「DoCoMo」も「au」も「Xperia 1」の発売は「6月中旬」以降で共通に。さらに「グレー」以外の「3色展開」に。

かなり情報が錯綜していましたが、先日の情報からも「香港」においては、「5月26日」より「発売」を開始する可能性が高いと予測されている一方で、「中国」に関しては「5月20日」にイベントを開催し、「5月21日」より「予約」を開始し、「6月1日」より「発売を開始」に。そして「ヨーロッパ」においては「5月15日」に「予約」を開始し、「6月2日」より「発売」を開始する可能性が高いことが判明しています。

詳細は「見事「10万円」以内の破格の価格設定に。「Xperia 1」は「5月26日」より「香港」で「9万9000円」で発売開始に。」と「日本はやはり出遅れ気味?ヨーロッパで「Xperia 1」は「5月15日」より予約開始で「6月2日」に発売を開始に。」をご参照下さい。

一方で当初は「5月下旬」に「日本国内」で発売される可能性が高いと予測されていた「Xperia 1」ですが、先日の情報からも「DoCoMo」の新料金プランへの移行に伴い「6月」にずれこむ可能性が高いと予測されている中、さらに先行発売地域である「アジア」が「6月」上旬で発売を開始すること。そして「国内」での「発売」が金曜日である可能性が高いことからも、「6月7日」になる可能性が高いと予測することができます。

詳細は「悲報。「DoCoMo」版「Xperia 1」は新料金プランとの兼ね合いで発売は「6月」に。」と「やはり?「DoCoMo」の「Xperia 1」は「6月7日」に発売を開始になるかも。」をご参照下さい。

一方で例年通りに「SoftBank」が3キャリアの中で一番早くイベントを開催し、「Xperia 1」と「Xperia 10」を扱う可能性があると予測されていましたが、実際には「Xperia 1」のみを正式に発表し、事前情報通り「ROM64GB」であることが判明しました。また「本体カラー」が「グレー」以外の「3色」であること。そして「発売時期」が「6月中旬」以降であることもアナウンスしています。

詳細は「「DoCoMo」は「Xperia 1」のみを発売に?「au」と「SoftBank」は「Xperia 1」に加えて「Xperia 10」も発売に。」と「「SoftBank」が「Xperia 1」を正式発表。「キャリアモデル」と「SIMフリー」モデルの違いをまとめてみた。」をご参照下さい。

さて今回Sonyモバイルのホームページから、「Xperia 1」の「発売時期」と「展開カラー」は「DoCoMo」と「au」も「SoftBank」と共通になる可能性が出てきたので簡単にまとめたいと思います。



「3キャリア」共通に。

さて上記の画像は「Xperia 1」の「純正ケース」である「Style Cover Touch」の製品画像になります。少なくとも上記の画像では「ホワイト」「パープル」「ブラック」の「3色」を確認することができます。一方で先日の情報からも、「SIMフリーモデル」においては「グレー」も存在していることが判明しています。詳細は「本体価格は「11万円」程度に決定したみたい。さらに「Xperia 1」の純正ケースはめっちゃかっこいい。」をご参照下さい。

単純に「au」と「DoCoMo」が「グレー」を含めて「4色」扱うが、まだ正式に発表してないことからも、単純に「Sony」が配慮して「ホームページ」で公開していないだけなのかもしれませんが、少なくとも執筆時点では、上記の3色のみしか確認することができません。可能性の話として、「DoCoMo「au」含めて「Xperia 1」は「グレー」以外の「3色」展開になる可能性があると考えることも十分にできます。

ちなみに「執筆時点」で「ケース」は購入することが可能となっており、「本体価格」が「5680円」となっており、ここに「消費税」が加算される形になります。そしてまた気になるのは、この「ケース」の発売時期です。発売時期は「SoftBank」の「Xperia 1」と同様に「6月中旬以降」の発売予定になるとしています。

単純に考えれば、「au」と「SoftBank」そして「DoCoMo」と「Xperia 1」の発売時期がバラバラだとすれば、最も早い「発売時期」に合わせて「専用ケース」も発売を開始すると判断することができます。ただ「6月中旬」以降の発売となっていることを考えると、「3キャリア」が共通して「6月中旬」以降の発売になると考えることもできます。

あくまでも「専用ケース」から判断しているに過ぎないため、実際と異なる可能性も十分に考えられますが、「Xperia 1」は「3キャリア」共通で「3色」展開で、その「発売時期」が「6月中旬」以降になると考えることができます。今更言っても仕方ないですが「MWC2019」で発表した機種としては、その発売時期は遅過ぎます。「Galaxy S10」シリーズと比較すると約「4ヶ月」の差があります。

先日までの情報においても、「SIMフリー」モデルの「5月下旬」でも発売が遅いと考えていましたが、「キャリアモデル」は比較にならないほどさらに遅いですよね。国内で発売される可能性が高いのは「金曜日」であることからも「6月14日」もしくは「6月21日」あたりが妥当だと判断することができます。

「au」に関しては、昨年を例に考えれば「5月14日」そして「DoCoMo」に関しては「5月16日」であることが判明しています。詳細は「やはり「Xperia」1機種のみか。「DoCoMo」は「5月16日」に「Xperia 1」を含めた「8機種」の「夏モデル」を発表に。」をご参照下さい。ちなみに「SoftBank」に関しては、「2018年」と同じく「5月10日」に新製品を発表しています。

「6月中旬」には「Xperia 1」が「発売」され、その「2ヶ月後」にはすぐに「Xperia 2」が正式発表されると考えると、またなんとも言えないタイミングですよね。少なくとも「Xperia 2」のほうが完成度が高いと予測されている中、「Xperia 1」の購入を躊躇いそうなユーザーも一定数いそうですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG