• HOME
  • ブログ
  • Xperia
  • 「アスペクト比21:9」+「風景画」が最強かも。「Xperia 1」で撮影された「サンプル」画像がまた多数公開に。

「アスペクト比21:9」+「風景画」が最強かも。「Xperia 1」で撮影された「サンプル」画像がまた多数公開に。

Xperia

先日参加した「ブロガーミーティング」において、「Xperia 1」そして「Xperia Ace」の実機に触れる機会がありましたが、「Xperia 10 Plus」と同じ「ディスプレイサイズ」に近い「本体サイズ」を採用している「Xperia 1」を正直そこまで期待していませんでしたが、実機に触れてみると、「持った感触」や「デザイン」そしてて「質感」など全く「Xperia 10 Plus」とは異なり、スペックの高さはもちろん、「デザイン」の高さをしっかりと確認することができました。

詳細は「ほぼ同じサイズでも「Xperia 10 Plus」とは訳が違う。「Xperia 1」を実際に触れてきたので簡易レビュー。」をご参照下さい。一方で「ドコモ」専売モデルとなる「Xperia Ace」に関しても、「ミドルレンジモデル」というイメージからあまり期待していませんでしたが、「Xperia 1」としっかり住み分けしており、その「本体価格」含めて、今までの「Xperia」以上にしっかりとユーザーの住み分けができていることを確認することができます。

詳細は「「Xperia」伝統のあのデザインが復活に。「Xperia Ace」の「カメラ」と「デザイン」を実機で確認してみた。」と「「ニーズ」をしっかり捉えているからこそ選びやすい。「Xperia 1」と「Xperia Ace」の選び方をまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で、「Xperia Ace」に関しては、その「発売日」が「6月1日」と確定していますが、「Xperia 1」に関しては「6月中旬」以降と「発売日」が確定しておらず、その最大の要因は「カメラソフト」の開発の遅れとされていますが、少なくとも「Xperia 1」で撮影されたサンプル画像を確認する限り、事前情報における「ノイズ」や「歪み」をそこまで確認することはできず、これで完成すれば、かなり「カメラ」にも期待できると判断することができます。

詳細は「「DoCoMo」「au」「SoftBank」は同時に発売を開始へ。「Xperia 1」は「6月14日」より発売を開始に。」と「「カメラ」は未完成みたいけど「完成度」はめっちゃ高い。「Xperia 1」で撮影したサンプル画像を多数公開に。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるZackbuks氏が、中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」で撮影されたサンプル画像を多数公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「サンプル」画像が多数に公開に。

さて今回公開された「Xperia 1」で撮影された画像が上記の画像になります。「アスペクト比21:9」で撮影していることを確認することができます。ただ景色があまりにも広大すぎるので、「標準カメラ」で撮影したのか「広角」レンズで撮影したのか判然としません。ただこれだけ被写体まで距離あると「標準レンズ」だと思いますが。また同氏は「アスペクト比21;9」の撮影に対して以下のような投稿もしています。

正式上市版本的 Xperia 1 相机将不包含 21:9 比例拍照(有点费解)
21:9 视频录制在 Cinema Pro 电影大师中选择 ​​​​

簡単に言えば、「写真」の撮影では「アスペクト比21:9」を選択することはできず、「アスペクト比21:9」で「写真」を撮影した場合は「Cinema Pro」で使用する必要性があるとしています。つまり今回の画像も「Cinema Pro」で撮影している可能性が高いと判断することができます。

次にこんな感じです。先ほどの画像とは異なり、発色が良く、非常に明るく撮影できていることが確認することができます。やはり「高照度」の撮影条件になる「Xperia」の「カメラ」はかなり綺麗ですよね。

今回投稿されていた画像は、元からかなり圧縮されているため、かなり画質が低下していると判断することができますが、逆にかなり圧縮されている状態でこれだけ綺麗に見えれば元の写真はやはりかなり綺麗だと判断することができます。

ちょっと「雲」が多く、照度が中途半端の状況でも、かなり明るく綺麗に撮影ができていますよね。特に「アスペクト比21:9」を採用しているせいか、奥行きがある写真だとかなり臨場感がある写真に仕上がっていることを確認することができます。

割と高い場所から撮影した画像。森林の色合いを綺麗に再現できていると判断することができます。少なくとも「スマホ」のカメラで撮影したとは思えない品質ですよね。

割と近接で撮影した画像になります。馬の表皮までしっかりと確認することができ、何気ないシーンであっても、かなり雰囲気がある写真に撮影することができています。

そして最後に「人物」です。歴代の「Xperia」は「人物」を撮影するのがあまり得意ではないとされてきましたが、かなり趣のある雰囲気に撮影できています。いくらサンプル画像とはいえ、未完成の「ソフト」でありながら、ここまでの写真を撮影できるのはすごいですよね。

どこまでその情報が正しいのか判然としませんが、「Xperia 1」はすでに「DxOMark」のレビューが開始しているとされており、「トップスコア」を獲得することができないにしろ「iPhone XS Max」以上の評価を獲得する可能性があると予測されています。詳細は「「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由。それは「DxOMark」で高評価を獲得するため。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

「トップスコア」ではないにしろ、仮に事前情報通りであれば、昔のように「カメラ」の「Xperia」が「Xperia 1」で復活することになります。早く発売して、いろいろと試したいですよね。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧