• HOME
  • ブログ
  • Huawei
  • 「公式発表」とは裏腹に。「Huawei P30」はもちろん「Huawei」製品が「Amazon」で発売中止に。

「公式発表」とは裏腹に。「Huawei P30」はもちろん「Huawei」製品が「Amazon」で発売中止に。

Huawei

「アメリカ」の「経済制裁」の影響で窮地に立たされている「Huawei」ですが、少なくとも「Huawei P20 Pro」や「Huawei Mate20 Pro」など既存機種に対しては、「アップデート」に関しては判然としませんが、少なくとも今後とも「アフターケア」を継続することを保証するとしていますが、先が見えない状況にあることに間違いはありません。

詳細は「シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。」と「Huawei P30 Pro」は大丈夫。「Huawei」は既存機種に対しては今後もアップデートと提供すると約束へ。」をご参照下さい。

一方で「huawei」の機種に対して、この先が不透明であることからも、特に「OS」や「アプリ」などもろに影響が出る「グローバル」が販売されている地域「ヨーロッパ」などでは、早くも「下取り」に出し、別の機種への乗り換えが始まっており、さらに「ドイツ」では大量の返品に、小売店では売り上げが「50~70%」と大幅に減少していることが判明しており、「Huawei」の対応に不透明さを感じたユーザーがいち早く動いていると判断することができます。詳細は「」をご参照下さい。

.一方で「日本国内」に関しては、「DoCoMo」が「Huawei P30 Pro」を。「au」と「Y!mobile」が「Huawei P30 Lite」をそれぞれ「夏モデル」として発売することを正式に発表していましたが、「Huawei」が国内で「SIMフリーモデル」の「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30」を新製品として発表した直後に、「予約受付」の中止を発表し、さらに「発売」の延期と、状況が落ち着くまで実質「無期限延期」状態となっていることが判明しています。

詳細は「「Huawei P30」が国内正式発表。でも「Amazon」で販売されている「海外版SIMフリー」モデルのほうが安い。」と「「DoCoMo」も「au」も対応に戸惑う。「Huawei P30 Lite」と「Huawei P30 Pro」が実質発売延期に。」をご参照下さい。

さて今回「Huawei P30」など「5月24日」より発売を開始することが判明していましたが、「Amazon」で「Huawei」製品のすべてが「発売中止」になっていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Amazon」で発売中止。

さて今回「Amazon」で「5月24日」より「発売」を開始する予定だった「Huawei P30」や「Huawei P30 Lite」を含め、「Huawei」製品が基本「発売中止」になっていることが判明しました。上記の画像は「Amazon」における「Huawei P30 Lite」の「製品ページ」になりますが、「現在在庫切れです。」と表記されていることを確認することができ、さらに「再入荷予定はたっておりません」とも記載されていることを確認することができます。

「キャリア」と同様に「発売」を延期したと判断することができます。また他の「Huawei」製品に関しても「在庫切れ」の表記となっており、「発売」を中止したと判断することができます。また同ページには以下のような記載もあります。

本製品はOS(オペレーションシステム)等についての懸念が発生しています。本製品に関するお問い合わせはメーカーコールセンターまでお問い合わせ下さい。
HUAWEIお客様サポート 0120-798-288 【フリーダイヤル】受付時間:9:00~20:00(年中無休)

冒頭でも記述しましたが、「アメリカ」からの経済制裁問題の影響を受けてだと判断することができます。そもそも「Amazon」自体が「アメリカ」に本社を置く企業であることを考えれば当たり前の措置なのかもしれませんが。

ただ今回の「発売延期」または「発売中止」は、「Amazon」が直販している「Huawei」製品になるため、「Amazon」で一切「Huawei」製品が購入できなくなったというわけではありません。「Amazon」以外が出品している「huawei」製品であれば、在庫がある限り購入することが可能です。とはいえ、「Huawei」が今後の動向を明確に示すことができていない以上、今「huawei」製品を購入するのはリスクしかないかもしれませんが。

少なくとも「セキュリティパッチ」を含め、「アップデート」がほぼできないという状況になると、長期的に使えば使うほどリスクが高まります。一方で短期間で乗り換えるにも、まだ発表されてていませんが、最新機種である「Huawei Mate30」シリーズは現状が続ければ、「Google」関連のサービスやアプリを一切使うことができず、わざわざ「huawei」製品を使うメリットもありません。

少なくとも執筆時点では「家電量販店」などでは予定通り発売を開始するみたいですが、特に店頭で接客する店員さんがちょっと可哀想ですよね。逆に購入を考えている人にしっかりと接客し、そのリスクを伝える必要性があるので。本来であれば接客は売るためのものであるのに対して、「Huawei」製品に関しては売らないようにするために接客をする必要性があるので。

この状況が長く続けば、それこそ、「日本市場」から「Huawei」が撤退することも十分にありえると判断することができます。できればそうならないことを期待したいところですが。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧