「モバイル部門」復活のための第1歩。「Xperia 2」には「5G」に対応した「premium」モデルが存在しているかも。

「Xperia 1」が正式発表される前。つまりまだ「Xperia XZ4」が発売される可能性があると予測されていた時期の情報として、有名なリーカーであるZackbuks氏は、今年は例年と異なり、「premium」モデルが先行で発売になり、「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は通常の「フラッグシップモデル」になる可能性が高いと予測しています。

しかしながら「SONY」の関係者の話になると、「ハイエンドモデル」を乱発することはなく、「MWC2019」で発表した機種に対して、「IFA2019」で発表する機種はアップグレードモデルになる可能性が高いと発言していることからも、同氏の発言と矛盾を抱えており、少なくとも信憑性で考えれば「SONY」の関係者の発言のほうが信頼できると判断することができます。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

一方で、今年の後半に登場が予測されている「Xperia 2」ですが、一部スペックがリークしており、「ディスプレイサイズ」は判然としないながらも、少なくとも「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらに「RAM6GB/ROM128GB」に対応するなど、「Xperia 1」と共通するスペックが多くなると予測されています。また先日に「CAD」を基に作成されたレンダリング画像が公開されており、その一部スペックが明らかになっています。

詳細は「今年最後の「snapdragon855」搭載モデル。「Xperia 2」の詳細なスペックがリークに。」と「「Xperia 1」の発売が遅いからこうなる。「3000mAh」を搭載した「Xperia 2」のレンダリング画像が早くも公開に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが完成度が高くなると予測されており、何より「部門編成後」の最初の機種になると予測されており、何より「カメラ」が大幅に強化されている可能性が高いと予測されています。詳細は「「カメラ」を重要視するなら。「Xperia 1」より「IFA2019」で発表される「Xperia 2」を待つべし。」と「「2019年」は新型「Xperia」が「7モデル」に。「Xperia 2」はカメラの進化が大きな特徴になるかも。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、今年発表が予測されている次期「Xperia」において「5G」モデルが存在している可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「5G」対応モデルが存在に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

5G Xperia is possible for this year, but i cant tell you anything, because i forgot

さて今回の投稿は、「Xperia XZ2」や「Xperia 1」の「カメラ」のスペックなどを正式発表前に的中させた人物による投稿となっており、その情報の信憑性はかなり高いと判断することができます。今回の投稿によると、今年は「5G」に対応した「Xperia」を利用することが可能になるとしています。つまりIFA2019において「5G」に対応した「Xperia」が発表される可能性が高いと判断することができます。

一応先日の情報からも、「Xperia 2」には「5G」対応モデルが存在している可能性があると予測されていました。

ただ事前情報において「Xperia 2」は「3000mAh」のバッテリーを搭載する可能性が高いと予測されていることからも、このまま「5G」に対応している可能性は非常に低いと判断することができます。何より「5G」に接続することで、大幅に消費電力が増加するとされており、「Huawei Mate20 X」は別の話として、「Galaxy S10 5G」や「Xiaomi Mi MIX 3 5G」は「4G」モデルよりもより大型のバッテリーを搭載しているくらいなので。

だとすると、今回の情報が正しければ、「5G」に対応した新シリーズを発表するもしくは、「Xperia 1」に「5G」モデルを追加するのか。それとも「Xperia 2」に「5G」に対応した「特別モデル」を追加するかのどれかの選択肢が妥当だと判断することができます。まず「新シリーズ」に関しては、「2020年」以降、「5G」対応機種がベースになっていくことを考えると、正直可能性は低いと判断することができます。

次に「Xperia 1」に「5G」モデルの追加ですが、「Xperia 1」は「4K OLED HDR」に対応しているにも関わらず「3330mAh」のバッテリーしか搭載していません。つまり「バッテリー」容量を増加させるなど、「派生」モデルを登場させない限り非常に厳しいと判断することができます。だとすると、「Xperia 2」に「5G」に対応した「派生モデル」を追加すると考えたほうが可能性は高いですよね。

ちなみに先日の情報からも、「Xperia 2」には「液晶」を搭載したモデルと「有機ELディスプレイ」を搭載したモデルの2種類が存在している可能性が高いと予測されています。「Xperia XZ3」に「Xperia 1」と「有機ELディスプレイ」を搭載していることからも、ベースモデルとして「液晶」を搭載する可能性は低いと判断することができます。なので「有機ELディスプレイ」モデルで、「2モデル」存在していそうですよね。

「SONY」にとって、大赤字である「モバイル」部門を継続させる最大の理由は「5G」の基礎技術を開発するためだとされています。つまり「Xperia」に「5G」を対応させないと、それこそ存続させている意味がなくなります。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!