「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」を最適かつ完璧にした機種へ。そして「Galaxy S11」のコードネームは「ピカソ」に。

先行発売地域においては「3月8日」より発売を開始した「Galaxy S10」「Galaxy S10+」そして「Galaxy S10e」ですが、日本でも「Galaxy S10e」を含めて発売される可能性が高いと予測されていましたが、「au」と「DoCoMo」が共通して「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」を正式に発表し、「DoCoMo」に関しては、さらに「Galaxy S10+」の派生モデルである「オリンピックバージョン」を数量限定で発売することを案内しています。

詳細は「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」と「「au」の夏モデルの注目株。「Galaxy A30」と「Huawei P30 Lite」のどちらがおすすめかまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で、以前より「DoCoMo」と「au」から発売される可能性が確実視されていた「Galaxy Fold」ですが、その認証情報からも「キャリアモデル」が存在している可能性は非常に高いことが判明している中、「アメリカ」など「発売日」が無期限で延期になった影響なのか実際に発表されず、これで日本国内ではいつ発売をするのか判然としない状況になりました。詳細は「「Galaxy S10e」の日本発売の可能性も?「Galaxy Fold」が「DoCoMo」と「au」から夏モデルとして発売に。」をご参照下さい。

一方で今年の「8月」に正式発表される可能性が高いと予測されている「Galaxy Note10」ですが、少なくとも「ディスプレイサイズ」が異なる「2つ」のモデルが発表される可能性が高いと予測されており、さらにそれぞれが「4G」モデルと「5G」モデルが存在していることが判明していることからも、「地域」によると思いますが、最低でも「4モデル」展開になる可能性が高いと予測されています。

詳細は「「Note」シリーズ初の「2モデル」展開に。「Galaxy Note10」は「Galaxy S10 5G」と同様の「カメラ」を搭載に。」と「「6.2インチ」「6.4インチ」「6.7インチと3つのディスプレイサイズに。「Galaxy Note10」は複数は最低でも4つのモデルが登場に。」をご参照下さい。

さて今回リーカーとして非常に定評のあるIce Universe氏が自身のTwitterにおいて、「Galaxy Note10」は「Galaxy S10」シリーズの完全な完成形になるとTweetしていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



究極の完成形に。

さて今回Tweetされていた内容は以下のようになります。

Note10 is the optimization and perfection of Galaxy S10 and Note9. Samsung’s positioning for Note is “stable and mature”, and the positioning of Galaxy S is “radical innovation”

今回のTweetによると、「Galaxy Note10」シリーズは、「Galaxy S10」シリーズと「Galaxy Note9」を「最適化」しさらに「完璧」にしたものだとしています。さらに「Galaxy Note」シリーズの立ち位置は「安定と成熟」だとしています。確かに「Samsung」は毎年「S」シリーズと「Note」シリーズの2種類を発表していますが、別シリーズとはいえ、その年の最上位モデルが「Galaxy Note」であることも判明しています。

また「Galaxy S」で新たに採用された技術を継承して、「Galaxy Note」で採用していますもんね。最近で言えば、「Galaxy S9」シリーズで採用された「デュアルアパチャー」機能は「Galaxy Note9」にも採用されています。つまり逆に考えれば、「Galaxy S」シリーズで新たに採用されたことが、「Note」シリーズで採用されたとも考えることができます。

「Galaxy S10」シリーズで新たに採用された技術と言えば、「ディスプレイ統合型指紋センサー」に「パンチホール式」の「ノッチ」スタイル。さらに「トリプルレンズカメラ」に「リバースワイヤレス充電」って感じでしょうか。つまりこれら新技術は「Galaxy Note10」に採用される可能性が高いと判断することができます。ただ「Galaxy Note10」のリーク情報は地味にありますが、その情報が「Galaxy Note10e」のものなのか「Galaxy Note10 Pro」のものなのか。それとも「4G」モデルのものなのか「5G」モデルのものなのかと判然としない状況にあります。

まあどれかしらのモデルに採用されると判断することができます。一方で今回のTweetにおいては、「Galaxy S」シリーズにおいては、「革新性」の立ち位置にあるとしています。確かに、何かしらの大きな動きがあるのは「S」シリーズですよね。最近「Note」シリーズが先に大きな動きをしたのは、それこそ「Galaxy Note8」で初めて「デュアルレンズカメラ」を搭載したことでしょうか。

そして同氏は、来年に発表される可能性が高い「Galaxy S11」シリーズに関してもTweetしており以下のようになります。

Galaxy S11 R & D code: Picasso

「Galaxy S11」の「コードネーム」は「ピカソ」になるとしています。単純にスペックが判明したわけではなく、「コードネーム」が判明しただけですが、その「コードネーム」にどのような意味を込めてつけているのか非常に気になりますよね。「2020年」からはより「5G」に特化した機種が多く発表されると予測されていることからも、「Galaxy S11」がどのような機種になるのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG