「Xperia 1」が「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由。それは「DxOMark」で高評価を獲得するため。

一部関係者には「Xperia 1」の「テスト機」が配布されていることが判明していますが、いまだ具体的な「レビュー」記事は公開されていません。これはおそらくですが「SONY」から「レビュー記事」の公開時期は制限されている可能性が高いと判断することができます。一方で「テスト機」によって撮影されたサンプル画像が公開されており、「Xperia XZ premium」を彷彿させるかのように「歪み」や「ノイズ」が発生していることを確認することができます。

詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」をご参照下さい。そして「Xperia XZ premium」で搭載されて「歪み補正」機能が「Xperia 1」にも搭載されていることが判明しており、少なくとも「歪み補正」機能を「オン」にすることで、撮影した画質が低下する可能性が高いと予測されています。詳細は「「歪み」は初期仕様に。「Xperia 1」の「カメラ」には「歪み補正機能」があるけど「画質」が落ちるみたい。」をご参照下さい。

一方で先日「SONY」が公開した「Xperia 1」のサンプル画像においては、「標準レンズ」に関しては、全く問題ないことを確認することができる一方で、「広角レンズ」に関しては、「魚眼レンズ」のような「歪み」が。そして「望遠レンズ」に関しても「歪み」が発生していることが判明しています。詳細は「「望遠」レンズを使わなければ問題なし。「Xperia 1」の「歪み」問題は「Samsung」製「カメラセンサー」が原因かも。」をご参照下さい。

一方で直近で公開された「サンプル画像」においては、「低照度」においては、あまり鮮明とはいえない画質になっていることが判明していますが、「高照度」においては「歪み」を含めて特段問題なく撮影できていることを確認することができます。詳細は「不満なんて本当にない。「Xperia 1」で撮影された超高精細な写真が多数公開された。」と「やはり「低照度」になるとちょっと微妙な感じに。「Xperia 1」で撮影された写真の第2弾が公開に。」をご参照下さい。

さて今回ePriceのコメント欄において、「Xperia 1」に「Samsung」製の「カメラセンサー」を採用した理由は「DxOMark」で高評価を獲得するためだと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「DxOMark」で高評価を。

少なくとも「SONY」は「Xperia 1」や「Xperia 10」に「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用した理由を開示しないと発言していますが、先日の情報からも一つ目の理由としては、「Xperia 1」で「ハイブリット手ぶれ補正」に対応させるため。そして「カメラセンサー」の原価コストを下げるためだと予測されています。詳細は「「Xperia 1」が「 Samsung製」のカメラセンサーを採用したのか。そして「Xperia XZ3」のカメラはまだまだ捨てたもんじゃない。」をご参照下さい。

そして2つ目の理由として、「Xperia 1」には最適な「カメラセンサー」が「SONY製」ではないとしています。つまり「機種」ごとに「最適」な「カメラセンサー」は「SONY製」とは限らず、「Xperia 1」を含めた新型「Xperia」にとって、最適な「カメラセンサー」が「Samsung製」の「カメラセンサー」だったからだとしています。詳細は「」をご参照下さい。

そして今回の投稿は以下のようになります。

自家的鏡頭光圈F1.6
三星鏡頭光圈F2.4
快門等級差很多級
但是光圈較小影像品質較高
SONY多年來一直往大光圈發展
反而缺少了F2.4~F3.2這類光圈等級的產品
所以保留了一顆大光圈以應付人像照需求
其餘的就向三星調貨
我覺得是針對Dxomarks所做出的調整
但是前自拍鏡頭用F2.4而不是F1.6完全沒有考量到消費者需求

さて今回の投稿によると、「SONY製」の「カメラセンサー」は「F1.6」で「Samsung製」の「カメラセンサー」は「F2.4」と口径がかなり異なる。シャッターレベルは異なるが口径が小さくなればなるほど、高画質な写真を撮影することができるとしています。このことからも、「SONY」は長年「口径」が小さい「レンズ」を開発してきており、「F2.4〜F3.2」のような「口径」が大きい「レンズ」の開発にあまり長けてない。

ただ「セルフィー」や「人物」を撮影する時は、「F2.4〜F3.2」のような「口径」が大きい「レンズ」が最適だとしており、「Xperia」の「カメラ」は前から人物の撮影を苦手としています。その上で、今回「Xperia 1」では「F2.4〜F3.2」のような「口径」が大きい「レンズ」に対応させるため「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用しています。

その結果「人物」の撮影などデメリットを無くすことによって、最終的には「DxOMark」において高評価を獲得できる。つまり「DxOMark」での高評価を獲得することを意識した上で「カメラセンサー」を選定している可能性が高いとしています。まあその目的がどうであろうと、ユーザーにとっては、様々なシーンにおいて高画質な「画像」や「動画」が撮影できれば文句はないですよね。

先日の情報からも「Xperia 1」はすでに「DxOMark」においてレビューが開始しているとされており、少なくとも「動画」の評価が低いことからも、トップスコアを獲得することは困難だが、「Xperia XZ3」のようにがっかりするようなスコアになることはないとされています。またスコアに関しては、海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「105」以上になる可能性が高いと予測されており、だとすれば「iPhone XS Max」以上の評価を獲得することになります。

詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。

少なくとも今回の情報が正しければ、まさに「SONY」の狙い通り「Xperia 1」では「DxOMark」においてかなりの高評価を獲得することができると判断することができます。「カメラ」と「ディスプレイ」に特化した「Xperia 1」がどのような評価を獲得するのか非常に気になりますよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG