そこまで「心配」する必要はない?「Xperia 1」の「カメラ」の「歪み」補正機能はかなり優秀。

すでに一部関係者には「Xperia 1」の「テスト機」が配布されていることが判明していますが、いまだ具体的な「レビュー」記事は公開されていません。これはおそらくですが「SONY」から「レビュー記事」の公開時期は制限されている可能性が高いと判断することができます。一方で「テスト機」によって撮影されたサンプル画像が公開されており、「Xperia XZ premium」を彷彿させるかのように「歪み」や「ノイズ」が発生していることを確認することができます。

詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」をご参照下さい。そして「Xperia XZ premium」で搭載されて「歪み補正」機能が「Xperia 1」にも搭載されていることが判明しており、少なくとも「歪み補正」機能を「オン」にすることで、撮影した画質が低下する可能性が高いと予測されています。詳細は「「歪み」は初期仕様に。「Xperia 1」の「カメラ」には「歪み補正機能」があるけど「画質」が落ちるみたい。」をご参照下さい。

一方で先日「SONY」が公開した「Xperia 1」のサンプル画像においては、「標準レンズ」に関しては、全く問題ないことを確認することができる一方で、「広角レンズ」に関しては、「魚眼レンズ」のような「歪み」が。そして「望遠レンズ」に関しても「歪み」が発生していることが判明しています。詳細は「「望遠」レンズを使わなければ問題なし。「Xperia 1」の「歪み」問題は「Samsung」製「カメラセンサー」が原因かも。」をご参照下さい。

一方で直近で公開された「サンプル画像」においては、「低照度」においては、あまり鮮明とはいえない画質になっていることが判明していますが、「高照度」においては「歪み」を含めて特段問題なく撮影できていることを確認することができます。詳細は「不満なんて本当にない。「Xperia 1」で撮影された超高精細な写真が多数公開された。」と「やはり「低照度」になるとちょっと微妙な感じに。「Xperia 1」で撮影された写真の第2弾が公開に。」をご参照下さい。

さて今回有名なリーカーであるZackbuks氏が、「Xperia 1」の「歪み補正機能」の「オン」と「オフ」の状態を比較した画像を中国の大手SNSサイトであるweiboに投稿していることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「歪み補正機能」の効果。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

索尼 Xperia 1 16mm 130° 超广角智能矫正功能测试
图一:未开智能矫正
图二:开启智能矫正

さて今回に投稿によると、「2枚」の画像を添付しており、どちらも「広角レンズ」で撮影した画像となっており、まず上記の画像は「歪み補正機能」が「オフ」で撮影した画像になります。全体的に「魚眼レンズ」のように、中心に向かって「歪み」が発生していることを確認することができます。特に手前の「ビル」がひどく歪みが発生していることを確認することができます。

ただ海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて「歪み」に関して以下のように投稿されています。

All wide lenses have distortion.
It is up to the software to minimize them as much as possible.
Of course 0% distortion is impossible.

1 has the option to “fix” distortion like previous motion eye phones.
I saw a sample of the 16mm with correction on and off.
The typical photo of a laptop, few inches away only.
Photo look very very flat when correction is on.

簡単に言えば、「Xperia XZ premium」などが搭載している「Motion Eye」の時にも「歪み補正」が搭載されているが、「広角レンズ」においては「歪み」が発生するのは、当たり前。そして「歪み」を完全に改善することは無理とした上で、「カメラソフト」でいかに「歪み」を調整するかが重要になってくるとしています。つまり「歪み」はつきものだと判断することができます。

その上で、「歪み補正機能」を「オン」にした画像が以下のようになります。

冒頭でも記述しましたが、「歪み補正機能」を「オン」にすることで「画質」は低下するとされていますが、もともとの「画質」があまり良くないため、どれだ「画質」が低下しているかまでは判然としない状況にあります。ただ「歪み」に関しては、ほぼ改善されていることを確認することができます。これだけ「改善」されていれば個人的には十分です。ただ冒頭でも記述しましたが「望遠レンズ」に関して「歪み補正機能」を「オン」にすることでどれだけ改善しているのか非常に気になるところです。

一部情報では「カメラソフト」の開発が遅れていることからも、「香港」や「台湾」での発売に影響が出る可能性があると予測されている中、カメラの評価サイトで有名な「DxOMark」がすでに「レビュー」を開始しており、「動画」の評価が低いことからも、トップスコアを獲得することは難しいが、かなりの評価を獲得する可能性が高いと予測されており、「発売」と同時に発表される可能性があるとされています。

詳細は「「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。」と「「iPhone XS Max」以上「Galaxy S10+」以下の評価を獲得する可能性も。「Xperia 1」の「DxOMark」のスコアは「105」以上かも。」をご参照下さい。少なくとも「DxOMark」で高評価を獲得できるのであれば、「歪み」や「ノイズ」の問題がほぼ改善されていると判断することができます。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>Gazyekichi VLOG(YouTube)

Gazyekichi VLOG(YouTube)

Galaxy/Xperia/Huawei/PixelなどAndroid機種を中心に、ブログで伝えられない機種の魅力をYouTubeを通して伝えていきたいと思います。 2020年開始予定。ぜひチャンネル登録よろしくお願い致します。

CTR IMG