シェア世界1位の計画は頓挫へ。次期「Huawei Mate30 Pro」から「Google」のアップデートやアプリがすべて廃止に。

「アメリカ」と「中国」の貿易関係の悪化により、かなり逆風となっている「Huawei」ですが、少なくとも「日本」国内においても「5G」や「4G」の「通信機器」に関しては「Huawei」製を使うことを中止したとされていますが、「スマートフォン」に関しては別の話になります。昨年末には「Huawei Mate20 Lite」と「Huawei Mate20 Pro」の「SIMフリーモデル」を販売し、さらに「PayPay」のキャンペーン効果もありますが、「Huawei Mate20 Pro」が週間ランキングで「1位」を獲得するなど、ユーザーにはそこまでの影響が出ていないと判断することができます。

一方で「3月26日」に正式発表された「Huawei P30」シリーズですが、「Huawei P30」に関しては「SIMフリー」モデルとして。そして「Huawei P30 Pro」は「DoCoMo」の「キャリアモデル」として。そして「Huawei P30 Lite」に関しては、「au」の「キャリアモデル」として発売されることが判明しています。詳細は「日本での発売は確実に。「Huawei P30」と「Huawei P30 Pro」が技適を通過に。」と「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」をご参照下さい。

ただ「Huawei P30」シリーズの中でもやはり注目度が高いのは「Huawei P30 Pro」になると判断することができ、「クアッドレンズカメラ」に「4000万画素」。さらに「光学式5倍ズーム」に「ハイブリット10倍ズーム」「デジタル50倍ズーム」そして「ISO40万」以上と、「ズーム」と「低照度」においてかなり強化されており、「カメラ」の有名な評価サイトである「DxOMark」において、「Huawei P20 Pro」や「Huawei Mate20 Pro」を抑えて「1位」を獲得するなど、「カメラ」に関しては世界最高峰だと判断することができます。詳細は「「DoCoMo」夏モデル筆頭の3機種。「Xperia 1」「Galaxy S10+」「Huawei P30 Pro」のスペックを比較してみた。」をご参照下さい。

さて今回Phone Arenaによると、次期「Huawei」製品から「Google」アプリや「OSアップデート」の対象から外すと「Google」が報告していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Google」のサポートが終了へ。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

In an interview with Reuters in March, Eric Xu, rotating chairman of Huawei, struck a defiant note in anticipation of retaliatory actions by U.S. companies. “No matter what happens, the Android Community does not have any legal right to block any company from accessing its open-source license,” he said.

Popular Google apps such as Gmail, YouTube and the Chrome browser that are available through Google’s Play Store will disappear from future Huawei handsets as those services are not covered by the open source license and require a commercial agreement with Google.

But users of existing Huawei devices who have access to the Google Play Store will still be able to download app updates provided by Google. Apps such as Gmail are updated through the store, unlike operating system updates which are typically handled by phone manufacturers and telecoms carriers, which the blacklist could affect, the source said.

さて今回の投稿によると、「Google Play Store」から「Gmail」や「YouTube」や「Chrome」など、人気の「Google アプリ」は「huawei」のデバイスから消えるとしています。ただ少なくともアクセスが許可されている既存の機種は、削除されることはなく、次期「Huawei」の機種から削除されるとしています。また「ライセンス」が絡んでいる「アップデート」や「セキュリティパッチは既存機種でも対象外になる可能性があるとしています。

少なくとも、「中国」国内で発売されている機種に関しては、そもそも「Google」のアプリが排除されているためそこまで影響がないのかもしれませんが、「ヨーロッパ」など「SIMフリーモデル」に関しては大きな影響が出る可能性が高いと判断することができます。少なくともよほど物好きじゃないと「Google」関連のアプリが使えず、アップデートもできない機種は使わないですよね。

日本では「Huawei P30 Pro」が「7月」に発売を開始することが判明していますが、少なくとも「Huawei P30 Pro」や「Huawei P30 Lite」には「アップデート」は除いて影響はないと判断することができます。今後の動向に要注目です。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG