• HOME
  • ブログ
  • iPhone
  • いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。

いよいよ「デザイン」が最終確定に。「iPhone XR2」の「レンダリング」画像と「スペック」が公開に。

iPhone

「6月1日」より「DoCoMo」が分離プランを導入することによって、大手キャリアは完全に「分離プラン」へと移行する形になりますが、その影響をもろに受けるのはやはり「iPhone」だと判断することができます。ひと昔では、「Android」と「iPhone」では完成度に大きな違いもありましたが、何より「iPhone」がここまでシェアを獲得するようになったのは、「SoftBank」が始めた実質「0円」によるものです。

つまり「安かった」からだと言えます。詳細は「「月々サポート」の終了で最も影響が出る。なので今のうちに「iPhone XS」や「iPhone XS Max」を購入しよう。」をご参照下さい。今でも圧倒的なシェアを獲得していることに変わりはありませんが、少なくとも世代を重ねるごとにどんどん本体価格が高騰し、ユーザー離れが深刻な状態となっており、昨年の「iPhone XR」が発売僅か「1ヶ月」で大幅な値引きになるなど、いかに「iPhone」が高いということを証明した形にもなっています。

一方で、今年の後半には「iPhone XI」「iPhone XI Max」そして「iPhone XR2」が正式に発表される可能性が高いと予測されている中、先日の情報からも、「iPhone XI」と「iPhone XI Max」は容量構成に応じて、「トリプルレンズカメラ」を搭載する可能性が高いこと。そして「1200万画素」から「1400万画素」に強化される可能性が高いこと。

また「iPhone XI」に関しては「6.1インチ」に大型化し、さらに「iPhone XI Max」含めて、より「大型バッテリー」を搭載すると予測されていることからも、「iPhone X」シリーズ以降は正直微妙だった「電池持ち」も大幅に改善される可能性が高いと予測されています。詳細は「「電池持ち」がいい「iPhone」が復活に?「iPhone XI Max」は「4000mAh」の大型バッテリーを搭載に?」と「デザインの変化は乏しい。「iPhone XI」のスペックをまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるOn Leak氏が、今年の後半に発表される可能性が高い「iPhone XR2」の超精細なレンダリング画像を公開していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「iPhone XR2」

先日には「iPhone XI」の最終確定としたCADを基に作成されたレンダリング画像が公開されてばかりで、「iPhone XI」そして「iPhone XI Max」と、「スクエア型」の「トリプルレンズカメラ」が最大の特徴であることが判明しています。詳細は「これ以上「iPhone」のデザインの進化は期待できないのか。有名リーカーが「iPhone XI」の確定的レンダリング画像を公開に。」をご参照下さい。

そして今回同氏によって公開された「iPhone XR」の後継機種である「iPhone XR2」のレンダリング画像が上記の画像になります。少なくとも「ノッチ」が縮小していることもなければ、「ベゼル」が縮小されていることもなさそうですよね。ぱっと見の印象では、「背面」の「デュアルレンズカメラ」以外は大きなデザインの変更が内容に見えます。ただ「カメラ」のデザインに関しては、「iPhone XI」と共通のデザインを採用しているのがちょっとかっこいいですよね。

側面を確認する限り大きな変更はなく「左側」に「マナーボタン」と「音量ボタン」そして「右側」に「電源ボタン」となっており、本体下部には「ステレオスピーカー」と「lightening」を確認することができます。

先日の情報では、「iPhone XI」シリーズの「トリプルレンズカメラ」は、その存在感が少しでも目立たくなるように、「カメラ」自体が「iPhone 7」シリーズの時のように「バンプ」している可能性が高いと予測されていますが、今回のレンダリング画像ではそこまで詳細を確認することができません。ただ同じ配慮がしている可能性は十分にありえると判断することができます。

ちなみに今回「iPhone XR2」のスペックが一部リークしているので「iPhone XR」と比較してまとめると以下のようになります。

iPhone XRiPhone XR2
ディスプレイ液晶
ディスプレイサイズ6.1インチ
表示解像度1792×828
OSiOS13
SoCA12 BionicA13 Bionic
本体サイズ150.9 x 75.7 x 8.3 mm150.9x76x8.3mm
メインカメラ1200万画素1200万画素+1200万画素
インカメラ700万画素1200万画素
バッテリー2942mAh

少なくとも大幅なアップグレードモデルではなく、やはり「スペック」を確認する限りでは「マイナーアップデートモデル」になると判断することができます。「本体サイズ」に関しては、「横幅」のみが「iPhone XR2」のほうが長いです。また「カメラ」のバンプ部分があるので、最も分厚い部分で「9.1mm」になる可能性が高いと予測しています。

「カメラ」に関しては、その詳細はまだ判然としないとされていますが、一部情報によると、販売不調だった「iPhone XS」シリーズに搭載されている「デュアルレンズカメラ」をそのまま使い回しにする可能性があると予測されています。なので「カメラ」に関しては「iPhone XS」シリーズと同等になると判断することができます。そして「インカメラ」に関しては「1200万画素」になる可能性があると予測されていますが、やはりその詳細は判然としません。

また「バッテリー」に関しては「容量」は変更されないとしていますが、充電速度に関しては「18W」に対応する可能性が高いと予測されているので、幾分か高速化すると判断することができます。

少なくとも「iPhone XR」を見ている限り安くないと売れないと判断することができ、「デザイン」の変更や「スペック」の強化などももちろん重要ですが、一番重要なのは「本体価格」だと判断することができます。少なくとも「iPhone」に対して、「アメリカ」国内のユーザーは徐々に見切りをつけており、さらに「日本市場」が「分離プラン」に移行することからも、「Apple」は「iPhone XI」シリーズを含めて、「アメリカ」や「日本市場」の動向を見ながら決定する可能性があるとされています。

少なくとも「iPhone XS」や「iPhone XS Max」と同等もしくは、それ以上の価格設定になった場合、「iPhone XI」シリーズや「iPhone XR2」の売上はさらに深刻になると判断することができます。正式発表まであと4ヶ月くらいです。それそろ実機画像もリークしてきそうですよね。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事一覧