「Xperia 1」の発売時期が「6月中旬」は納得?「Xperia 1」の「ソフトウェア」は未だ完成せず。

  1. Xperia

かなり情報が錯綜していましたが、先日の情報からも「香港」においては、「5月26日」より「発売」を開始する可能性が高いと予測されている一方で、「中国」に関しては「5月20日」にイベントを開催し、「5月21日」より「予約」を開始し、「6月1日」より「発売を開始」に。そして「ヨーロッパ」においては「5月15日」に「予約」を開始し、「6月2日」より「発売」を開始する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「見事「10万円」以内の破格の価格設定に。「Xperia 1」は「5月26日」より「香港」で「9万9000円」で発売開始に。」と「日本はやはり出遅れ気味?ヨーロッパで「Xperia 1」は「5月15日」より予約開始で「6月2日」に発売を開始に。」をご参照下さい。

一方で当初は「5月下旬」に「日本国内」で発売される可能性が高いと予測されていた「Xperia 1」ですが、先日の情報からも「DoCoMo」の新料金プランへの移行に伴い「6月」にずれこむ可能性が高いと予測されている中、さらに先行発売地域である「アジア」が「6月」上旬で発売を開始すること。そして「国内」での「発売」が金曜日である可能性が高いことからも、「6月7日」になる可能性が高いと予測することができます。

詳細は「悲報。「DoCoMo」版「Xperia 1」は新料金プランとの兼ね合いで発売は「6月」に。」と「やはり?「DoCoMo」の「Xperia 1」は「6月7日」に発売を開始になるかも。」をご参照下さい。

一方で例年通りに「SoftBank」が3キャリアの中で一番早くイベントを開催し、「Xperia 1」と「Xperia 10」を扱う可能性があると予測されていましたが、実際には「Xperia 1」のみを正式に発表し、事前情報通り「ROM64GB」であることが判明しました。また「本体カラー」が「グレー」以外の「3色」であること。そして「発売時期」が「6月中旬」以降であることもアナウンスしています。

詳細は「「DoCoMo」は「Xperia 1」のみを発売に?「au」と「SoftBank」は「Xperia 1」に加えて「Xperia 10」も発売に。」と「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回Xperia Blogのコメント欄において、「Xperia 1」の「ソフトウェア」は未だ完成していないことが判明したと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「ソフトウェア」が未完成に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Btw, x1 was shown oficially in Poland today with locked software as it is NOT YET ready!
Are you kidding me sony? 10th of May and your software is not ready? ?? This is what we will see in future for sofrware updates and result of xost cutting policy (reduced software staff by 50%)…

Device to be released 1st June.
Timing of sony is Joke of 2019.

Sad news is camera is rather mediocre (no surprise).
Do not expect p30 pro level or beyond.

今回の投稿によると、「5月11日」時点の話として、「ポーランド」において「Xperia 1」の「ソフトウェア」が公開されたとしています。とはいえ、「ロック」されているとしています。つまり中身を確認することができません。この事象に対して今回の投稿者は「5月10日時点」で「Xperia 1」のソフトウエアの準備が完了していないことを意味しているとしています。

また先日の情報において、「Xperia 1」は「ヨーロッパ」地域においては「6月2日」に発売を開始する可能性が高いと予測されている中、今回の投稿によると「Xperia 1」の発売日は「6月1日」になるとしています。つまり「ヨーロッパ」地域での発売日は、「6月1日」もしくは「6月2日」になる可能性が高いと判断することができます。

また今回の投稿によると、悲しいニュースとして「Xperia 1」の「カメラ」はあまりにも「平凡」ですとしており、「Huawei P30 Pro」以上のレベルを期待するべきではないないとしています。ただ「カメラ」に関する情報も錯綜しており、少なくとも「DxOMark」において、レビューがすでに開始しており、「動画」の評価が少ないことからも「トップスコア」を獲得することはないと予測されています。

ただそれでも同サイト」において「105」以上のスコアを獲得する可能性が高いと予測されていることからも「Xperia 1」は「iPhone XS Max」以上の評価を獲得する可能性が高いと予測されています。詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

ただ一部の情報によると、「カメラ」ソフトの最終調整はまだ終了しておらず、「Xperia 1」の発売時期。特に「香港」や「台湾」に影響がでて、最大で「2週間程度」発売時期がずれこむ可能性があると予測されています。詳細は「まだ「カメラ」は未完成みたい。「Xperia 1」の「発売日」は「1〜2」週間遅れる可能性があるかも。」をご参照下さい。

冒頭でも記述しましたが、「Xperia 1」の「キャリアモデル」の発売は「6月中旬」以降になるとされています。これは「カメラソフト」の完成も加味した上で、もっとも余裕を持ったスケジュールなのかもしれませんね。だとすると「SoftBank」に限らず「au」や「DoCoMo」に関しても「6月中旬」以降の発売になる可能性が高いと判断することができます。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事

「Huawei P30 Pro」のケースを「Galaxy S…

2020年には「アメリカ」市場抜きの状態でも、スマートフォン市場において世界1位になる可能性が高いと予測されている「Huawei」ですが、連日の報道にあるように、白羽の矢…