「Xperia 1」は「premium」モデル扱いではない可能性も。「Xperia 2」がやはり今年の本命に。

「Xperia 1」が正式発表される前。つまりまだ「Xperia XZ4」が発売される可能性があると予測されていた時期の情報として、有名なリーカーであるZackbuks氏は、今年は例年と異なり、「premium」モデルが先行で発売になり、「IFA2019」で発表される次期「Xperia」は通常の「フラッグシップモデル」になる可能性が高いと予測しています。

しかしながら「SONY」の関係者の話になると、「ハイエンドモデル」を乱発することはなく、「MWC2019」で発表した機種に対して、「IFA2019」で発表する機種はアップグレードモデルになる可能性が高いと発言していることからも、同氏の発言と矛盾を抱えており、少なくとも信憑性で考えれば「SONY」の関係者の発言のほうが信頼できると判断することができます。詳細は「SONYからの過去最高の裏切り。MWC2019は「Xperia XZ4」の1モデルのみを発表へ。」をご参照下さい。

一方で、今年の後半に登場が予測されている「Xperia 2」ですが、一部スペックがリークしており、「ディスプレイサイズ」は判然としないながらも、少なくとも「トリプルレンズカメラ」を搭載し、さらに「RAM6GB/ROM128GB」に対応するなど、「Xperia 1」と共通するスペックが多くなると予測されています。

詳細は「今年最後の「snapdragon855」搭載モデル。「Xperia 2」の詳細なスペックがリークに。」と「「Compact」モデルを展開するのも納得かも。次期「Xperia 2」は「7.0インチ」に「5G」に対応かも。」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「Xperia 1」より「Xperia 2」のほうが完成度が高くなると予測されており、何より「部門編成後」の最初の機種になると予測されており、何より「カメラ」が大幅に強化されている可能性が高いと予測されています。詳細は「「カメラ」を重要視するなら。「Xperia 1」より「IFA2019」で発表される「Xperia 2」を待つべし。」と「「2019年」は新型「Xperia」が「7モデル」に。「Xperia 2」はカメラの進化が大きな特徴になるかも。」をご参照下さい。

さて今回海外の投稿フォーラムであるESATOにおいて、「Xperia XZ2 premium」の後継機種が「Xperia 1」ではない。つまり「Xperia 1」は「premium」モデルの扱いではない可能性があると投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「Xperia 2」に期待するべき。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

As long as it comes before IFA.
Last year they delayed phone because cam was not ready.
Phone shipped without two modes.
Now delayed again.

If XZ4 was cancelled , then they made 1.
Is there any chance that XZ2P successor is IFA phone and not 1?
Having 4K does not mean it is the main phone.
Nothing keeps them from only having 4K flagships from now.

今回の投稿によると、まず「カメラ」のことに言及しており、「Xperia XZ2 premium」に関しても「モノクロ」と「ボケ」そして「カメラソフト」が原因で発売が遅れたが、「Xperia 1」に関しても「カメラソフト」が原因で発売が遅れる可能性があるとしています。その上で、「Xperia XZ2 premium」の後継機種は「IFA」で発表される「Xperia 2」ではなく「Xperia 1」である可能性があるのかと疑問を投げかけています。

少なくとも「4K」ディスプレイを搭載していることが「premium」モデルの立ち位置になるとは言えないとしています。確かにそう言われるとそうですよね。先日の情報からも、「Xperia 1」を含めて今後発売される「Xperia」の全て(Compactモデル以外)は「4K」の「表示解像度」に対応する可能性が高いと予測されており、直近の情報において「Xperia 2」が「4K OLED」を搭載する可能性があると予測されています。

詳細は「「Xperia 2」以降の次期「Xperia」はすべてが「4K」に。さらに「Xperia 1」は「au」から発売されないかも。」と「「Xperia 2」は「4K」に進化した「カメラ」を搭載に?さらに「snapdragon675」を搭載した「Xperia 10 Pro」も登場かも。」をご参照下さい。

少なくとも今年の後半に登場する次期「Xperia」は「Xperia 1」の後継機種ではないと考えることができ、「Xperia 2」は「Xperia 1」と別のシリーズになる可能性が高いと予測されていることからも、同じく「4K」を搭載するとどうやって「シリーズ」で区別するのか難しくなりそうですけど、冒頭でも記述したように、SONYの関係者の発言が正しければ、「Xperia 1」をさらにアップグレードさせたモデルが「Xperia 2」になると考えることができます。

従来の「premium」モデルの特徴の一つでもある「クロム」などの「鏡面仕上げ」が「Xperia 1」には採用されていません。仮に「Xperia 1」が「premium」モデルとして、従来の「premium」モデルと同じ「本体カラー」を採用しなくなっただけとも考えることができますが、「premium」モデルのある意味分かりやすい特徴であったことに違いはありません。

今回の投稿にあるように、「Xperia 2」が「Xperia XZ2 premium」の後継機種として登場し、だからこそ先日の情報からも「Xperia 1」より完成度が高いと予測されているのかもしれませんね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!