「カメラ」の「Xperia」が復活に。「Xperia 1」の「カメラ」はDxOMarkでかなりの高評価を獲得するかも。

  1. Xperia

先日の情報からも、従来の「Xperia」と異なり、今年発表された新型「Xperia」は「Samsung製」の「カメラセンサー」を多数利用していることが判明しており、「Xperia 1」「Xperia 10」「Xperia L3」に関しては、「3つ」そして「Xperia 10 Plus」に関しては「2つ」採用していることが判明しています。つまり「Xperia 10」と「Xperia L3」に関しては、「インカメラ」含めて「SONY製」の「カメラセンサー」を全く使用していないと判断することができます。詳細は「皮肉なのかな。「Xperia 1」も「Xperia 10 Plus」も「Samsung製」のカメラセンサーを採用して画質が大幅に向上に。」をご参照下さい。

また一部情報においては、「Xperia 1」などに「Samsung製」の「カメラセンサー」を採用したのはあくまでも「一時的」である可能性が高いと予測されており、さらに「Samsung」製」の「カメラセンサー」を採用した大きな理由として、一つは「原価コストカット」そしてもう一つは「ハイブリット光学式手ぶれ補正」に対応させるためだったとされています。

詳細は「「Xperia 1」が「 Samsung製」のカメラセンサーを採用したのか。そして「Xperia XZ3」のカメラはまだまだ捨てたもんじゃない。」と「「下位」モデルだけじゃない。「Xperia 1」には「SONY製」の「カメラ」を全てに搭載した「上位」モデルが存在かも」をご参照下さい。

一方で先日の情報からも、「テスト機」であることが原因の可能性も十分に考えられますが、「Xperia 1」の「カメラ」には、従来と同じく「ノイズ」や「歪み」がひどく発生していることが確認されており、さらにこの「歪み」や「ノイズ」に関しては、もちろん「ソフト」の問題もありますが、「Samsung製」の「カメラセンサー」である「望遠」と「広角」で発生していることが確認されています。

詳細は「「Xperia XZ premium」以来の悪夢が再び。「Xperia 1」の「カメラ」は「画質」最悪で「歪み」も発生かも。」と「「望遠」レンズを使わなければ問題なし。「Xperia 1」の「歪み」問題は「Samsung」製「カメラセンサー」が原因かも。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「カメラ」の評価サイトである「DxOMark」が「Xperia 1」にかなりの高評価をつける可能性が高いと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



「カメラ」の「Xperia」が復活に?

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

I just talked someone who works at the very famous camera review site which name starts with “D” and ends with “K”. They are working on review of Xperia 1, should be coming with release of device. You won’t be disappointed with the result although it won’t be the top score due to relatively weak video score.

今回の投稿によると、「D」で始まり「K」で終わるかなり有名なカメラのレビューサイトで働く人物の話として、「Xperia 1」の「カメラ」は現在評価中だとしています。さらに「Xperia 1」の発売に合わせて、レビューも同時に発表されるとしています。ただ「動画」の評価が低いため、トータル評価でトップスコアとはいかないが、がっかりしない評価になる可能性が高いとしています。

まず前提として、「D」から始まり「K」で終わる有名なカメラの評価サイトと言えば、「DxOMark」であると判断することができます。つまり「DxOMark」によって、現在評価中ということになります。ちなみに同サイトにおける執筆時点でのトップスコアは「Galaxy S10 5G」と「Huawei P30 Pro」が記録している「112」です。なので今回の情報が正しければ、この「トップスコア」には及ばないとしています。

ただその次に「Huawei P20 Pro」「Huawei Mate20 Pro」そして「Galaxy S10+」が「109」でランクインしていますが、このあたりに「Xperia 1」が割り込んでくれればかなり最高ですよね。それこそ「カメラ」の「Xperia」が復活したと判断することができます。

先日の情報では、一部関係者には「Xperia 1」の「テスト機」が渡されている可能性が高いとされていましたが、少なくとも「同サイト」がレビューを行なっていることを考えると、「ソフト」含めた「完成形」を渡していると判断することができます。正直同サイトがどのような基準で「評価」する機種を選択しているのか判然としませんが、「Xperia」が評価の対象になることは今までほとんどありませんでした。

直近で言えば、「Xperia XZ premium」と「Xperia XZ3」くらいで、特に「Xperia XZ3」に関しては散々な結果になっていることが判明しています。詳細は「「Xperia」が売れない理由が判明?「Xperia XZ3」の「カメラ」の評価は4年前の「iPhone 6」と同等の評価に。」をご参照下さい。今回の投稿にあるように「がっかり」とはどの程度を指すのか判然としませんが、「Xperia XZ3」と同じような結果になることはないと判断することができます。それこそ「Xperia XZ3」のスコアに関しては、がっかりというレベルではないので。

話がちょっと戻りますが、同サイトによる「カメラ」のレビューは「メーカー」側から依頼している可能性も十分にありえます。現に「Huawei P30 Pro」は「発売後」どころではなく、「正式発表」の時点で「スコア」が表示されていたくらいなので。だとすれば、「SONY」も「Xperia 1」の「カメラ」にかなり自信があり、お願いしたとも考えることができます。ただだとすると、今までの「Xperia」に関しては、あまり自信がなかったとも判断することができますが。

SONYが「Xperia X」シリーズへの移行に伴い、市場ニーズを読み間違えたことからも、「Xperia Z」シリーズでは存在感があった「カメラ」ですが、「Xperia XZ3」までその「カメラ」は決して評価が高いということはありませんでした。だからこそ新シリーズである「Xperia 1」では、「カメラ」に関する考え方も一から考えなおしたのかもしれませんね。同サイトにおける評価は、あくまでも参考にしかなりませんが、それでも高評価を獲得することができれば、かなり宣伝にもなります。「Xperia 1」がどのような評価を獲得するのか非常に楽しみです。続報に期待しましょう。

 



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

関連記事