auが「夏モデル」を正式に発表。「Xperia 1」は「ROM64GB」モデルで本体価格は割高な「11万2000円」に。

  1. Xperia

かなり情報が錯綜していましたが、先日の情報からも「au」「DoCoMo」「SoftBank」が「Xperia 1」を共通して扱う可能性が高く、さらには「au」と「SoftBank」に関しては、「Xperia 10」も追加で扱う可能性があると予測されていましたが、「SoftBank」に関しては、「Xperia 10」を発表することはなく、さらに「Xperia 1」の発売日は「6月中旬」であること。そして「本体カラー」が「3色」であることが判明しています。

詳細は「「DoCoMo」は「Xperia 1」のみを発売に?「au」と「SoftBank」は「Xperia 1」に加えて「Xperia 10」も発売に。」と「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」と「「DoCoMo」も「au」も「Xperia 1」の発売は「6月中旬」以降で共通に。さらに「グレー」以外の「3色展開」に。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも「Xperia 10」や「Xperia 4」が国内で販売される可能性が高いと予測されていましたが、先日の情報からも、「DoCoMo」は「ミドルレンジモデル」である「Xperia Ace」を扱うことが判明しており、さらにそのスペックもリークしており、「小型モデル」かつ「ミドルレンジモデル」としてかなり人気がでる可能性が高いと判断することができます。

詳細は「「日本市場限定」の「Compact」モデル。「Xperia XZ4 Compact」が「Xperia 10 Ace」として登場か。」と「「DoCoMo」の「夏モデル」として登場かも「Xperia 10 Ace」のスペックがリークに。」をご参照下さい。

また先日の情報からも「au」においては「Xperia 1」の「液晶」+「ROM64GB」の「廉価モデル」を扱う可能性が高いと予測されており、逆に考えれば、「Xperia 10」など「ミドルレンジモデル」を扱うのではなく、「Xperia 1」を通常モデルと「廉価モデル」の2種類を扱うことによって、ユーザーによりよい選択肢を提供する可能性が高いとも予測されています。

さて今回「au」が新製品発表会を開催し、「Xperia 1」を含めた「夏モデル」を正式に発表したので簡単にまとめたいと思います。



ちょっと残念に。

さて今回「au」が「Xperia 1」を正式に発表したので簡単にまとめたいと思います。まず冒頭でも記述しましたが、「Xperia 1」に「液晶」モデルが発表される可能性が高いと予測されてきましたが、「Xperia 1」は「グローバルモデル」と同じく「有機ELディスプレイ」を搭載しています。ただ「ROM」に関しては「128GB」ではなく「ROM64GB」であることを確認することができます。

さらに本体カラーに関しては、上記の画像から確認できるように「4色」展開になっていることを確認することができます。「SoftBank」と異なり「グレー」を含めた「4色」展開となっているのはありがたいですよね。デザインに関しては「SoftBank」と異なり「グローバル」デザインではなく、背面の「Xperia」のロゴの下に「SOV40」の記載を確認することができます。

「DoCoMo」と違って「au」に関しては「キャリアロゴ」がどんどん目立たなくなってきていますが、それでも「キャリアロゴ」の廃止までには至りませんでしたね。また「発売日」に関しては、「SoftBank」と同じく「6月中旬」以降となっており、「本体価格」に関しては以下のようになります。

毎月 本体価格 実質負担金
2730円 11万2320円 6万5520円

少なくとも「ROM64GB」モデルであることを考えると、その本体価格はそこまで安くないと判断することができます。先日の情報では、「アメリカ」の情報になりますが「ROM64GB」と「ROM128GB」の価格差は「1万5000円」程度あると予測されていたので、「10万円」以下にして欲しかったことです。詳細は「その価格差は約「1万5000円」に。「Xperia 1」の「キャリアモデル」の本体価格は「9万5000円」程度かも。」をご参照下さい。

また「Xperia 1」の予約キャンペーンを行なっており以下のようになります。

期間中「Xperia 1 SOV40」をご予約の上、ご購入と同時に対象プランにご加入でau WALLET 残高へ5,000円(不課税)キャッシュバック(チャージ)します。

予約期間:「Xperia 1 SOV40」発売日前日(2019年6月中旬以降予定)まで

購入期間:「Xperia 1 SOV40」発売日(2019年6月中旬以降予定)~ 2019年7月31日(水)

とりあえず「予約」をした上で、「7月31日」までに「対象プラン」への加入によって「Xperia 1」を実質「5000円」の割引で購入することが可能ということになります。先日の情報と異なり「au」に関しても「Xperia 10」の発表はなく、「Xperia 1」の「ROM64GB」モデルのみとちょっと残念な感じになっています。またこの本体価格になると「SIMフリー」モデルを購入したほうがコスパがいいと判断することができます。

あとは「DoCoMo」のみとなりました。「Xperia 1」に加え「Xperia Ace」も発表される可能性が高いと予測されている中、それ以外のサプライズもちょっと期待したいところですよね。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事