撤退する意志はなく「Xperia 1」は序章に過ぎない。2年後に「Xperia」は誰もが欲しくなる機種に大幅に進化へ。

「SONY」の開発担当者からの発言として、「Xperia Z」シリーズで落ちた売上を立て直すために、「Xperia X」シリーズに移行したわけですが、「SONY」としては最低限の「スペック」をカバーしつつ、その上で「本体価格」を安くすることが市場のニーズを満たす上で必要だと判断し、その結果「Xperia XZ3」まで継続した「Xperia X」シリーズでしたが、その結果は散々で、さらに失敗だったと認めていることが判明しています。詳細は「SONYが「Xperia X」シリーズは失敗だったと認めたからこその「Xperia 1」の完成度。日本での発売は初夏以降(5月)に。」をご参照下さい。

一方で、「SONY」は「モバイル部門」の立て直しが急務だと判断しており、「2020年」までに「黒字化」すること目標としており、先日の情報からも、「販売地域」を大幅に縮小し、今後は「日本」を含めた「アジア圏」と「ヨーロッパ」を中心に販売を強化していくこと。そして徹底的なコストカットの一環として、「Xperia」の製造において最大の拠点だった「北京工場」を閉鎖し、今後、さらに「2000万人」規模でリストラを進めていくとが判明しています。詳細は「東南アジアとヨーロッパのみの販売に。次期「Xperia 2」以降はさらに発売地域が限定される。」をご参照下さい。

さらに先日の情報からも、SONYは「2018年度」の決算内容を発表しており、赤字金額は、構造改革中とはいえ「600億」円程度増加しており、さらに「販売台数」は「2017年」度と比較して、「半減」に減少していることが判明しており、さらに先日発表されたばかりの「2019年」第一四半期においては、「出荷台数」がここ「10年」で過去最低記録を更新しており、「Xperia 1」の発売の遅れがかなり影響していると判断することができます。

詳細は「「Xperia 1」でどこまで立て直せるか。「Xperia XZ2」シリーズは最大の失敗で僅か1年で販売台数は半減に。」と「「Xperia 1」の発売の遅れは出荷台数に大きな影響を。最悪と呼ばれた「2018年第2四半期」よりさらに「半減」に。」をご参照下さい。

さて今回ePriceによると、SONYは「2021年」に「Xperia」は誰もが欲しくなるような機種に大幅に進化するとモバイル部門から撤退しない強い意志をみせていることが判明したと報告しているので簡単にまとめたいと思います。



誰もが欲しくなる機種に。

さて今回同サイトは以下のように報告しています。

消息是在中國當地索尼的一場活動專訪傳出,根據 快科技 報導,指索尼集團高級執行副總裁高木一郎對今年四月份啟動的 Sony 事業部門整合調整信心滿滿,自此索尼三大消費電子業務方向一致,除了可持續累積索尼在技術與業務上的基礎累積,也會增強內部人才流通性並提升技術性,最終擴大索尼獨創技術優勢。

集團資源整合,對 Sony Mobile 來說的確是好事,例如即將上市的 Xperia 1 旗艦手機就是獲得更多來自 Alpha 相機技術支援的例子。另一方面,快科技也引述了索尼中國總裁高橋洋在會中所說:「二年後 Sony 手機將會讓大家刮目相看」,顯示索尼集團對手機事業的不放棄決心。

「Xperia 1」では「αカメラ」と共同で「カメラ」を開発し、さらに「部門統合」によって、「Xperia 1」を例に、様々な部門を超えたサポート体制により、「Xperia」はより進化する可能性があるとしています。その上で、SONY中国の高橋社長は「2年後にXperiaは多くの人が興味を持つ機種に進化する」と発言していることが判明したとしています。

少なくとも「SONY」は今の業績が続けば撤退する可能性が高いと予測されており、黒字化への期限も「2021年」だとされています。詳細は「「Xperia 1」と「Xperia 2」で数字を立て直すことができなければ。Sonyは「2020年」に「モバイル」部門は撤退になるかも。」をご参照下さい。つまり同氏は、「モバイル部門」から撤退するどころか、むしろ売上に大きく貢献できるような「Xperia」を発表することができると、強い意志を示していると判断することができます。

ただ同サイトも、「2年後」に「Xperia」が復活できる根拠は何もなく、さらに「モバイル部門」を継続することができる根拠もないとしています。確かに言いたいことはわかりますよね。そしてまずは「Xperia 1」の発売がより重要だとしています。先日の情報からも、「Xperia 1」の「台湾」での予約開始は「5月17日」からだとされており、「5月26日」まで予約期間が継続するとされています。

ただ「カメラソフト」の開発の影響からも、「台湾」や「香港」そして「中国」においては当初の「発売日」より遅れが出る可能性が高く、「香港」や「台湾」では「5月31日」頃に、「中国」では「6月6日」頃に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「「SIMフリー」モデルの入手は遅れる。「Xperia 1」の「発売日」は一部地域では「1週間」程度に延期に。」をご参照下さい。

やはり「売上」を確保する上では、「アジア圏」での販売は重要となってきており、SONYとしても特に「中国」では失敗することは許されず、少しでもシェアを回復させる必要性があると考えることができます。一方で「日本国内」においては「DoCoMo」「au」「SoftBank」が揃って「6月中旬」に「Xperia 1」の発売を開始することを案内しています。

SONYにとって「日本市場」は優先市場だと考えることができますが、なぜここまで「発売日」が遅いのかも非常に気になるところです。「Xperia 1」は「Xperia XZ premium」以来となる非常に反響が高い機種だと判断することができます。どのような売れ行きになるのか非常に楽しみですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG