「4K」は「上半期」に。「2K」が「下半期」に。「Xperia 2」はやはりフラッグシップモデルで「Xperia」のロゴが廃止に。

SONYが先日発表した「決算」においても、「2018年」度は「1000億」に近い赤字を記録しており、さらには「2017年」と比較しても販売台数は「半減」していることが判明しており、かなり厳しい状況に立たされていますが、「2021年」までの「黒字化」を目指しているため、大きな転換期に入っていることを確認することができます。詳細は「「Xperia 1」でどこまで立て直せるか。「Xperia XZ2」シリーズは最大の失敗で僅か1年で販売台数は半減に。」をご参照下さい。

少なくとも大幅な赤字を改善させるために、「北京工場」の閉鎖や大幅な「リストラ」の実施。さらには「Xperia 10」シリーズを含めた「ミドルレンジモデル」および「ハイエンドモデル」の発売地域の徹底的な見直しなどを行なっていますが、2019年度でも「500億」程度の赤字になるとされており、少なくとも「2020年」までに「黒字化」への道筋が見えない場合は、「モバイル」部門から撤退する可能性があると予測されています。

詳細は「「売上」も半分だけど。「Xperia 1」の発売地域もかなり制限され「半分」に。」と「「Xperia 1」と「Xperia 2」で数字を立て直すことができなければ。Sonyは「2020年」に「モバイル」部門は撤退になるかも。」をご参照下さい。

一方でSONYは今年の「4月」から部門の再編成を行なっており、この効果が発揮されるのは、少なくともすでに発表されている「Xperia 1」ではなく、下期に登場する「Xperia 2」からだとされており、有名なリーカーであるZackbuks氏も、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが完成度がかなり高く、さらに「カメラ」も大幅に強化されている可能性が高いと予測されていますが、一方で「スペック」が高いのは「Xperia 1」となっており、矛盾を抱えているようにも見えます。

詳細は「「デザイン」は「MWC」で。「新機能」は「IFA」。やはり今年は「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが期待できるかも。」と「結局「2019年」は「Xperia 1」が一番いいのかも。「Xperia 2」はやはり通常の「フラッグシップ」モデルに。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia 2」以降「Xperia」のロゴは廃止になり、さらに下期に登場する次期「Xperia」は通常のフラッグシップモデルになると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia」のロゴは廃止に。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

Future Sony phones no longer print Xperia
Next flagship isn’t called Xperia 2
First half 4K flagship and regular flagships in the second half
Xperia 1 is supported Camera 2 api
New Global Mid-Range(not Xperia Ace) with Snap710
Next 4K flagship Name will be expected “Xperia 1 II”

今回の投稿によると、まず将来の「Xperia」には「Xperia」のロゴが廃止になるとしています。つまり「Sony」のロゴのみになる可能性があると判断することができます。そして次に次期「Xperia」には「Xperia 2」と呼ばれている機種は存在していないとしています。

ただこれは「フラッグシップ」モデルの名称が「Xperia 2」ではないことを示唆しているのか、そもそも「IFA」で「ハイエンドモデル」が発表されないことを示唆しているのか判然としません。現に先日の情報においても今年の後半に「ハイエンドモデル」が発表されない可能性があると予測されています。詳細は「そもそも「Xperia 2」は存在しない?今年発表される「ハイエンドモデル」は「Xperia 1」のみになるかも。」をご参照下さい。

次に「4K」を搭載した「Xperia」は「上半期」において。そして「下半期」においては通常の「フラッグシップ」モデルになる可能性が高いとしています。これは先日までの情報と一致しています。詳細は「「Samsung」の「S」と「Note」のように。「Xperia 1」は「フラッグシップモデル」で「Xperia 2」が「大型フラッグシップ」モデルに。」をご参照下さい。

そして次期「ミドルレンジモデル」は「snapdragon710」を搭載している可能性が高いと予測されています。先日の情報からも、「日本市場」向けの「カスタマイズ」モデルの多くは「snapdragon710」を搭載している可能性が高いと予測されています。ただ実際には執筆時点で「ミドルレンジモデル」を発表したキャリアは存在していないためなんとも言えませんが。ただ「Xperia 10」や「Xperia 10 Plus」が「CPU」においてスペックアップしていないことを考えると妥当だと判断することができます。

そして次期「4K」モデルの名称は「Xperia 1 II」になるとしています。一部情報では「Xperia 1 M2」とカメラの「命名規則」を採用する可能性があるとも予測されています。詳細は「「Xperia 1」の後継機種は「Xperia 1 M2」に?さらに「IFA2019」で発表される次期「Xperia」の名称は「Xperia 2」ではないかも。」をご参照下さい。

もちろん今回の情報にどれだけ信憑性があるのか判然としません。ただ今回の情報全てがフェイクだとも考えにくいです。ただ「Xperia 1」の後継機種の名称が「Xperia 1 II」だったらちょっと嫌ですけどね。とりあえず、その正式名称は判然としませんが、今年の後半に登場する次期「Xperia」に関しては、あまり期待できない可能性が高いと判断することができます。

どうしても「4K OLED HDR」を搭載した「Xperia 1」は先に発表している以上、その後に登場する機種は同等、もしくはそれ以上のスペックを搭載していない限り霞んでしまいます。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG