SONYの本気。「Xperia 1」の「4K OLED」は通常の「ディスプレイ」の「4倍〜6倍」のコストがかかっているみたい。

だいぶ前からの情報として、「Xperia 1」に搭載される「4K OLED HDR」のサプライヤーは「Samsung」になる可能性が高いと予測されており、さらに「Samsung」の問題からも、早くて今年の「7月」以降にならないと予測されていたので、次期「premium」の発売は「IFA」で発表される可能性が高いと予測されていましたが、実際には「MWC2019」で世界初の「4K OLED HDR」に対応した機種として「Xperia 1」が正式に発表されました。

ただその製造が影響しているのか判然としませんが、少なくとも先日までの情報において「Xperia 1」は「5月20日」のイベントで正式に発表され「6月1日」に発売を開始する可能性が高いこと。そしてすでにイベントが開催されている「台湾」や「香港」においては、「5月26日」に発売を開始する可能性が高いと予測されています。詳細は「見事「10万円」以内の破格の価格設定に。「Xperia 1」は「5月26日」より「香港」で「9万9000円」で発売開始に。」と「いよいよカウントダウンが開始。「Xperia 1」の予約開始日は「5月21日」に確定。」をご参照下さい。

一方で「Xperia 1」の最大の特徴とも言える「カメラ」と「ディスプレイ」ですが、どちらも「Samsung」製を採用していることが判明しており、先日までは、あくまでも「テスト機」の話になりますが、「歪み」や「ノイズ」がかなり発生していることが確認されていましたが、直近で公開された画像を確認する限り、「広角」「望遠」においても「歪み」や「ノイズ」が発生していないことを確認することができ、想像以上に完成度が高いと判断することができます。

詳細は「「望遠」レンズを使わなければ問題なし。「Xperia 1」の「歪み」問題は「Samsung」製「カメラセンサー」が原因かも。」と「不満なんて本当にない。「Xperia 1」で撮影された超高精細な写真が多数公開された。」をご参照下さい。

さて今回中国の大手SNSサイトであるweiboにおいて、「Xperia 1」に採用されている「4K OLED」は通常「ディスプレイ」よりかなりコストがかかっていることが判明したと投稿されていることが判明したので簡単にまとめたいと思います。



かなり「コスト」が高め。

さて今回投稿されていた内容は以下のようになります。

是的,今年新品我们会用上一个全新的屏幕!我们投入了近两亿人民币的研发费就为了定制一个专属于索尼的、独一无二的显示屏。业内人士都知道屏幕是手机成本最高的器件之一,而Xperia 1的屏幕成本是普通旗舰机采用的屏幕成本的4~6倍。这需要极大的勇气和决心。但上周我也讲过,屏幕是用户每天接触最多、感受最直接的人机界面,一个好的屏幕对打造最好的用户体验至关重要。我相信当你用过我们即将发布的新品之后,再也没法回头。不要说你对屏幕没有要求,那是因为你没见过更好的屏幕

研究開発費がかなり削減されているとされている「モバイル部門」ですが、少なくとも今回の投稿によると、「Xperia 1」の「ディスプレイ」の開発費として「200億元」以上のコストがかかっていることが判明したとしています。通常の「フラッグシップ」モデルの「ディスプレイ」を開発するよりも「4倍〜6倍」のコストがかかっており、もともと「スマートフォン」の原価コストの中でも「ディスプレイ」が最も高いのに対して、「Xperia 1」は一際「原価コスト」が高いと判断することができます。

少なくとも「スマートフォン」の中で、もっともユーザーが触れるのは「ディスプレイ」であり、「Xperia 1」では「ユーザー」に最高の体験を提供するために多くの開発費を投入した可能性が高いとしています。まだ実際に「Xperia 1」の「ディスプレイ」を体感していませんが、かなり期待できると判断することができます。

ただ一部情報では、「Xperia 1」常に「4K」の「表示解像度」で表示される可能性が高いとの予測もあれば、「写真」や「動画」など特定のアプリでのみ「4K」で表示されることからも、従来の「premium」モデルと、「電池持ち」に関してはそこまで大きく変わることはないと予測されています。詳細は「電池持ちは過去最低かもしれないが。歴代「premium」モデルと異なり、「Xperia 1」は常に「4K」表示の可能性。」と「「進化」なのか?「退化」なのか?結局「Xperia 1」は常に「4K」の「表示解像度」に対応していないかも。」をご参照下さい。

ただ直近の情報では、「ゲーム」に関しては、「2K/120Hz」で表示される可能性が高いことが判明していることからも、その「アプリ」に応じて「4K/2K/FHD」と「表示解像度」と「フレームレート」を変更している可能性が高いとの予測もあり、さらに「ゲーム」に関しては、「電池持ち」を優先させるモードと、快適性を優先するモードの2種類が存在しているとされています。詳細は「結局基本は「4K」での表示に?「Xperia 1」はアプリによっては「2K」や「FHD」に変化するみたい。」をご参照下さい。

ただ以下のような意見もあります。

最近看到一些国内厂商在新手机上使用2K分辨率屏,感觉有点荒唐。6英寸及以下尺寸的屏,普通人眼睛几乎无法区分出FHD与2K,2K屏听起来分辨率高,却白白增加手机功耗,影响手机电池续航能力,这恐怕不是真正用户体验导向吧?!甚至对于5英寸以下尺寸,FHD与HD分辨率,普通人眼看也没有很明显差异。

少なくとも「6インチ」程度の「ディスプレイサイズ」においては、「2K」と「FHD」の「表示解像度」を区別するのは難しいとしており、むしろ区別が難しいのに「表示解像度」をあげることによって、「電池持ち」が悪くなり、さらに「バッテリー」にもかなり負担がかかるとしています。確かに「有機ELディスプレイ」と「液晶」では大きな差がありますが、「表示解像度」で見ると、そこまで違いは明確にはわかりませんよね。

「Xperia XZ3」で初めて搭載された「有機ELディスプレイ」ですが、特に「黒」の表現力が他の「有機ELディスプレイ」と比較してかなり鮮やかであることが判明しています。「Xperia 1」に関しては、この「黒」がさらに進化しているとされています。少なくとも「4K OLED」はオーバースペックだという意見もわかります。でも「オーバースペック」を搭載するからこそ「Xperia」らしく尖っていて面白いですよね。続報に期待しましょう。

 



最新情報をチェックしよう!
>iPhone lEaker

iPhone lEaker

Galaxy S/Galaxy NoteやiPhone/iPadのリーク情報やレビュー記事をまとめたサイトになります。SamsungやAppleの最新情報はこちらから!

CTR IMG