「DoCoMo」が利益を削ってまで「本体価格」を安く。「Xperia 1」など「夏モデル」と「SIMフリー」モデルの価格を比較してみた。

事前情報においては、まず「DoCoMo」が新料金プランを「6月1日」より開始することからも、「夏モデル」の発売は「6月」以降になると予測されており、さらに、「夏モデル」は全部で「14機種」発売される可能性が高いと予測されていましたが、実際には事前情報とは異なり、「Google Pixel 3a XL」が発表されなかったので、全部で「13機種」となりましたが、発売時期に関しては「6月」以降で確定しました。

詳細は「悲報。「DoCoMo」版「Xperia 1」は新料金プランとの兼ね合いで発売は「6月」に。」と「「Xperia 1」と「Xperia Ace」の2機種を筆頭に。「DoCoMo」の「夏モデル」は全部で「14機種」になるかも。」をご参照下さい。

一方でかなり注目度が高かった、「Xperia 1」ですが、事前情報においては、「5月下旬」より発売を開始する可能性が高いと予測されていましたが、実際に「SoftBank」「au」「DoCoMo」と正式に発表し、その「発売時期」に関しては「6月中旬」以降であることを正式に発表しています。

詳細は「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」と「auが「夏モデル」を正式に発表。「Xperia 1」は「ROM64GB」モデルで本体価格は割高な「11万2000円」に。」をご参照下さい。

一方で事前情報では、「au」と「SoftBank」に関しては、「Xperia 1」に加え、「Xperia 10」シリーズを扱う可能性があると予測されてきましたが、実際には発表されることはなく、「DoCoMo」が「日本市場」限定かつ「DoCoMo」限定モデルとして「Xperia Ace」を正式に発表しており、「ミドルレンジモデル」でありながら、「カメラ」など必要な部分にしっかりと注力しており、さらに「本体価格」が「5万円」以下と、非常にコスパに優れた製品となっています。詳細は「夏モデルは全体的に価格が安い。「Xperia 1」と「Xperia Ace」を正式発表へ。発売は「6月」以降に。」をご参照下さい。

さて今回、「DoCoMo」の夏モデル発表会において、「DoCoMo」の端末価格が、「SIMフリー」モデルと比較して非常に安いので、改めて「SIMフリー」モデルの価格と比較したいと思います。



「SIMフリー」モデルと比較。

さて今回「SIMフリーモデル」の老舗でもある「Etoren」と「DoCoMo」の「夏モデル」の本体価格を簡単に比較したいと思います。ちなみに「au」に関しては「「SIMフリー」の時代が到来に。「au」の「夏モデル」「Xperia 1」や「Galaxy S10」などの本体価格を比較してみた。」をご参照下さい。

夏モデルDoCoMoEtoren
Galaxy S108万9424円8万2200円
Galaxy S10+10万1088円9万4200円
Google Pixel 3a4万6656円6万500円
Xperia 110万3032円
Huawei P30 Pro8万9424円12万2500円

「Expansys」と異なり、「Etoren」は「本体カラー」によって、「本体価格」が異なるため、執筆時点で最も安い価格を記載しています。また「Etoren」に関して必ず「送料2000円」が加算されます。その上で確認すると、「Galaxy S10」シリーズに関しては、発売を開始して「3ヶ月」近く経過しようとしているため、発売当初と比較して、本体価格はかなり値下がりをしています。

この状況の中で、「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルにほぼ価格差がないことを考えると、「キャリアモデル」がかなり安いと判断することができます。特に歴代「Galaxy」は「本体価格」が高く、さらに「月々サポート」の金額も少ないなど、他の機種と比較すると、手を出しにくい状況でしたが、今回の「Galaxy S10」と「Galaxy S10+」は比較的に手を出しやすい状況になりました。

次に「Google Pixel 3a」ですが、「Etoren」と比較するとかなり安いというか、「Etoren」での本体価格が高すぎです。ちなみに国内での「本体価格」を比較すると以下のようになります。

Google Pixel 3a本体価格
DoCoMo4万6656円
国内版SIMフリー4万8600円
SoftBank5万7120円

国内では、「Google Pixel 3a」の購入方法が上記の3種類ありますが、「DoCoMo」の「キャリアモデル」が一番安いです。少なくとも「新製品発表会」において、「DoCoMo」は、端末を販売することによって、発生する利益の一部を今回は削っているとしています。つまり利益を削って、その分本体価格を安くしたとしています。こうやって「Google Pixel 3a」の価格を比較すると、「DoCoMo」がいかに努力したか確認することができますよね。

そして「Xperia 1」に関してですが、いまだ「Etoren」や「Expansys」において「本体価格」が公開されていません。「ROM64GB」をどう考えるか次第ですが、少なくとも「ヨーロッパ」で判明している「本体価格」よりは表面上安いです。

そして「Huawei P30 Pro」ですが、個人的に一番インパクトがあります。「SIMフリー」モデルは、「4月中旬」あたりから発売を開始しているので、まだそこまでの値下げが行われていません。その中で、「キャリア」モデルとはいえ「8万円代」で購入できるのは非常に安いです。ただ残念なのが、「発売時期」が「夏頃」と、他の機種と比較して大幅にずれこむことです。

ただ世界最高の「カメラ」を試したい人にとっては、まさにおすすめの1台になると判断することができます。だいぶ前は「キャリアモデル」が安く「SIMフリーモデル」が安いというイメージでしたが、直近では「SIMフリー」モデルのほうが安いというイメージでしたが、今回の「夏モデル」に関しては、また逆転して「キャリアモデル」のほうが安くなりました。

「端末購入サポート」がなくなったので、以前のように実質負担金を大幅に減らすことはできませんが、そもそもの「本体価格」をしっかり下げてくれたのは、「分離プラン」のおかげなのかもしれませんね。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG