「カメラ」は未完成みたいけど「完成度」はめっちゃ高い。「Xperia 1」で撮影したサンプル画像を多数公開に。

かなり情報が錯綜していますが、先日の情報からも、「Xperia 1」の「テスト機」においては、「歪み」や「ノイズ」が発生していることを確認することができますが、一方で「カメラソフト」の調整はまだ完了していない可能性が高いと予測されており、最悪の場合、「Xperia 1」の発売日は「1〜2週間」程度ずれ込む可能性があると予測されています。

詳細は「不満なんて本当にない。「Xperia 1」で撮影された超高精細な写真が多数公開された。」と「やはり「低照度」になるとちょっと微妙な感じに。「Xperia 1」で撮影された写真の第2弾が公開に。」をご参照下さい。

一方で、先日の情報からも、「Xperia 1」に「Samsung」製の「カメラセンサー」を採用した理由の一つとして、「人物」の撮影をより強化するためであり、「人物」の撮影を強化することにより、カメラの有名な評価サイトである「DxOMark」において高評価を獲得するためだとされています。詳細は「「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由。それは「DxOMark」で高評価を獲得するため。」をご参照下さい。

また先日の情報からも「Xperia 1」はすでに「DxOMark」においてレビューを開始している可能性が高いとされており、「Xperia 1」の発売と同時に公開される可能性が高いと予測されています。ただその評価は、「動画」の評価が低いことからも、トップスコアを獲得することはない一方でがっかりするようなスコアになることはないとされており、さらに、一部情報では、「105」以上のスコアを獲得する可能性が高いことからも「iPhone XS Max」以上の評価を獲得する可能性があると予測されています。

詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

さて今回先日開催された「Xperiaブロガーミーティング」に参加し、「Xperia 1」で撮影したサンプル画像を大量に入手することができたので、その一部を簡単に公開したいと思います。



「サンプル」画像を多数公開に。

さて先日「ブロガーミーティング」に参加しましたが、事前情報通り、「カメラソフト」に関しては、やはり未完成だそうです。今は最終調整しているとのことでした。現に「Xperia 1」で撮影した画像がを持ち帰ることができませんでしたが、一方で「Cinema Pro」で撮影した「動画」を持ち帰ることは可能でした。なので単純に考えれば、「画像」の最終調整であると判断することができます。

一方で、「Xperia 1」で撮影した「サンプル」画像を頂くことができたので、今回その一部を公開したいと思います。ちなみに「記事」に掲載する以上、めちゃくちゃ圧縮しています。普段「iMac 5K」で記事を作成していますが、「iMac」でみてもめちゃくちゃ綺麗であることを確認することができます。本当に綺麗です。なので今回はサンプル画像の雰囲気を味わって頂ければと思います。まずが上記の画像は「標準」で撮影。

次に「広角」

そして「望遠」レンズで撮影した「サンプル」画像になります。

次にまた「標準」レンズ。

次に「広角」レンズ。

そして「望遠」レンズで撮影した画像になります。冒頭でも記述しましたが、「被写体」の影響もあるかもしれませんが、「歪み」や「ノイズ」を確認することができません。むしろ、今までの「Xperia」の「カメラ」にはない「高画質」です。次に「プレミアムオート」で撮影した画像になります。

ポートレートモードのように、手前の花弁に照準が合って、非常に雰囲気が出ていることを確認することができます。

歴代「Xperia」が苦手な中途半端な低照度におけるサンプル画像になります。特段「ノイズ」も発生することはなく、さらに「歪み」が発生しやすい「ビル」も「歪み」が発生することなく、綺麗に撮影することができています。

さらに最も「低照度」になる、「歪み」が発生していたらすぐに分かる被写体においても、特段「歪み」が発生していません。正直これだけ明るく撮影できるのであれば、十分かと。

一応「高照度」における「ビル」の写真も。「ビル」はもちろん「歪み」が発生しておらず、さらに、「水面」に反射している「ビル」までも綺麗に撮影することができています。

そして上記の画像は「マニュアルモード」で撮影した画像になります。苦手な「低照度」における撮影条件になりますが、「白とび」することなく、はっきりと撮影していることを確認することができます。これだけ撮影できれば、「Huawei P30 Pro」ほどの「ISO40万」とか不要ですよね。

そして「HDR」で撮影した画像になります。やはり「Huawei P30 Pro」と比較すると、全体的に暗い印象を受けます。ただこちらも同様に「白とび」がしていません。

先日には「Xperia XZ3」の「DxOMark」における評価が公開されましたが、散々な結果となっています。低評価につながった大きな要因として、一つは「ノイズ」。そして「低照度」において「HDR」で撮影することが困難であるからこそ、低評価につながったとされています。

ただ「サンプル」とはいえ、「Xperia 1」では「ノイズ」そして「HDR」に関してはかなり改善されていると判断することができます。正直「Xperia 1」のリークしていた画像を確認する限りそこまで期待していませんでした。しかしながらこれだけ凄まじい「サンプル」画像を見てしまうと、これでもまだ「未完成」とは正直思えません。「発売」まであと1ヶ月程度ありますが、より「カメラ」の完成度が高くなっていると考えるとぞっとします。

すでに「DoCoMo」「au」「SoftBank」と予約を開始しています。気になる方はぜひチェックしてみてください。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG