%」程度に減少していることが判明しており、さらに、ここ数日間に「Huawei」製品を「Amazon」で購入したユーザーが大量に返品をしているとしており、その数は「1万5000」以上に及ぶとしています。少なくとも「Huawei P30 Pro」などその商品力に問題はありません。むしろ世界でもトップクラスの性能となっています。

しかしながら、「アメリカ」が今後どのような対応をするのか判然としないことからも、慎重になるしかないと考えているユーザーがかなり多いと判断することができます。とはいえ、「スマートフォン」は「個人情報」のかたまりです。流石に「セキュリティパッチ」などが配信されなくなる可能性が高いと考えると、使っていることでどんどんリスクが高くなっていきます。だからこそユーザーが手放したほうが懸命だと判断している可能性が高いです。

以前より「Huawei」に限らず、「中国製品」には「バックドア」の噂は付き物です。こればかりは信憑性は判然としません。ただこれを棚に上げてここまで「Huawei」の経済制裁を下す「アメリカ」も正直どうかと思います。「通信機器」関連においも「スマートフォン」に関しても「Huawei」のほうが「アメリカ」企業よりシェアが高く、技術が優れていると判断することができます。

ここで「Huawei」が転覆してしまった場合、逆に「アメリカ」はそれに代わるものを提示することができるのでしょうか。これから「5G」が普及し、「スマートフォン」に始まり生活が大きく変わろうとしている中、正直「アメリカ」のせいで大きく足止めをくらったとも考えることができます。スマートフォンに関しても「Huawei P30 Pro」が搭載している魅力を「iPhone」は何一つ搭載していません。

少なくとも「Huawei」製品を気にっているユーザーが、「Huawei」がダメになったからといって「iPhone」を購入することは考えにくいです。「アメリカ」が何においても世界の中心にいたいのは分かりますが、それによってここまで「世界中」に影響を与えるのはやめて欲しいところですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG