「ニーズ」をしっかり捉えているからこそ選びやすい。「Xperia 1」と「Xperia Ace」の選び方をまとめてみた。

「5月16日」に「DoCoMo」が「夏モデル」を「13機種」正式に発表したことにより、「Xperia 1」が「DoCoMo」「au」「SoftBank」から正式に発売を開始することが確定した一方で、当初の予測より、「Xperia 1」の発売時期は「6月中旬」以降とされています。これは、「DoCoMo」が新料金プランに以降する兼ね合いと、「Xperia 1」の「カメラソフト」の開発の遅れが影響していると判断することができます。

詳細は「夏モデルは全体的に価格が安い。「Xperia 1」と「Xperia Ace」を正式発表へ。発売は「6月」以降に。」と「auが「夏モデル」を正式に発表。「Xperia 1」は「ROM64GB」モデルで本体価格は割高な「11万2000円」に。」と「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」をご参照下さい。

一方で、「DoCoMo」専売モデルとして、「Xperia Ace」が「6月1日」より発売を開始することが正式に発表されており、さらにこの「Xperia Ace」は執筆時点では「SIMフリー」モデルの販売の予定はないとされており、海外ユーザーにおいても、やはり「Compact」モデルを待望していたユーザーが多いことからも、「日本」限定での販売になったことからも、残念に思うユーザーが多いことが判明しています。

一方で先日「SONY」は数年ぶりとなる「ブロガーミーティング」を開催し、「Xperia 1」と「Xperia Ace」を実際に試用することが可能なイベントとなっており、特に「Xperia 1」に関しては、実際に「テスト機」とはいえ、「カメラ」や「ディスプレイ」において、非常に完成度が高く、さらに「本体カラー」においても、海外では「グレー」が一番人気となっていますが、「パープル」においても非常に質感を確認することができ、さらに「Xperia Ace」に関しても「ミドルレンジモデル」とは思えない「質感」を確認することができました。

詳細は「ほぼ同じサイズでも「Xperia 10 Plus」とは訳が違う。「Xperia 1」を実際に触れてきたので簡易レビュー。」と「「Xperia」伝統のあのデザインが復活に。「Xperia Ace」の「カメラ」と「デザイン」を実機で確認してみた。」をご参照下さい。

さて今回先日開催された「Xperiaブロガーミーティング」において、「Xperia 1」と「Xperia Ace」を比較する機会があったので、簡単な比較をまとめたいと思います。



簡単に比較。

まず「デザイン」から簡単に比較したいと思います。上記の画像において「左側」が「Xperia 1」で「右側」が「Xperia Ace」となっています。「Xperia 1」は「ガラス」を採用している一方で、「Xperia Ace」は「プラスチック」を採用していますが、「Xperia Ace」の質感は非常に高く、とても「プラスチック」を採用しているようには見えません。むしろ「Xperia 1」のほうが、「ガラス」を採用しているせいか、光沢感が強く高級感がある一方で、指紋がかなり目立つように感じます。

フロント部分を比較するとこんな感じです。「Xperia 1」は「本体カラー」に関係なく、「ベゼル」が「ブラック」となっていること。そしてそもそも「ベゼル」がかなりスリム化されていることもあるので、ベゼルが非常に目立ちにくいです。一方で「Xperia Ace」に関しては、「ベゼル」が「本体カラー」と同一であること。そして「アスペクト比18:9」を採用している割には、かなり「ベゼル」が太いことからも、その存在感はバリバリです。

「ステレオスピーカー」や「指紋認証」を「電源ボタン」に統合する上で、「ベゼル」は必要不可欠な部分であることが判明していますが、それでも、「ベゼル」をスリム化することで、より「本体サイズ」を小型化してくれればよかったのにという声もよく聞きます。やはり「Compact」モデルはスペックとデザインのバランスが非常に難しいんだと思います。次に「スペック」を比較すると以下のようになります。

Xperia 1Xperia Ace
ディスプレイ有機ELディスプレイ液晶
ディスプレイサイズ6.5インチ5.0インチ
表示解像度4K(3840×1644)FHD(2160×1080)
アスペクト比21:918:9
本体サイズ167x72x8.2mm140x67x9.3mm
重さ178g154g
SoCsnapdragon855snapdragon630
OSAndroid9.0
RAM/ROM6GB/64GB4GB/64GB
メインカメラ12MP+12MP+12MP12MP
インカメラ8MP
バッテリー3200mAh2700mAh
イヤホンジャック×
ワイヤレス充電×
防水・防塵IP68IP58
生体認証指紋
Felica

「本体サイズ」から改めて比較してみると。

まず「Xperia Ace」のほうが圧倒的に「小さい」分、圧倒的に「分厚く」感じます。また側面を確認すると、「Xperia 1」は「電源ボタン」と「指紋認証」は別々に搭載されており、さらに「シャッターボタン」が搭載されていますが、「Xperia Ace」に関しては、「指紋認証」と「電源ボタン」が統合されており、「シャッターボタン」はありません。

本体下部を確認すると、「USN-C」を搭載してことは共通ですが、「Xperia 1」は「本体下部」に「ステレオスピーカー」を搭載している一方で、「Xperia Ace」に関しては、従来の「Xperia」と同じく「フロント部分」に「ステレオスピーカー」を搭載しています。ただ音質は「Xperia 1」のほうが良く感じます。

そして「本体」上部において、「Xperia Ace」に関しては「イヤホンジャック」を搭載している一方で「Xperia 1」は搭載しておらず、そのかわり「SIMトレイ」を搭載していることを確認することができます。次に「処理性能」に関しては比較する必要性はありません。「Xperia 1」のほうが圧倒的にいいです。そして「カメラ」に関しては、「Xperia 1」は「プロ」仕様となっており、「Xperia Ace」は簡単にかつ「SNS」でのシェアを意識した仕様となっています。

特に「Xperia Ace」は「シングルレンズカメラ」を搭載しながらも、「ハイブリット手ぶれ補正」に対応していること。「ポートレート」などの撮影に対応しているなど、「カメラ」に関しては、「ミドルレンジモデル」というよりは、「ハイエンドモデル」に近い仕様になっています。

そして「電池持ち」に関しては、「Xperia Ace」が圧倒的だと判断することができます。「液晶」かつ「5.0インチ」の「ディスプレイ」では、「Xperia Ace」のほうが電池持ちがいいのは必然かと。その上で今回の要点をまとめると以下のようになります。

Xperia 1Xperia Ace
ディスプレイ
持ちやすさ
処理性能
デザイン
カメラプロSNS
電池持ち
価格

「Xperia 1」に関しては、「SONY」の技術を結集した「カメラ」や「ディスプレイ」を搭載しており、「カメラ」や「ディスプレイ」など、「こだわり」を持っている人が選ぶべき機種になります。逆に「デザイン」など選ぶべき機種ではありません。「カメラ」に関しても、「オート」撮影でもかなり高精細に撮影することができますが、「写真」であれば「マニュアルモード」で。そして「動画」であれば「Cinema Pro」で撮影する。つまり自分で設定した上で撮影したい人におすすめの機種になります。

一方で「Xperia Ace」に関しては、従来の「Compact」モデルの良さを継承しており、「電池持ち」が良く「持ちやすい」。さらに「処理性能」を最低限にすることで「本体価格」を抑え、でも「カメラ」はSONYのこだわりに加え、「SNS」や「セルフィー」を意識した「カメラ」となっています。「Xperia Ace」はそれこそ「女性」から「男性」まで。そして「素人」から「玄人」までが選択できる機種となっています。

なので、自分が「スマートフォン」に何を求めるのか、SONYは今回非常にわかりやすい「2機種」を用意してくれたと思います。気になる方はぜひチェックして見てください。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG